錦秋の蝶ヶ岳 2677m 三ツ股登山口から二日目 2012/10/20-21

もう里山でも冬の装いですが、10月下旬の蝶ヶ岳、続き。山頂でテント泊の翌朝、蝶ヶ岳の山頂から日の出。この季節は丁度美ヶ原に林立する鉄塔辺りから日が昇ってきました。 右後方には蓼科山の丸い山頂のシルエット。 常念山脈を越えて穂高・槍ヶ岳に陽が射しこみ始める。日の出直後は色温度も低く赤みが 穂高連峰、右から北穂、涸沢、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

錦秋の蝶ヶ岳 2677m 三ツ股登山口から一日目 2012/10/20-21

10月三連続テント泊登山の最後は常念山脈の一峰、蝶ヶ岳。穂高、槍ヶ岳をカメラで狙うには最高の撮影ポイント。白簱史郎氏も蝶ヶ岳から多くの写真を撮り発表している。氏のアングルを参考にしながらトライアル撮影しようと、合わせて積雪期に来たときのためのロケハンかねて出発。ルートは自宅からのアクセスの良い安曇野~三ツ股~蝶ヶ岳ルート。…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

秋色の尾瀬ヶ原、至仏山 2228.1m 鳩待峠からテント泊 二日目 2012/10/13-14

ウェブリ不調で時間のあった時期を使えず、また更新の間が開いてしまった。初日は尾瀬ヶ原を散策、翌日は尾瀬ヶ原の夜明けを至仏山から見下ろし撮影するため、夜明け前からテントを撤収、歩き始める。愛用のペツルミオXPが壊れたので、今回はその昔使っていたペツルの小型ヘッドランプで出発したものの流石にもう少し明るいほうが楽だし、安全。5時前に歩き出し…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

秋色の尾瀬ヶ原、至仏山 2228.1m 鳩待峠からテント泊 一日目 2012/10/13-14

前回秋の尾瀬ヶ原を歩いたのは4年前の10月下旬、既に晩秋で秋色を楽しむには遅すぎた。今回は秋ど真ん中の10月の中旬。鳩待峠の交通規制は既に先週末で終了していたが、早朝6時過ぎには鳩待峠の駐車場は満車、戸倉から乗合タクシーでの入山となった。 7:10 / 1591m 鳩待峠。何と到着とほぼ同時に雨が降り始めた。レインウェアを着込んで…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

紅葉の立山:雷鳥沢でキャンプ、立山三山周遊 二日目 2012/10/6-7

雷鳥沢の朝はガスで覆われて視界不良の朝。夜には雨がぱらついていて、山頂部は積雪もあったよう。雄山に登るか迷いつつ朝を過ごしたが、ガスが引くことを期待して出発することにした。6時50分。称名川を渡ってトレイルに入る。立山の前斜面を右斜めに山崎カールを見上げながら上がり、一ノ越の乗越から左に折れて岩場を300m程登ると雄山の山頂。 チ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

紅葉の立山:雷鳥沢でキャンプ、立山三山周遊 一日目 2012/10/6-7

紅葉の写真を撮りに5年ぶりの立山へ向かうことに。連休&秋のアルペンルートは殺人的に混むので若干憂鬱ながら、最終日の朝に下山すれば混雑は避けられるはずなので、当初の計画は雷鳥沢で二泊して、月曜日の朝に室堂から扇沢に降りる予定で出発。 6:50 / 扇沢 - 9:00 / 室堂 扇沢では割と近くの臨時駐車場に車を停め、7時発のトロリー…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

コスモスと立川記念公園 2012/09/29

前回池の平では歩けなかったプーのストレス解消に立川記念公園にお出かけ。9月末にしては気温の高い日でしたが、秋空の下プーは思う存分走り回ることが出来て満足の様子。コスモスにはちょっと早かったものの、可憐なコスモスは秋桜と呼ぶに相応しい佇まいです。 中国からの帰化植物、曼珠沙華。 広い芝生広場でのびのび運動できたプーでし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

柏原新道から赤沢岳~針ノ木岳 2821m / 蓮華岳 2799m 2012/09/14-16 三日目

針ノ木、蓮華の山旅三日目の朝。テントの眼前に広がる北アの絶景に朝日が射し込みはじめた。秋分の日を間近に控えたこの日の日の出時刻は55時40分くらい。のんびり撮影していると出発時間が遅くなってしまうのが困りものです。 槍、穂高にズーム。日本山岳の雄、いつ何回見ても見飽きることがありません。 ほんとにどこからでも見ることのできる…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

柏原新道から赤沢岳~針ノ木岳 2821m / 蓮華岳 2799m 2012/09/14-16 二日目

ちょっと間が空いてしまったが9月の針ノ木岳周遊の続き。初日柏原新道から種池にて幕営。夜間はガスと雨だったが夜明けは雲が晴れて迎えることが出来た。曇天なら爺ヶ岳でも登って帰ろうかとも思っていたが、天の恵みで晴れたので予定通り前進。その前に夜明けの撮影。 針ノ木谷と針ノ木岳に朝日が射し込む。 朝日に輝く立山。別山の手前に氷河の確認さ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

柏原新道から赤沢岳~針ノ木岳 2821m / 蓮華岳 2799m 2012/09/14-16 初日

大観峰から望むと黒部湖越しに立ちはだかる岩山の稜線、やっと歩くチャンス到来、気合を入れて撮影機材を担ぎ上げてテント泊縦走することとした。初日は扇沢付近から柏原新道を登って種池山荘のテント場に、二日目が天候も期待できる撮影日和のはずで種池山荘から針ノ木岳を越えて針ノ木のテント場へ、三日目蓮華岳を越えて船窪小屋泊まり、で四日目七倉に下山、予…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

湯の丸高原の池の平散策 三方ヶ峰 2040m 2012/09/09

どこかで池の平の湿原でマツムシソウの群落が見られると読んだ記憶を頼りに、湯の丸高原に散策に。冬にはBCスキーやスノシュートレッキングの楽しめるエリアでもあるので下見もかねて。プーも連れて行ったけど、エリアはペット禁止。下調べ不足でプーには申し訳なかったが曇りがちでもあったので、車の中でお留守番。 池の平らは湯の丸スキー場から林道を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

プーと行く雨降山 大山寺から大山 1252m へ 2012/08/19

3年前にヤビツ峠から登った大山、二度目の今回は正面表参道から。参道下の駐車場からスタート。狛犬プーも一緒にケーブルカーは使わず全行程歩きに挑戦。 8:45 / 300m 青空も出ていたので山頂からの富士山を楽しみに。スタート地点の標高は300m程度なので頂上まで1000mちょっと切るくらいと意外にタフなコースです。 最初はお…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2012夏:岩手探訪 最終日は陸前高田から中尊寺 2012/08/17

岩手探訪の最終日は山はなし。代わりに三陸の海と久しぶりの平泉の中尊寺を訪れた。鉛温泉から花巻、遠野を通り抜けて大船渡へ。遠野の地は通り過ぎただけだが豊かな自然が印象的。柳田國男の遠野物語は読んだことが無いので一度読んでみよう。大船渡の先の半島に碁石海岸がある。穴通磯(あなとおしいそ) 赤松の林を抜けて海岸に出る。 乱暴谷(ら…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2012夏:岩手探訪 早池峰山 1917m 2012/08/16

岩手遠征の4日目。前日は秋田駒ケ岳を歩いて、下山後アルパこまくさで田沢湖を見下ろしながら温泉、その後盛岡に出て高速でインター二つ目を今度は太平洋側へ。結構な距離を走ったが何とか日のあるうちに登山口に到着。 テント場は林の中でろくに整地もされていない様子で、駐車場もガラガラなのでアスファルトの上にテントを設営。。。 この日は徐…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2012夏:岩手探訪 秋田駒ケ岳 1637m 2012/08/15

夏の岩手三日目は秋田駒ケ岳。前日は宝仙湖畔の宿に泊まり、朝食は8時。。。山登りながらの旅館はだから困るのだが仕方ない。秋田駒ケ岳は標高は高くないが、火山の活動により擬似高山帯を生み出し高山植物の宝庫となっている(らしい)。花の季節にはかなり乗り遅れているが、折角東北の奥地?まで来たので歩いてみることにした。田沢湖スキー場から歩くつもりで…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2012夏:岩手探訪 岩手山 2038m 2012/08/14

夏の遠征、二日目は岩手山。初日、雨の八幡平を歩いた後、岩手山山麓の焼走り登山口にあるキャンプ場で1泊。早朝は厚い雲が山を覆っていたので暫し様子見。徐々に明るくなってきたのを確認して出発、7:15。登山口標高は約600m、山頂までの標高差1400m越えは日帰りとしてはやや大きめ。登山口から1時間ほどで溶岩流帯を超えて標高900mほどに、そ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2012年夏:岩手探訪 八幡平 1613m 2012/08/13

このお盆休みはのんびり山歩きしながら、温泉浸かりに温泉の国、岩手に。4泊5日で全行程1650km!天候は微妙ながら、スケジュールを自由に決められる身分でもなく致し方ない。夜の11時に出発、初日の目標、八幡平に到着したのが10時20分。 アスピーテラインと呼ばれる自動車道が山頂近くまで通っているので、お散歩気分で山頂?を踏めてしまう…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

プーと行く小江戸川越と行田ののぼうの城散歩

8月のとある一日、プーを連れて小江戸と呼ばれる川越と、のぼうの城のある行田へ散歩に。川越は戦災の影響少なく、明治、昭和の街並みの残された観光都市。 おびんずる様の祭られたお寺の境内で一服。 風鈴が涼しげ。 武州川越のレトロな日本家屋と洋風ビルヂング。 写真撮影に関しいろいろ試してみるつもりで出かけてきたものの、ど…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

モルゲンロートを求めて 仙丈ケ岳 2012/7/29-30

テント道具とカメラ機材を同時に担ぐのが最近とみに辛くなってきた。白簱史郎氏曰く、山岳写真を上達したければ撮影が主で、登山は従と心得よ、とのこと。全くその通りなのだが、山歩きも楽しみたいという誘惑も捨てがたく相変わらず中途半端の撮影山行が続いている。今回はテント場まで楽に上がれ、南アルプスの撮影が可能な仙丈ケ岳を目指した。ほ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2012年夏~岩手紀行

お盆休みの期間、訪れてみたかった岩手に足を伸ばしてきた。いくつかの山を登ることもあったが、やはり三陸の被災地を訪れ、亡くなった方々の:冥福をお祈りしたかった。その機会がやっと訪れた。旅の最終日となってしまったが、花巻から美しい遠野の山野を通り抜け、大船渡へ。内陸から街に通じる道を走ると最初は何事も無かったかのような日常の景色、それも海岸…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

バラ栽培日誌 2012/05/29

前回から一週間でバラの開花が一気に加速。やはり手間を惜しまず丁寧に育てるとちゃんと答えてくれるものです。全体に遅咲きの傾向ながら例年に無く沢山の蕾をつけ開花の時をまっているようです。 バラの前に娘の旅行中預かることとなったペルシャネコのコトラ、 と、キキ。 1.プリンセス・ミチコ(鉢) 2.ホワイト・クリスマス:蕾の…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

バラ栽培日誌 2012/05/24

「花ざかり山は日ごろのあさぼらけ」 芭蕉 3月のドイツ出張前後より仕事に追われ気がつくと初夏と言っても良い季節。山に行く替わりにこの春は随分庭で時間を過した気がする。荒れ放題だった庭の雑草もほぼ駆逐、バラの再生と同時に芝生の再生も大きなテーマ。GWの頃にはまだチューリップが咲いていた。 バラのアーチの向こうの木に攀じ登っ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

厳冬期ながら晴天の谷川岳再訪 1977m 2011/02/27

これは昨年2011年の記録です。昨年1月下旬に天候に恵まれず熊穴沢避難小屋敗退のリベンジに2月下旬の好天予報の一日、谷川岳に再訪してきました。思えば昨年はこの後東日本大地震に襲われた訳ですが、もちろんこの時点ではそんなことが起ころうとは思いもせず、全く能天気に山に向かっていたのでした。 9:30 / 1320m ロープウェーの天神…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

プー連れて、会社メンバーと箱根ドライブ 2012/2/19

留守番の週末、日曜日は会社のメンバー連れての箱根ドライブ。ドイツからのお客様も一緒。御殿場から箱根スカイラインに入ると雪!プーは雪の中を走り回っていて写真には納まらず。。^^; 峠から芦ノ湖に降りて箱根の関所跡を見学、湯葉ソバを食べてから大涌谷に移動。温泉黒卵を食べて寿命を5年延ばす。寒いのに大勢の観光客。 最後にポーラ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

バラ栽培日誌 2012/02/12

晩秋、初冬と暖かい日が続いたせいでバラもポツポツと咲き続けていましたが、流石に年明けての寒波でほぼ全滅。そろそろ春に向けて剪定、元肥やりをしないと開花に間に合わなくなってしまいます。おそらく剪定で一日、肥料やりで一日弱、そして芝生の雑草取りに一日と、合計三日を山とスキーの合間に都合つけなければ^^; トリミングしたばかりでヘンテコ顔の…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

再びの菅平でゲレンデスキー&BCで根子岳 2207m 登頂 2012/02/11

ぼちぼち放置しっぱなしの庭とバラの手入れをしなければならない、ということで週末は一日はスキー、一日は庭仕事と決定。まずは土曜日、日帰りスキーと言う事で再び菅平へ、ゲレンデで練習しつつ前回行き損ねた根子岳に登頂も兼ねて。 早朝自宅を出発、東京方面では晴れ上がっていた冬の青空も碓峠を越えるとどんよりとした曇り空、上田から菅平に向かう途…
トラックバック:0
コメント:14

続きを読むread more

日光連山の盟主、厳冬期の日光白根山再訪 2578m 2011/02/19

こちらも昨年2011年2月の記録です。前回の山行が1/23の谷川岳なのでほぼ1ヵ月ぶりの山。天候も良さそうだったので日光の白根山へ。ルートは丸沼スキー場ゴンドラを利用した日帰りコース。それでもラッセルが続くようだと山頂までは難しくなる。こればかりは出たとこ勝負。毎度丸沼からなので、次回は中禅寺湖方面からテント担いでアプローチしてみたいも…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

栂池高原スキー場でスキー練習、二日目午後はちょっとだけBC 2012/02/4-5

2月最初の週末はスキー担いで白馬へ。数ある白馬のスキー場の中でも最大規模を誇る栂池高原スキー場に行って来ました。白馬乗鞍岳は2009年2月下旬にスノーシューで登ったことがあり、ルートは概ね分かっていたので、今回は1日半ゲレンデ、最後の数時間は栂池方面にBCハイクアップの計画です。初日の土曜日は予報通り雪混じりの天候、それでも思ったほど風…
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

前日大雪&荒天の谷川岳~熊穴沢小屋まで 2011/01/23

昨年1月の記録です。昨年のこの時期は諸事情により山行停滞時期でしたが、翌週からのドイツ出張でさらに間が空きそうだったので、天候はイマイチ予報でしたが気分転換に雪山のフィールドに行ってきました。 8:45 / 1320m この日は前日夜半に1m近い積雪があり、平野部は晴天でも谷川岳に近づくと雪。ロープウェーの山頂駅はろくに視界も無い…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

プーと行く青梅七福神めぐり 2011/01/16

昨年一月の青梅の七福神巡りの記録です。お正月の期間に巡るのが普通だそうですが、ちょっと遅めの七福を求めての散歩。 <1>最初は玉泉寺の弁財天(福徳財宝・家内和合)。インドが起源の水、音楽の仏神で、芸道富有の福徳を授ける神様と言われ、水の神様ゆえ、水辺に祭られることが多いそう。 弁財天。本尊は良く見えないけど、左下に琵琶を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

愛犬プーと一緒にお参り、昭島の拝島大師 2011/01/15

昨年一月の記録です。プーと一緒に昭島の拝島太師に参拝、もう末期にあった父親のためでもあったと記憶してますがどうだったか。。その父は2月に他界して3月に震災。まあ忙しい2011年前半でした。今週末はその一周忌で山はお休み。 拝島大師の天台宗の寺院で、本尊は比叡山延暦寺が織田信長に焼き討ちにあったときに敬諶大僧都が持ち出し、ここに本覚…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

唐沢鉱泉から西尾根経由 西天狗岳 2646m 往復 2011/01/09

この記録は既に一年前の1月 西天狗岳往復のときのもの。今年も同じ唐沢鉱泉から登ったが、天候は冴えなかった。昨年はガスが時折流れてはいたものの青空と真っ白な山中の旅を楽しめ、同じルートでもその見え方の違いが面白い。 9:00 / 1860m 唐沢鉱泉手前の林道で側溝に嵌まって動けなくなった車の脱出のヘルプをしたりして出発は9:00。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

BC事始め二日目 四阿山 2354m へ 2012/01/21-22

菅平でゲレンデスキー練習の翌日は、晴れ上がってはいないものの、時折陽も射し込みほぼ無風、気温やや高めの山歩きには良好なコンディション。朝食のスープパスタを食べてテント撤収、出発の準備にかかる。基本計画は山裾でのBCスキー歩行の練習、戻ってきてまたゲレンデで3時間ほど練習して帰宅だが、気が変わって山頂方面にいきたくなった場合のことも想定し…
トラックバック:0
コメント:9

続きを読むread more

BC事始めは菅平スキー場練習で、翌日は四阿山 2356m に登頂:初日 2012/01/21-22

雪山にぼちぼち登るようになって、つぎはバリエーション、そしてBCスキーへと無責任にもヨクボウは勝手に膨らむわけですが、生来の捻くれた性格が災いし人様に教わるのが基本苦手ときている。独学にも限界があると知りつつも、単独の道を歩む方などのブログを読んでは、そんな生き方もあるさ、などと思ったり、北海道人の誇りはパイオニアスピリットにあり、と思…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

愛犬プーと行く久しぶりの宝登山 497m 春を探して臘梅編 2012/01/15

春を告げる花の一つに臘梅がある。通常の梅の季節は3月が中心だが、臘梅は1月には咲き出し、2月にはもう終わりを迎えてしまう。特徴はその臘細工のような花びらと、強い甘い香り。昨年庭にも一本植えてみたが、夏場に幹が枯れ、その後ひょろひょろとした枝が根元から出ていたけど、果たして今春は咲くものか?土曜日には都内に出かけ、ついに念願の?(おおげさ…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

唐沢鉱泉から天狗岳周回コース 2012/01/09

年初の武尊山でエネルギーを使いすぎ、続く三連休は今一歩山行意欲が湧かず、三日目にしてやっと雪の上を歩いて見る気に。とは言えラッセル地獄に喘ぐよりは、山頂からの眺望を楽しみたいと思い、通いなれた?北八の天狗岳に向かいました。昨年同じ時期にも唐沢鉱泉から西天狗往復しているので、今回は東天狗までいって黒百合平から下山の周回コースで、ちょっと新…
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

新編 単独行 加藤文太郎 著 (ヤマケイ文庫)

言わずと知れた単独行の加藤文太郎の手記であるが、以前2007年に読んだ版はヤマケイクラシックスの「新編・単独行」で、ベースとなっているのが二見版と呼ばれるものだったのを、今回文庫化(2010年)にあたって改訂、いくつか削除されていた寄稿が追加されている。 前回読んだときから現時点までに山をそれなりに歩き回ったおかげで、今回の読み直…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

プーと秋川を行く:広徳寺~光厳時~城山(戸倉城跡) 434.1m 2012/01/08

テント担いで本沢温泉から硫黄岳あたりをゆっくり歩こうと前日パッキングまで済ませて寝たものの、朝目覚めたときには意欲全く湧かずそのまま二度寝してしまい、次に起きた時には既に8時過ぎ。ゴロゴロしてようかとも考えたが、プーがやたら元気なので、近場で散歩のできそうな所にでかけようかと。秋川沿いは武州の面影を感じることの出来るお気に入りのスポット…
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

愛犬プーと行く高峰高原スノーシュー遊び^^) 2011/01/08

ついに書き残しの山レポが一年越しになってしまいました。ほぼ同じ時期で違和感も無さそうなのでドサクサ紛れでアップしちゃいます。昨年は年始に赤岳に登って、その翌週はプーを連れての雪遊びに出かけてきました。本当は水の塔山くらいに登りたかったのですが、プーにはちょっと大変すぎたので麓辺りでの雪遊び。 歩き始めていきなり雪に飛び込むプー^^…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

雪の上州武尊山に再訪 手小屋沢避難小屋付近で幕営 二日目 2012/1/2-3

正月早々誰も入山しない山中でテント泊とは我ながら酔狂だと思うわけですが、それに付き合ってくれるかみさんにも感謝ではあります。二人とも北海道出身なので「雪」に対する抵抗感が少ないのかも知れず、特に私は道東の田舎出身で酷いときは氷点下30度の地吹雪の中、3kmの田舎道を保育園の頃から歩いていたので、まあ多少の吹雪などどこ吹く風でもあるのです…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

雪の上州武尊山に再訪 手小屋沢避難小屋付近で幕営 初日 2012/1/2-3

昨年末の不甲斐無い上州武尊山 名倉沢ルートラッセルの結果に納得行かず、懲りずに再訪してきました。天候が今一パッとしないのが懸念材料ではあったが、無理のない範囲での山行を基本に二泊三日の準備で入山。ルートは前回と同じ名倉沢から。宝台樹スキー場を通りすごし林道除雪最終点に駐車。朝は麓は晴天で風も無く好条件。 7:00 / 1030m …
トラックバック:0
コメント:14

続きを読むread more

大晦日 登り納めはプーと行く高尾山 2011/12/31

震災と原発事故に揺れた2011年の最終日。折角のお天気なのでプーを連れて地元でもある高尾山に登ってきました。除夜の鐘の頃から元旦には初詣の人で凄まじく混雑する高尾山も、大晦日の日中はさほどの混み様でもありません。お店も神社も初詣に向けての準備で大忙しのよう、この日のハイカーにまでは気が向かないよう^^; 高尾山頂へは約3.1kmの稲荷山…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

雪の上州武尊山へ、が途中敗退 2011/12/30

谷川山系は分水嶺で言わずもがなの豪雪の山。越後の山もこの季節になると2000mクラスの山はアプローチすらままならない。比較的地理的に近い日光白根山は標高は高いがそこまでの豪雪地帯でもないのは、やはり日本海からの湿った雪雲が分水嶺を越えると徐々に消えていくせいなのだろう。武尊山は位置的にはその中間、どちらかと言えば雪は多いだろうし、実際麓…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2011年GWの山はテント泊で燕岳 二日目 2011/4/29-30

GWの燕岳続きです。初日風の強まる中何とか燕山荘まで到達、テントで一夜を過し、朝目覚めると寒くて風は強いものの、5時頃にはご来光を拝むことが出来ました。 暫らくは極寒の中、撮影タイム。槍には猛烈な風が吹き付けている。 表銀座の尾根と、槍から大キレット、北穂、奥穂へと連なる山並み。荘厳そのもの。 大天井岳。手前の大下りの…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

2011年GWの山はテント泊で燕岳 初日 2011/4/29-30

またまた時間は遡って2011年のGW。計画は燕岳から表銀座縦走、蝶ヶ岳から上高地下山だが天候は大荒れの模様。一応車の沢渡回送を依頼して中房温泉登山口に向かう。 11:30 / 1462m 登山口周辺は雪は融けているが、登山道に入ると雪が現れる。暫く腐った雪の登山道を進む。40分ほどで第一ベンチ。間もなく雪は融けてなくなりそう。 …
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

2011年のマイ・ミュージック

もう2011年も間もなく暮れようとしています。今年は東日本大震災の年として、フクシマの年として長く記憶に残る年となるでしょう。ただ自分の趣味の分野などは直ぐに記憶から消えてしまいそうなので、ブログに書き付けておこうかと。今年はコンサートに出かけたのは三回。 最初は3月5日の東京ドーム「イーグルス」。これでイーグルスを見に行くのは通…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

GWに白骨温泉と残雪の乗鞍岳ハイク 2011/5/2-3

2011年のGW前半は燕岳から常念縦走目指したものの大荒れの天候で燕岳往復で終了。その後、年中テント泊ばかりの罪滅ぼしに白骨温泉に泊まっての乗鞍ハイクに出かけることに。 5/2 - 最初は牛留池。休暇村の駐車場から木道を歩いて数分。まだ遊歩道には残雪たっぷり。 次に善五郎の滝。こちらは善五郎の滝駐車場から歩いて10分ほどで展望台…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

クリスマス連休は大掃除とダッチオーブンでチキン丸焼き!

せっかくのクリスマス三連休でしたが、体調優れずでひたすら大掃除に時間を費やすこととなりました。これで、年始年末は心行くまで好きなように過ごす事ができます^^)掃除だけでなく、散髪も済ませたし、靴磨きも完璧に。 サンタはドイツのパイプ人形、それにライク製のドイツの家の陶器コレクションを使ってちょっと遊んでみましたが、バックの写真との…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

奥多摩の鳩の巣渓谷ハイキング 2011/05/04

こちらも2011年GWの時に奥多摩は鳩の巣渓谷ハイキングに行った時の記録です。鳩の巣渓谷は奥多摩の鳩の巣から白丸湖までの500mほどで、秩父古生層が侵食によって出来上がった渓谷。翠の多摩川の流れと巨岩が美しい。 ハイキングコースとしてはもう少し上流の奥多摩駅から奥多摩湖までの間の川沿いのむかし道がお勧めだ。道祖神や馬頭観音…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

奥秩父の霧藻ヶ峰 1523m と三峯神社で里神楽鑑賞 2011/5/8

またまた時間は遡って2011年の5月です。お間違い得なく^^; 行き先は秩父の奥地、三峯神社から登る霧藻ヶ峰。雲取山への埼玉からの登山口であります。秩父から荒川を遡り秩父湖を目指す。途中に見える三峯ロープウェーは昭和14年に開業したそうだが現在は老朽化のため廃業。今はバスが日に数便三峯まで往復している。三峯神社は秩父三社の一つの古社、眷…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more