テーマ:上州・越後以北

久しぶりのラッセル三昧 白毛門、松ノ木沢ノ頭 1484m 2015/2/21 #2

一人ラッセルで3時間ほど頑張って、後ろから追いついて来た人に先頭をバトンタッチしてから。後追いの立場になってから1時間ほどは更に急斜面を登高、主に前を行くのは親子チーム。僅か数名の足跡でもあると無いとでは雲泥の差で、疲労の蓄積した足をごまかしながらなんとか上に進むことができました。 ほどなく急登が終わり稜線に。稜線上には雪庇が発達、こ…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

久しぶりのラッセル三昧 白毛門、松ノ木沢ノ頭 1484m 2015/2/21 #1

この週末は土曜日のみ広域で好天予報、日曜日は逆に雨模様なのでテント担いでは無理そう、ということで久しぶりに北方へ出かけようと、谷川山系の白毛門を目指しました。このところの暖気で雪が緩んできているようで、白毛門直下は前週末ですでに大きくクラックが発生していたようで、注意が必要です。 谷川岳は冬に何度も登っていますが、お向かいの白毛門は初…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

東北遠征 錦秋始まりの朝日岳 1870m 2014/9/21-22 #2

9月末の朝日岳の#1からの続きです。小屋を後にして朝日連峰の盟主、大朝日岳の山頂へ。小屋から山頂まで10分程なのであっけないですが、周囲近くに平野部は見当たらず、奥深い山域であることがわかります。 山頂には三等三角点、標高は1870mとさほどではないものの豪雪地帯の山らしく、山頂周囲にはハイマツなど低木を除けば樹木は生えていません。 …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

東北遠征 錦秋始まりの朝日岳 1870m 2014/9/21-22 #1

時を遡って9月、9月の三連休は久しぶりに東北へ遠征してきました。目的地はまだ行ったことのなかった朝日岳。朝日岳は主峰大朝日岳から以東岳まで飯豊連峰に匹敵するほどの大山塊で、登山口もいくつかありますが、当初は日暮沢小屋から竜門山、竜門小屋、そして西朝日、大朝日、小朝日と周回する予定でした。ところが早朝に日暮沢小屋への林道入り口に辿り付いた…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

夏の尾瀬 アヤメ平から見晴、至仏山 2014/07/12-13

6月末から7月はじめ目にかけて一週間ドイツ、オランダ出張。これで前後の週末は潰れ山からは足が遠のいてしまいます。その後、何とか露の間の晴れ間が見れそうな7/12-13、初夏の尾瀬に出かけてきました。 またまた詳細は後日ということで、写真を数枚でハイライトのみお伝えします。 戸倉には7時半着も第1駐車場ゲート手前で満車、第二駐車場…
トラックバック:0
コメント:9

続きを読むread more

季節最後の谷川山系ヤカイ沢BC 2014/4/20

何とも多忙な五月がやっと過ぎ去って久しぶりにブログを開いてます。ドイツから社員を迎え、さらに出張者4名も押し寄せてきたかと思ったら、最後の週には上海に出張。何はともあれ4月のヤカイ沢から再出発。 この日は太平洋側は雨模様、日本川側が晴れと予報、せっかくなので三国峠を越えて一度行って見たかったヤカイ沢へ。流石に4月も中旬を過ぎると国道か…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

西吾妻山 2035m BCスキーで楽しむ 2012/3/3

大晦日に2012年の記録の整理とは何とも締まらない話ではありますが、前日の刈田岳に続き、西吾妻山でBCスキー編です。2009年の4月初めにもスノーシューで同じように初日に蔵王山、二日目に天台高原スキー場から西吾妻山に登っています。その時の記憶で、このルートであればスキーの技術は余り関係なくクロスカントリー的にスキーで雪山が楽しめそうだ、…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

蔵王刈田岳 1768m BCスキーで楽しむ 2012/3/3

何とか年内中に書き残しの山行記録を終わらせたいものですが、どうかなぁ。。さて2012年3月の名ばかりのバックカントリースキーで山形蔵王の刈田岳へ挑戦編です。早朝八王子を出発して山形自動車道経由で蔵王から蔵王ライザワールドスキー場へ、到着は既にお昼近く。。山は雲に覆われどんより、なかなか天気図の読みどおりにはいきません。まずはリフトトップ…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

天候に恵まれた残雪期の飯豊連峰縦走 2012/6/23-25 三日目

昨年の飯豊連峰縦走の三日目、続きです。縦走最終日は綺麗で快適な梅花皮小屋でゆっくり休んで前日までの疲れは回復。 4時位から朝日を楽しみに小屋の外に宿泊者全員出て行きます。 石転び沢、雲海の向こうから日が昇ってきます。 大日岳にも陽が射してきました。 これから向う北股岳。 雲海に包まれる梶川尾根と石転び沢。石転び沢は…
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

天候に恵まれた残雪期の飯豊連峰縦走 2012/6/23-25 二日目後半

引き続きの昨年の飯豊。二日目切合小屋から飯豊本山を経て御西岳避難小屋へ。ここまで4時間半ほど。誰もいない小屋でお昼を兼ねて30分ほど大休止。再スタートは10:30。ちょっと進むとすぐに雪の上。振り返ると避難小屋がポツンと岡の上に。 前方にもたっぷりと斜面に残った雪。。6月末でこれですから、GW前後の季節にはどれだけの雪が残っている…
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

天候に恵まれた残雪期の飯豊連峰縦走 2012/6/23-25 二日目前半

昨年の飯豊連峰縦走の二日目、続きです。やや寝不足で迎えた朝、日の出前に小屋の外に出て、日の出を待つものの北東の地平線には雲があり、綺麗な日の出を拝むことならず。残念。 4時、飯豊本山への稜線。本山に少し雲がかかっていますが、概ね好天。 4:40 日の出時刻も遠く雲海が僅かに赤く染まっただけ。望遠レンズがあれば撮りようもあったかも…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

天候に恵まれた残雪期の飯豊連峰縦走 2012/6/23-25 一日目

既に一年以上放置してしまった昨年2012/6の飯豊連峰縦走の記録です。東北の大山塊、飯豊と朝日連峰はやはり縦走で歩いてみたい。となると東京西部の八王子からでは前後の日程も考えるとなかなか週末だけでは難しく、また天候も味方につけないと大遠征する甲斐が無いと言うもの。そんなことを考えているとなかなかタイミングが合わなかったのですが、この6月…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

草紅葉に燃える尾瀬 燧ケ岳 2356m 2013/09/28-29 二日目

前日に御池から燧ケ岳に登り、見晴新道から見晴のテント場でテン泊。翌早朝の尾瀬ヶ原での撮影が今回の山行のメインイベント。撮影を主目的にしたので三脚と、レンズは尾瀬ヶ原をイメージして広角ズームと標準ズームを運んできた。さすがに望遠までは運べないのでそちらは割愛。もう秋分の日を過ぎているので日の出も随分と遅くなり、朝に弱い自分にとっては助かる…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

草紅葉に燃える尾瀬 燧ケ岳 2356m 2013/09/28-29 一日目

赤城山登山のあと、相方が帯状疱疹を患い山行は大休止。やっと9月の最終週末になって回復、一ヶ月ぶりに山歩きに出かけることにしました。紅葉にはまだ早い時期なのでどこに行くかいろいろ迷いましたが、久しぶりに写真撮影にも没頭できる尾瀬を選択。尾瀬には何度も足を運んでいますが、今回は今までアプローチに使ったことのない御池からまず燧ケ岳に登頂、見晴…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

プーと行く赤城は地蔵岳 1674m 2013/08/25

赤城山は2007/12に黒檜山、駒ケ岳に登って以来、今回は久しぶりにプーとおばあちゃんも一緒にちょっと低めの地蔵岳を歩いてきました。ちょうどこの日の午前中に赤城山でマラソン大会があったようで、多くの見物人とランナーで賑わっていました。 今回は赤城山ビジターセンターから覚満淵、鳥居峠から小沼(この)、八丁峠、そして地蔵岳、見晴・白樺…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

秋色の尾瀬ヶ原、至仏山 2228.1m 鳩待峠からテント泊 二日目 2012/10/13-14

ウェブリ不調で時間のあった時期を使えず、また更新の間が開いてしまった。初日は尾瀬ヶ原を散策、翌日は尾瀬ヶ原の夜明けを至仏山から見下ろし撮影するため、夜明け前からテントを撤収、歩き始める。愛用のペツルミオXPが壊れたので、今回はその昔使っていたペツルの小型ヘッドランプで出発したものの流石にもう少し明るいほうが楽だし、安全。5時前に歩き出し…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

秋色の尾瀬ヶ原、至仏山 2228.1m 鳩待峠からテント泊 一日目 2012/10/13-14

前回秋の尾瀬ヶ原を歩いたのは4年前の10月下旬、既に晩秋で秋色を楽しむには遅すぎた。今回は秋ど真ん中の10月の中旬。鳩待峠の交通規制は既に先週末で終了していたが、早朝6時過ぎには鳩待峠の駐車場は満車、戸倉から乗合タクシーでの入山となった。 7:10 / 1591m 鳩待峠。何と到着とほぼ同時に雨が降り始めた。レインウェアを着込んで…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

2012夏:岩手探訪 最終日は陸前高田から中尊寺 2012/08/17

岩手探訪の最終日は山はなし。代わりに三陸の海と久しぶりの平泉の中尊寺を訪れた。鉛温泉から花巻、遠野を通り抜けて大船渡へ。遠野の地は通り過ぎただけだが豊かな自然が印象的。柳田國男の遠野物語は読んだことが無いので一度読んでみよう。大船渡の先の半島に碁石海岸がある。穴通磯(あなとおしいそ) 赤松の林を抜けて海岸に出る。 乱暴谷(ら…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2012夏:岩手探訪 早池峰山 1917m 2012/08/16

岩手遠征の4日目。前日は秋田駒ケ岳を歩いて、下山後アルパこまくさで田沢湖を見下ろしながら温泉、その後盛岡に出て高速でインター二つ目を今度は太平洋側へ。結構な距離を走ったが何とか日のあるうちに登山口に到着。 テント場は林の中でろくに整地もされていない様子で、駐車場もガラガラなのでアスファルトの上にテントを設営。。。 この日は徐…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2012夏:岩手探訪 秋田駒ケ岳 1637m 2012/08/15

夏の岩手三日目は秋田駒ケ岳。前日は宝仙湖畔の宿に泊まり、朝食は8時。。。山登りながらの旅館はだから困るのだが仕方ない。秋田駒ケ岳は標高は高くないが、火山の活動により擬似高山帯を生み出し高山植物の宝庫となっている(らしい)。花の季節にはかなり乗り遅れているが、折角東北の奥地?まで来たので歩いてみることにした。田沢湖スキー場から歩くつもりで…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2012夏:岩手探訪 岩手山 2038m 2012/08/14

夏の遠征、二日目は岩手山。初日、雨の八幡平を歩いた後、岩手山山麓の焼走り登山口にあるキャンプ場で1泊。早朝は厚い雲が山を覆っていたので暫し様子見。徐々に明るくなってきたのを確認して出発、7:15。登山口標高は約600m、山頂までの標高差1400m越えは日帰りとしてはやや大きめ。登山口から1時間ほどで溶岩流帯を超えて標高900mほどに、そ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2012年夏:岩手探訪 八幡平 1613m 2012/08/13

このお盆休みはのんびり山歩きしながら、温泉浸かりに温泉の国、岩手に。4泊5日で全行程1650km!天候は微妙ながら、スケジュールを自由に決められる身分でもなく致し方ない。夜の11時に出発、初日の目標、八幡平に到着したのが10時20分。 アスピーテラインと呼ばれる自動車道が山頂近くまで通っているので、お散歩気分で山頂?を踏めてしまう…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2012年夏~岩手紀行

お盆休みの期間、訪れてみたかった岩手に足を伸ばしてきた。いくつかの山を登ることもあったが、やはり三陸の被災地を訪れ、亡くなった方々の:冥福をお祈りしたかった。その機会がやっと訪れた。旅の最終日となってしまったが、花巻から美しい遠野の山野を通り抜け、大船渡へ。内陸から街に通じる道を走ると最初は何事も無かったかのような日常の景色、それも海岸…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

厳冬期ながら晴天の谷川岳再訪 1977m 2011/02/27

これは昨年2011年の記録です。昨年1月下旬に天候に恵まれず熊穴沢避難小屋敗退のリベンジに2月下旬の好天予報の一日、谷川岳に再訪してきました。思えば昨年はこの後東日本大地震に襲われた訳ですが、もちろんこの時点ではそんなことが起ころうとは思いもせず、全く能天気に山に向かっていたのでした。 9:30 / 1320m ロープウェーの天神…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

日光連山の盟主、厳冬期の日光白根山再訪 2578m 2011/02/19

こちらも昨年2011年2月の記録です。前回の山行が1/23の谷川岳なのでほぼ1ヵ月ぶりの山。天候も良さそうだったので日光の白根山へ。ルートは丸沼スキー場ゴンドラを利用した日帰りコース。それでもラッセルが続くようだと山頂までは難しくなる。こればかりは出たとこ勝負。毎度丸沼からなので、次回は中禅寺湖方面からテント担いでアプローチしてみたいも…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

前日大雪&荒天の谷川岳~熊穴沢小屋まで 2011/01/23

昨年1月の記録です。昨年のこの時期は諸事情により山行停滞時期でしたが、翌週からのドイツ出張でさらに間が空きそうだったので、天候はイマイチ予報でしたが気分転換に雪山のフィールドに行ってきました。 8:45 / 1320m この日は前日夜半に1m近い積雪があり、平野部は晴天でも谷川岳に近づくと雪。ロープウェーの山頂駅はろくに視界も無い…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

雪の上州武尊山に再訪 手小屋沢避難小屋付近で幕営 二日目 2012/1/2-3

正月早々誰も入山しない山中でテント泊とは我ながら酔狂だと思うわけですが、それに付き合ってくれるかみさんにも感謝ではあります。二人とも北海道出身なので「雪」に対する抵抗感が少ないのかも知れず、特に私は道東の田舎出身で酷いときは氷点下30度の地吹雪の中、3kmの田舎道を保育園の頃から歩いていたので、まあ多少の吹雪などどこ吹く風でもあるのです…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

雪の上州武尊山に再訪 手小屋沢避難小屋付近で幕営 初日 2012/1/2-3

昨年末の不甲斐無い上州武尊山 名倉沢ルートラッセルの結果に納得行かず、懲りずに再訪してきました。天候が今一パッとしないのが懸念材料ではあったが、無理のない範囲での山行を基本に二泊三日の準備で入山。ルートは前回と同じ名倉沢から。宝台樹スキー場を通りすごし林道除雪最終点に駐車。朝は麓は晴天で風も無く好条件。 7:00 / 1030m …
トラックバック:0
コメント:14

続きを読むread more

雪の上州武尊山へ、が途中敗退 2011/12/30

谷川山系は分水嶺で言わずもがなの豪雪の山。越後の山もこの季節になると2000mクラスの山はアプローチすらままならない。比較的地理的に近い日光白根山は標高は高いがそこまでの豪雪地帯でもないのは、やはり日本海からの湿った雪雲が分水嶺を越えると徐々に消えていくせいなのだろう。武尊山は位置的にはその中間、どちらかと言えば雪は多いだろうし、実際麓…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

愛犬プーと行く奥日光の太郎山 2367m 2010/11/20

中断していたブログ再開。え~、いつまで戻るかというと昨年11月の太郎山まで。太郎山は日本三百名山の一座、日光男体山と未だ登る機会の無い女峰山とは正三角形の位置にあります。登山ルートは戦場ヶ原から光徳方面に入り、裏男体林道。途中から新薙方面への作業道を進み、堰堤前に駐車。周りには雪が残っています。 11:40 / 1650m 日の入…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more