テーマ:日本二百名山

晩秋の北ア 燕岳・北燕岳 2014/10/25-26 #4

晩秋の燕岳 2日目の朝。前夜の星景写真の大半と日の出のα7R写真は何とメモリーエラーでボツ。写真はカミさんの手持ち撮影によるもの。 α6000 + E PZ16-50 47mm f10 1/100 表銀座と槍穂高にも朝日が射し込む。モルゲンロートの景色を撮った写真も全てボツ。 α6000 + E PZ16-50 50mm f1…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

晩秋の北ア 燕岳・北燕岳 2014/10/25-26 #3

燕岳、北燕岳から戻ってきて日暮れまでゆったりと言っても、11月も近づくと日の入りはとても早い。夕陽を逃さないように陽が傾き始めてからずっと稜線で粘ったので、日没後にテントにもどった時には暫く震えが止まらず、参りました。という訳で、燕山荘からの夕焼けショーです。 α7R + Canon EF16-35 F2.8L 24mm f9.0 …
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

晩秋の北ア 燕岳・北燕岳 2014/10/25-26 #2

燕岳には何度も足を運んでいますが、北燕まで足を伸ばすのは初めて。燕岳山頂から、北燕岳の岩峰と、背後に立山・剣。この撮影行時には、望遠を持っておらず、24-70mをα6000に装着して撮影。もう少し長いレンズで北燕と背後の山々を圧縮効果で狙いたかった。。 α6000 FE24-70 44mm f8.0 北燕岳。山頂付近のブッシ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

晩秋の北ア 燕岳・北燕岳 2014/10/25-26 #1

10月は月半ばにドイツ出張があり、山行はこのテント泊燕岳のみとなってしまいました。一ヶ月以上間が空くと山路を登る足が重く苦労しまが、なんとか歩けて稜線上にテントが張れ、撮影対象が豊富、となると知っている範囲では選択肢は限られ、今回は久しぶりということもあり確実性重視で燕岳を選択しました。 中房温泉のメイン駐車場は工事中ということも…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

荘厳な雪の北アルプス 燕岳 2013/11/16-17 二日目

初日の土曜日はテント道具とカメラ、三脚、レンズ三本担いで脚はボロボロでやっと燕山荘まで到達。合戦小屋辺りにテント張ろうかと一瞬思ったものの、日の出時刻の写真を撮りたければ稜線までどうしても上がらねばならず、まさに脚を引きずりながらの前進でした。夜半から雲はすっかり晴れ上がり極上の朝となりました。日の出を楽しみに大勢の登山者が小屋の周囲に…
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

荘厳な雪の北アルプス 燕岳 2013/11/16-17 一日目

先週のドイツ滞在中は睡眠障害でろくに寝ることもままならならず、朦朧とした状態で金曜日に帰国。午後には帰宅したものの翌日からの週末に備えるどころではなく。。とは言えそこは山好き人間、天気予報と連日の山からの雪の便りを聞いていてはやはり出かけないわけには行かないのが悲しいところ。かなりの好天が期待できそうなので、北アルプスの雪景色が堪能でき…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

ちょっと雪山を楽しむつもりで 南八ヶ岳の天狗岳 2013/2/23-24 二日目

前日はあれだけ穏やかで、青空も楽しめたのに、一晩明けて見ると様相一変。降雪とそこそこの風でかなりの悪条件。日の出前の5時45分頃に出発、中山峠に着いた所で再度装備の確認。 夜半に降った雪で前日のトレースは消えかかっていて、しかも本日一番乗り。樹林帯を歩いている間は風もさほどではないものの、樹林帯を抜けて急斜面にかかると強風に吹きっ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ちょっと雪山を楽しむつもりで 南八ヶ岳の天狗岳 2013/2/23-24 一日目

4月の鳳凰山テント泊から遡ること2ヶ月、南八ヶ岳の東天狗岳の山行記録です。この蒸し暑い台風の季節に雪の時期の話というのは相当に違和感ありますが、記録だけは残しておきたいので。。行程は黒百合平でテント泊、翌日の出前に天狗岳へ。当初は深く考えることなく唐沢鉱泉へ向ったものの、1月中旬で冬季休業の鉱泉への道の除雪などしているはずもなく途中で通…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

柏原新道から赤沢岳~針ノ木岳 2821m / 蓮華岳 2799m 2012/09/14-16 二日目

ちょっと間が空いてしまったが9月の針ノ木岳周遊の続き。初日柏原新道から種池にて幕営。夜間はガスと雨だったが夜明けは雲が晴れて迎えることが出来た。曇天なら爺ヶ岳でも登って帰ろうかとも思っていたが、天の恵みで晴れたので予定通り前進。その前に夜明けの撮影。 針ノ木谷と針ノ木岳に朝日が射し込む。 朝日に輝く立山。別山の手前に氷河の確認さ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

柏原新道から赤沢岳~針ノ木岳 2821m / 蓮華岳 2799m 2012/09/14-16 初日

大観峰から望むと黒部湖越しに立ちはだかる岩山の稜線、やっと歩くチャンス到来、気合を入れて撮影機材を担ぎ上げてテント泊縦走することとした。初日は扇沢付近から柏原新道を登って種池山荘のテント場に、二日目が天候も期待できる撮影日和のはずで種池山荘から針ノ木岳を越えて針ノ木のテント場へ、三日目蓮華岳を越えて船窪小屋泊まり、で四日目七倉に下山、予…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2012夏:岩手探訪 秋田駒ケ岳 1637m 2012/08/15

夏の岩手三日目は秋田駒ケ岳。前日は宝仙湖畔の宿に泊まり、朝食は8時。。。山登りながらの旅館はだから困るのだが仕方ない。秋田駒ケ岳は標高は高くないが、火山の活動により擬似高山帯を生み出し高山植物の宝庫となっている(らしい)。花の季節にはかなり乗り遅れているが、折角東北の奥地?まで来たので歩いてみることにした。田沢湖スキー場から歩くつもりで…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

唐沢鉱泉から西尾根経由 西天狗岳 2646m 往復 2011/01/09

この記録は既に一年前の1月 西天狗岳往復のときのもの。今年も同じ唐沢鉱泉から登ったが、天候は冴えなかった。昨年はガスが時折流れてはいたものの青空と真っ白な山中の旅を楽しめ、同じルートでもその見え方の違いが面白い。 9:00 / 1860m 唐沢鉱泉手前の林道で側溝に嵌まって動けなくなった車の脱出のヘルプをしたりして出発は9:00。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

唐沢鉱泉から天狗岳周回コース 2012/01/09

年初の武尊山でエネルギーを使いすぎ、続く三連休は今一歩山行意欲が湧かず、三日目にしてやっと雪の上を歩いて見る気に。とは言えラッセル地獄に喘ぐよりは、山頂からの眺望を楽しみたいと思い、通いなれた?北八の天狗岳に向かいました。昨年同じ時期にも唐沢鉱泉から西天狗往復しているので、今回は東天狗までいって黒百合平から下山の周回コースで、ちょっと新…
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

2011年GWの山はテント泊で燕岳 二日目 2011/4/29-30

GWの燕岳続きです。初日風の強まる中何とか燕山荘まで到達、テントで一夜を過し、朝目覚めると寒くて風は強いものの、5時頃にはご来光を拝むことが出来ました。 暫らくは極寒の中、撮影タイム。槍には猛烈な風が吹き付けている。 表銀座の尾根と、槍から大キレット、北穂、奥穂へと連なる山並み。荘厳そのもの。 大天井岳。手前の大下りの…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

2011年GWの山はテント泊で燕岳 初日 2011/4/29-30

またまた時間は遡って2011年のGW。計画は燕岳から表銀座縦走、蝶ヶ岳から上高地下山だが天候は大荒れの模様。一応車の沢渡回送を依頼して中房温泉登山口に向かう。 11:30 / 1462m 登山口周辺は雪は融けているが、登山道に入ると雪が現れる。暫く腐った雪の登山道を進む。40分ほどで第一ベンチ。間もなく雪は融けてなくなりそう。 …
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

島々谷から徳本峠~霞沢岳 2646m往復~上高地 2~3日目 2011/11/3-5

初日に島々から島々谷南沢を歩き詰め、徳本峠でテント泊。二日目は霞沢岳を往復をまず9km、帰還時刻によってはそのまま徳本峠連泊か、小梨平まで下山してテント泊かを決めることとして出発しました。 6:00 / 2140m 日の出前に出発のつもりが少し寝坊^^;で前日と同じほぼ6時に行動開始。空は雲一つ無い快晴、東の空が徐々に明るくなって…
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

島々谷から徳本峠~霞沢岳 2646m往復~上高地 1日目 2011/11/3-5

クラシック・ルート、この言葉に惹かれて11月初旬に連休をつくり、島々から徳本峠を経て、霞沢岳往復、上高地へと歩いてきました。天気予報では初日うす曇り、二日目快晴、三日目下り坂と風も無く好条件、11月上旬としては異様なほどの暖かさで、Tシャツ一枚で十分なほどでした。ですので、一般的な11月の山行ではない点、ご注意を。 徳本峠(とくご…
トラックバック:0
コメント:18

続きを読むread more

島々谷から徳本峠~霞沢岳 2646m往復~上高地 2011/11/3-5 (速報)

文化の日と週末の間の金曜日に休暇をとり、11/3~11/5で日本山岳史のクラシック・ルートを歩いてきました。初日6::00島々から島々谷南沢沿いのルート16kmを歩き徳本峠へ、テント泊。一時は台風の影響で通行困難な時期もあったこのルート、関係者の方々のご尽力で今は概ね快適に歩けます。晩秋の沢沿いのロングトレイルには素晴らしいものがありま…
トラックバック:0
コメント:12

続きを読むread more

燕岳表銀座から東鎌尾根、槍ヶ岳縦走 2日目 2011/10/7-10

表銀座縦走、初日は燕岳往復、燕山荘テント場で幕営、二日目は大天井岳経由で西岳のテン場まで。標高2700m前後の稜線をアップダウンしながら標準タイムで6時間半ほどの行程。前日の燕山荘の昼食に味をしめて、二日目は大天荘で昼食を取ることにして、11時頃に大天荘到着を目指して燕山荘テン場出発。天気は最高、日の出を暫し楽しむ。 9月…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

燕岳表銀座から東鎌尾根、槍ヶ岳縦走 1日目 2011/10/7-10

10月の連休は天候不順だった今年としては奇跡の連続好天が期待できそう、ということで金曜日に休みを追加して、GWに挑戦しようとして燕岳までで挫折した表銀座を歩くこととしました。下山後の帰宅をスムーズし翌日の出勤への影響を最小限にするため、出費ではありますが、安曇野タクシーの回送サービスを利用。安曇野から中房までのタクシー代8000円と、沢…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

不動沢崩れの進む船窪岳~不動岳~南沢岳~烏帽子岳 2628m 三日目 2011/09/23-25

三日目の朝も快晴。夜中に起きて外に出た時には久しぶりに満点の星空を見上げました。今回は軽量化のため三脚を持ってこなかったので撮影はできませんでしたが、こういう景色を堪能できるテント泊はやはりやめられません。流れ星はふたつほど、星に願いを、という歳でもないのでただ見送りましたが。小屋の東の丘陵にあるヘリポートからご来光を拝めました。唐松岳…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

不動沢崩れの進む船窪岳~不動岳~南沢岳~烏帽子岳 2628m 二日目 2011/09/23-25

翌朝は快晴。テント内側は霜がびっしり。このルートは不動沢の崩壊斜面に沿って歩くので、日が昇るのを待っての出発。 本日の一番きつい登り返し、右、船窪岳から不動沢岳への尾根。奥に薬師岳。 6:05 / 2350m 足元は霜が降りてカチカチ、要注意。 最近倒れたと思われる木。こうして浸食が進むのでしょう。 見下ろすとこ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

不動沢崩れの進む船窪岳~不動岳~南沢岳~烏帽子岳 2628m 一日目 2011/09/23-25

アルプスの稜線をどこまで歩いて繋げるかな、と考えるとき、まだ全く未踏のエリアが爺ヶ岳から野口五郎岳の稜線。シルバーウィーク後半の3日間はこの区間のなかの一番歩きにくそうな所を歩いてしまおうと言うわけで、 七倉から船窪に上がり、ぐるっと烏帽子まで歩いてブナ立尾根から下山のルートにチャレンジ。七倉に車で到着して準備ができたのが朝の七時。ち…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今年の夏山納めは本沢温泉~天狗岳~夏沢峠 / ニーモ ANDI 初使用レポート 2011/08/27

久しぶりにブログアップです。好天に恵まれない今年の夏の最後は日本最高所野天ブロのある本沢温泉から八ヶ岳の天狗岳に。天狗岳は何度も行ってますが雪のない季節は初めて。相棒ジムニーと新しいテントの友、ANDIを抱えて。。テントの使用テストも兼ねていたので多少の雨も気にせず出発。本沢温泉へは本沢入口という稲子の湯方面から延びる舗装された林道沿い…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

白馬温泉旅行 - ついでに戸隠山 1904m 2010/10/02 一日目

いつも山山山で、しかも7月のスイストレッキングもドタキャンと、日頃の贖罪のためこの週末は白馬のトロイメライというプチホテルに温泉兼フレンチを楽しみに出かけてきました。とは言えせっかくの白馬なので近くに適度にハイキングできるところはないかと探したところ、戸隠が目に付き白馬の前に立ち寄ってみることに。とは言えあくまでゆっくり休養が目的なので…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

蓮華温泉から白馬~雪倉~朝日岳周遊 2010/9/18-21 三日目 白馬から雪倉を越えて朝日平

縦走三日目の朝。夜半の風は雨に変わり、三日目の朝は冷たい雨からのスタート。できるだけスタッフを濡らさないようにパッキングするのがこういう場合のテクニックでしょう。 6:40 テント場出発、まずは白馬山荘まで上がり、小屋でパッキングを再点検。早朝よりは小雨になったような。。旭岳(目指す朝日岳と紛らわしい!)もガスにけぶっています。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

愛犬プーと行く北信五岳の一座 黒姫山(信濃富士) 2053m 2010/6/6

さすが高原キャンプ場、明日は霜が降りたのか芝生はうっすら白くなっていました。快晴、戸隠山がくっきりと青空に浮かび上がっています。 車で少し移動すると大橋の登山口にすでに多くの車。ここに駐車して種池登山口まで車道を歩きます。 7:35 / 1108m 種池分岐過ぎると間もなく古池湖畔。黒姫山が綺麗に湖面に写りこんでいる。戸隠、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

愛犬プーと行く長野の信仰の山 飯縄山 1917m 2010/6/5

6月最初の週末は初のプーとのキャンプに挑戦。かつて子供たちとキャンプを楽しんだ戸隠高原キャンプ場をベースに、初日はやはりかつて子供たちと登ったことのある飯綱山を今度はプーと登ってきました。以前は中社からの周回コースを辿ったので、今回は飯綱山の表参道、南登山道を往復してきました。 13:15 / 1173m 飯綱神社を出発。丁度神事…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

修験道の山 残雪の越後の八海山は薬師岳まで 1654m 2010/5/8

季節はずれレポート継続。GW後の週末の土曜日は雪をまた見たくなって越後の八海山に。昨年はNHK大河ドラマ「天地人」の影響で賑わったそうだが、今年はどうなんでしょう。腰痛も治まってきたハンス2号も久しぶりの雪山へ。 まだ山稜部は雪が深いようなので、下から歩くのはやめにして八海山ロープウェーを利用して。越後も新緑が美しい季節、田植えは…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大雪庇で有名な越後は守門岳(大岳 1432m)登山 2010/4/18

今熊山散歩の翌日は新潟方面の天候が良さそうだったので、魚沼の守門岳に出かけてきました。守門岳は西側より、大岳、青雲岳(あおくもだけ)、袴岳1537.2mの三つのピークで構成され、総称して守門岳と呼ばれています。二百名山の一峰。もう二口まで車で入れると勝手に思い込み、二口コースから晴雲岳~袴岳を目指すつもりでしたが、この時期でも道路は五郎…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more