天候に恵まれた残雪期の飯豊連峰縦走 2012/6/23-25 二日目前半

昨年の飯豊連峰縦走の二日目、続きです。やや寝不足で迎えた朝、日の出前に小屋の外に出て、日の出を待つものの北東の地平線には雲があり、綺麗な日の出を拝むことならず。残念。 4時、飯豊本山への稜線。本山に少し雲がかかっていますが、概ね好天。 4:40 日の出時刻も遠く雲海が僅かに赤く染まっただけ。望遠レンズがあれば撮りようもあったかも…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ソニーのカメラに興味あり。。

久しぶりに欲しいなぁ、と思える商品が出てきた。ソニーのミラーレス一眼、アルファ7R。自分にとってこだわりのあるフルサイズフォーマット、かつ3600万画素のハイスペック。メガピクセルカメラはニコンがD800で先行、キャノンもキャノンルーモアなどでその開発の噂は絶えないものの毎度期待は裏切られている。メガピクセルセンサーに耐えられるようにレ…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

小梨平の秋 上高地でのんびりテント泊 2013/11/02-03

三連休は日曜日の夕方に娘が帰ってくるらしいこと、土曜日は仕事疲れでダッシュする気力なし、月曜日は天気悪そうだし、とあれこれ考えているうちに気がついたら土曜日の朝。と言うわけで、山に登るよりはテント持って小梨平まで出かけて散策、写真撮影をすることとしました。朝の10時過ぎに出かけて沢渡到着が1時過ぎ。上高地の梓川の畔に辿り着いたのが丁度2…
トラックバック:0
コメント:14

続きを読むread more

秋の印象: プーと行く一等三角点&好展望の守屋山 1650m 2013/10/27

週末は土曜日は大型台風の影響で全国的に雨、日曜日の回復期待で谷川山系の白毛門に行くつもりだったけども、どうも北陸は日曜日も雨、上州もその影響は避けられそうも無い。まだ紅葉の楽しめるこの時期、それならばとプーとおばあちゃんもつれて散歩がてら手ごろな山に行くことにしました。で、選んだのが諏訪湖の南に佇む守屋山。標高は1650mとそれなりに高…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

天候に恵まれた残雪期の飯豊連峰縦走 2012/6/23-25 一日目

既に一年以上放置してしまった昨年2012/6の飯豊連峰縦走の記録です。東北の大山塊、飯豊と朝日連峰はやはり縦走で歩いてみたい。となると東京西部の八王子からでは前後の日程も考えるとなかなか週末だけでは難しく、また天候も味方につけないと大遠征する甲斐が無いと言うもの。そんなことを考えているとなかなかタイミングが合わなかったのですが、この6月…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

プーと行く美ヶ原は躑躅の季節がお勧め 2012/06/30

引き続きの昨年の記録の整理です。7月、北岳へ行く前にはプーとおばあちゃんもつれて美ヶ原のハイキングを楽しんできました。初夏の美ヶ原は真っ赤な躑躅が草原を彩っていて、涼風も心地よくお勧めの場所です。 平安の昔から放牧に使われていた美ヶ原。溶岩台地の高原は夏でも涼しい風を感じることができます。 テレビ塔とホテルの建つ王ヶ頭、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

三段紅葉目指して栂池から白馬乗鞍、白馬大池へ 2013/10/13-14 二日目

栂池からの白馬連峰の眺望を楽しんだ後、白馬乗鞍岳を乗り越えて白馬大池でテント泊。前日までの疲れ、寝不足もあり日暮れとともに寝付いてしまいました。夜中に目覚めたときに外を見ると予想以上の満天の星空!それほど寒くも無く、ダウンの上にレインジャケットを羽織りカメラを担いで大池湖畔に向います。西にまだ月明かりがあり、空が十分に暗くないので、月が…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

三段紅葉目指して栂池から白馬乗鞍、白馬大池へ 2013/10/13-14 一日目の2

7時半に栂池自然園 1860m を出発して、まっしぐらに標高2010mの展望湿原を目指し、到着がほぼ9:00、自然園からの距離2.2km、標高差150m程度、一時間半。歩いている途中までは白馬に山頂は綺麗に見渡せていたのに、展望湿原に到着した頃にはガスに包まれてしまっていました。あと15分でも早ければ。。。と嘆いても仕方がないし、山頂以…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

三段紅葉目指して栂池から白馬乗鞍、白馬大池へ 2013/10/13-14 一日目の1

三連休の初日はどう天気図を見ても撮影向けの天候にはなりそうもなく、二泊の山行は断念。そのかわり日曜の朝にアルプスには雪が降りそうだったので紅葉撮影も兼ねて、栂池から白馬乗鞍を越えて白馬大池でテント泊、翌日は気分次第で白馬岳に登って雪渓を下るか、そのまま引き返すか決めようとのプランを採用。紅葉の時期は幸いにもゴンドラが朝の6時半から運行、…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

秩父札所:秩父三十四ヶ所観音霊場巡礼 2013/10/06

天気も冴えないので久しぶりにプーもつれて家族で秩父の札所巡りに出かけてきました。ここ数年かけて未だに結願していないという超スローペース。平安の昔より続くと言われる観音信仰、秩父三十四箇所は、西国三十三所、坂東三十三箇所と合わせて日本百観音と呼ばれ、結願寺は秩父三十四札所の水潜寺。結願の後、長野善光寺に詣でるのが作法とか。 札所二十…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画「奇跡のリンゴ」

シンガポールへの出張の機内で見た映画「奇跡のリンゴ」。今のっている俳優、阿部サダヲさんの主演で、岩木山の麓で無農薬リンゴ栽培に挑戦した人のお話です。 途中村八分に近くまで周囲の無理解と反発に耐え、最後には自殺を考えるほどまでに追い詰められてしまう。十一年目にしてやっと岩木山を背に白いリンゴの花が咲き秋には実がなることができたのです…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

草紅葉に燃える尾瀬 燧ケ岳 2356m 2013/09/28-29 二日目

前日に御池から燧ケ岳に登り、見晴新道から見晴のテント場でテン泊。翌早朝の尾瀬ヶ原での撮影が今回の山行のメインイベント。撮影を主目的にしたので三脚と、レンズは尾瀬ヶ原をイメージして広角ズームと標準ズームを運んできた。さすがに望遠までは運べないのでそちらは割愛。もう秋分の日を過ぎているので日の出も随分と遅くなり、朝に弱い自分にとっては助かる…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

草紅葉に燃える尾瀬 燧ケ岳 2356m 2013/09/28-29 一日目

赤城山登山のあと、相方が帯状疱疹を患い山行は大休止。やっと9月の最終週末になって回復、一ヶ月ぶりに山歩きに出かけることにしました。紅葉にはまだ早い時期なのでどこに行くかいろいろ迷いましたが、久しぶりに写真撮影にも没頭できる尾瀬を選択。尾瀬には何度も足を運んでいますが、今回は今までアプローチに使ったことのない御池からまず燧ケ岳に登頂、見晴…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

キタダケソウを目指して: 北岳テント泊 2012/7/15-16 二日目

昨年夏の北岳続きです。この9月の三連休はかみさんが月初から帯状疱疹を患ってしまったのと、先週会社で悪性の風邪をもらったこともあり自宅休養。日、月で久しぶりにソロで光岳行こうかとその気になったら、赤石林道通行止めでアウト。二日寝て、今日は庭のバラ剪定、肥料やりと庭いじりで終了です。それはいいとして昨年の北岳。 前日は左俣から北岳山荘へ。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

キタダケソウを目指して: 北岳テント泊 2012/7/15-16 一日目

昨年夏の北岳山行記、ほぼ一年回って季節感のずれも少なくなった?この時は芦安で広河原行きのバスに乗り換えますが、激混み。早朝にも関わらず車は付近の路上に溢れ返り、バス乗り場からやや離れた場所に駐車。バスも始発からは第二グループに乗り込み、広河原着が6:40位。 広河原から山荘経由で大樺沢を遡上。前回は右俣から肩ノ小屋に上がったが…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

映画「アルゴ」 Argo, Fuck yourself!

映画アルゴの感想。最近の歴史認識の違いを理由にした日中韓の対立に繋がる「歴史の認識」の難しさを提起する映画でもある。主題は1979年イラン革命時に人質となったアメリカ大使館員のCIAとカナダ政府の協同による救出作戦を描いている。映画の冒頭で触れられているように、イランの西欧、特にアメリカ憎悪は第二次世界大戦後のナショナリスト首相モサッテ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

プーと行く晩秋の菜畑山(なばたけうら) 1283m 2012/12/09

書き残しの山行もあともう少し。この菜畑山は道志にある山で、「なばたけうら」と呼ぶ山梨百名山の一座。道志の湯に入る分岐付近に登山口があるようですが、川原畑から林道に入ると、養豚場を抜けて狭い未舗装路をTVアンテナ塔の建つ地点まで一気に高度を上げることができます。この季節は狩猟解禁されているので、こういう山域は注意が必要。どんつきは多少広く…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ちょっと雪山を楽しむつもりで 南八ヶ岳の天狗岳 2013/2/23-24 二日目

前日はあれだけ穏やかで、青空も楽しめたのに、一晩明けて見ると様相一変。降雪とそこそこの風でかなりの悪条件。日の出前の5時45分頃に出発、中山峠に着いた所で再度装備の確認。 夜半に降った雪で前日のトレースは消えかかっていて、しかも本日一番乗り。樹林帯を歩いている間は風もさほどではないものの、樹林帯を抜けて急斜面にかかると強風に吹きっ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ちょっと雪山を楽しむつもりで 南八ヶ岳の天狗岳 2013/2/23-24 一日目

4月の鳳凰山テント泊から遡ること2ヶ月、南八ヶ岳の東天狗岳の山行記録です。この蒸し暑い台風の季節に雪の時期の話というのは相当に違和感ありますが、記録だけは残しておきたいので。。行程は黒百合平でテント泊、翌日の出前に天狗岳へ。当初は深く考えることなく唐沢鉱泉へ向ったものの、1月中旬で冬季休業の鉱泉への道の除雪などしているはずもなく途中で通…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

春山へ 残雪の鳳凰山 2013/4/13-14 二日目

引き続き4月の鳳凰山のレポです。穏やかな南御室小屋テント場での一夜を過し、翌日は日の出前に装備を整え出発。まだ暗い樹林帯の急な斜面を白い息を吐きながら登っていきます。いくつかの尾根上の踊り場を過ぎ高度を上げると間もなく花崗岩の巨大な岩が転がっている地点に到達、樹木と岩の間から南アルプス本峰の山並みが見えてくる、すると森林限界はもう間近。…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

春山へ 残雪の鳳凰山 2013/4/13-14 一日目

ちょっと書き残しの山ブログに取り組みたいと思います。思い出の山行で書いてないのは昨年2012年6月の飯豊連峰縦走。その前にいくつかを。2013年前半はあまり山に向えなかったのですが、その少ない山行の」ひとつが4月の鳳凰山。鳳凰山から眺める北岳バッドレス、南アルプスの山並みは大好きな風景であり、格好の被写体。この日はテント装備に5Dに標準…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

プーと行く赤城は地蔵岳 1674m 2013/08/25

赤城山は2007/12に黒檜山、駒ケ岳に登って以来、今回は久しぶりにプーとおばあちゃんも一緒にちょっと低めの地蔵岳を歩いてきました。ちょうどこの日の午前中に赤城山でマラソン大会があったようで、多くの見物人とランナーで賑わっていました。 今回は赤城山ビジターセンターから覚満淵、鳥居峠から小沼(この)、八丁峠、そして地蔵岳、見晴・白樺…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

高瀬ダムから新穂高まで裏銀座縦走 2013/8/14-17 四日目 鏡平を経て下山 

裏銀座縦走四日目は、双六小屋キャンプ場から鏡平経由で小池新道を新穂高温泉までの下山ルート。平坦な寝床の得られた双六キャンプサイトは快適でゆっくり眠れ、疲れもさほどでもない。帰路は出来るだけ早く渋滞を避けて中央道を八王子に戻りたいのと、日の出前後の槍・穂高を眺めたく日の出前に出発。日の出前では食欲も無いので、コーヒーだけ飲んで朝食は鏡平で…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

高瀬ダムから新穂高まで裏銀座縦走 2013/8/14-17 三日目 三俣蓮華岳

裏銀座縦走三日目の朝は雲ノ平キャンプ場。朝日が遮られる窪地にあるので日の出は拝めない。この日は祖父岳の分岐から黒部源流に降り、三俣山荘、三俣蓮華岳へ登り双六のキャンプ場まで。前日は夕方から小雨がぱらついものの、朝にはすっかり晴れ上がって本日も好天のアルプス歩きが満喫できそう。3時過ぎから早出の人たちでざわつき始めてからもウトウトし続け、…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

高瀬ダムから新穂高まで裏銀座縦走 2013/8/14-17 二日目 野口五郎岳

縦走二日目。3時過ぎに起床、軽く食べてテント撤収。体調概ね良好。今回は残念ながら年々低下する体力に合わせ行った荷物の軽量化が功を奏した模様。とは言え何か登山用具を買い換えたわけでもなく、単に持っていくのをやめただけ。 GPS無し(なので予備のバッテリーも無し)、三脚無し、望遠/広角ズーム無し、テント、フットプリントカバー無し、着替…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

高瀬ダムから新穂高まで裏銀座縦走 2013/8/14-17 一日目

七倉から船窪~烏帽子岳を歩きブナ立尾根から下山したのが2011年9月。今年はその時に歩き繋げられなかった烏帽子から水晶方面への通称、裏銀座通りを歩いてみることに。フェイスブックでフォローし、山情報を拝見している野口五郎小屋にも泊まってみたかったが、高瀬ダムからブナ立、烏帽子通過し野口五郎小屋まで歩くのは体力的に不安あり、やはり初日は尾根…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

4年ぶり花の白山へ 2702m 2013/08/4-5 その二

白山初日は別当出合から南竜ヶ馬場に登ってテント設営、青空も出てきたので竜ヶ番場の湿原をカメラ片手にブラブラ散歩。ここでもコバイケイソウが見事に咲き誇り、庭園のような景観を作り出している。 ピンクの絨毯はハクサンコザクラ。 ニッコウキスゲも イワイチョウ 広がる夏空が気持ちよい。この周辺にはアオモリトドマツの林があ…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

4年ぶり花の白山へ 2702m 2013/08/4-5 その一

今年は多忙に付き夏休みもまとめて取れそうも無く、細切れでの取得。前半は以前5月の残雪期に登った白山に花のこの季節に再訪。自宅から安房トンネル経由で往復760km、東海北陸自動車道から中部縦貫道が高山まで延びており、賛否はともかくアクセスは徐々に改善している。市ノ瀬からバスに乗り換え別当出合下車、砂防新道から登山開始。 10:10 …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

5年ぶり ハクサンコザクラの咲く火打山 2462m 2013/07/27-28

早い7月上旬の梅雨明け、そしてそれから悪天の連続。。今年は今の所 山屋にとっては外れの夏となっている。この週末も半ば諦めていたものの、土曜日の朝に起きると日本海側にもお天気マークがわずかながら出ていたので急いで妙高高原へむけて出発。自宅から約260km、9:40出発で13:10笹ヶ峰到着。妙高高原ICを降りた頃から雨が降り始め、笹ヶ峰の…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

北沢峠で避暑キャンプ&アサヨ峰 2799m 2013/07/13-14

富士山登山の翌週は猛暑の続く平地を逃げ出し、のんびり北沢峠2000mで避暑キャンプに出かけました。夏季連休などが重なると仙流荘から北沢峠へのアルプスバスは臨時便が良く出るので、バス時刻表のみを信じないほうが吉。この日も翌日の帰りも臨時便の恩恵に預かりました。 さて、北沢峠。混んでいるとは思ったもののここまでとは。。まさに足の踏み場…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

会社の仲間と世界遺産 富士山へ 2013/07/06-07

七月最初の週末はドイツから出張中のマッテン氏と会社の仲間を引き連れて富士山へ。会社の仲間は本格登山初めての超初心者なので、自分の持ち物を可能な限り貸し出し装備は準備、ゆっくり登れるように十分な時間を見込んで出発。残念ながら山頂付近は強風とガス、低温で悪条件。それでもなんとか無事に冨士の浅間神社にお参りできて良かった。 夜の8時半に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

上高地から蝶ヶ岳 2677m 2013/06/22-23 二日目

夏バテでブログ更新追いつかず。。いやそれ以前からかなり不定期更新になっています。PCのスピードが遅いのも原因。。さて蝶ヶ岳。標高は2677mなので、徳沢からだと1100m強の高度を稼げば山頂。ただ長塀尾根は6kmの長い尾根ルートなので結構大変です。2300m以上には残雪も多く、ルートが分かり難いところもあったりと、以前3月に登った時の記…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

上高地から蝶ヶ岳 2013/06/22-23 一日目

4月に鳳凰山に登って以来の久しぶりのテント担ぎ。初日は上高地から明神池ルートを歩いて徳沢へ。梅雨時期らしく、上高地に着いた途端に雨が降り始める。小雨ならではのみずみずしい写真が取れたので良しとしましょう。鮮やかな緑と蓮華躑躅。 明神近くの豊かな水ノ流れ。 明神池の畔に立つ嘉門次小屋。明治期日本のアルピニズムの歴史の生き証…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

レ・ミゼラブル

久しぶりに、これは!と思えた映画。「レ・ミゼラブル」。ユーゴーの小説は邦訳で何度か読んだ記憶があるものの、これでもかと追い詰められるジャン・バルジャンの悲惨な境涯のみがイメージとして残っていただけ。 ヒュー・ジャックマンとラッセル・クロウを中心に、アン・ハサウェイがフォンティーヌを演じるキャストは実に素晴らしい。ミュージカルとして…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

トゥルース 闇の告発 The Whistleblower 2013/02/17

まあ、なんとも胸の締め付けられる映画です。最近は余り重い映画は気乗りせず、お気楽ものを楽しむことが多いのですが、久しぶりにショッキングな映画でした。戦火に荒れたボスニア周辺国では少女の人身売買 Human Trafficking が横行、ボスニアの国連平和維持軍に派遣されたアメリカの女性警官(レイチェル・ワイズ)が人身売買で売られてきた…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

バラ栽培日誌 2013/02/17

久しぶりにストレッチとジョギングで鈍った体をいじめたら、悲鳴を上げている。情けない話。空は青いが空気はまだまだ冷たい。それでも影は少しずつ短く、日照時間も長くなってきている。こんな日はのんびり庭弄り。春の準備には丁度良い。プーもお手伝い。 芝生は一時雑草に完全占拠されていたけど、二年の時間をかけてやっと復活。プーと猫のココ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

中里介山 「大菩薩峠」 甲源一刀流の巻 2013/02/17

会社でドイツチームとの共同プロジェクトを進めてる関係で山へ行く時間と余裕がない。インフルエンザですでに数日を無駄にしてしまったし、これ以上体調を崩すリスクをとることも無責任のそしりを免れないし。。と言うわけで大人しく開放される日を待つのはなかなか辛いものです。 最近読んだ「大菩薩峠」の第一巻。アマゾンのKindle本で無料配布され…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

プーと行く八王子最高峰 醍醐丸 867m 2012/12/08

昨年末の山記録です。陣馬山でもプーと散歩してこようと思い、車で和田峠へ。いざ和田峠に降り立ったら気が変わって、もっと静かに散歩できそうな、陣馬山と反対方向の尾根に向ってみることにした。最初は林道歩きで、途中から2010/07に登った生藤山へ続く登山道へ。最初の急登をこなし尾根上に上がると、苔むした祠が路傍に佇んでいた。和田峠先の陣馬山は…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

プーと行く八王子城跡マイナーコース 556m 2013/02/04

インフルエンザもほぼ完治したよう、とは言え無理をして翌週の仕事に支障が出ても困るので久しぶりに近所の八王子城跡にいつもの3人と一匹で出かけてきた。八王子城跡は北条氏照の山城の跡で、1590年の秀吉の攻撃で落城した悲劇の城。落城の際、御主殿にいた女子供、家臣の多くが自刃、身を投げた城山川の水は三日三晩赤く染まったと言い伝えられている。10…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

インフルエンザにつき山歩きは開店休業中。。

記憶に無いくらい久しぶりにインフルエンザに罹ってしまった。もう先週の土曜日から発熱と、体のだるさ、頭痛に悩まされ続け、その間、日曜日には法事、火曜日には無謀にも大阪日帰り出張。もっともこの時点ではまだただの風邪だとタカをくくっていたのですが。。マスクはしていたもののウィルスに手を貸してしまったようで申し訳ないことをしてしまいました。余り…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

プーと行く相模湖八景、関東百名山の一座 石老山 694.3m 2012/11/18

晩秋、冬季にお勧めの低山 石老山。相模湖八景に選ばれ、関東百名山の一座でもあるとのこと。石老山登山口バス停から相模湖病院まで進み、奇岩怪石の立ち並ぶ登山道を顕鏡寺に向かって登って行く。麓の集落いは日本の農村風景がまだ残っているように感じた。病院の傍らに広小路と大きな標識が立てられてる。ここはかつて顕鏡寺の総門があった場所で、参拝者で賑わ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

浅間山荘から雪の浅間山(前掛山) 2524m 2012/12/02

昨年12月始め、久しぶりに初冬期の浅間山は前掛山に登ってきた。前回は2007年の11月中旬だった、少なめだが季節の早い雪の中の登高。その後浅間山は小噴火を起こし、危険レベルが引き上げられていた時期もあったがこの所は落ち着いていて前掛山まで行けるようになっている。スタートは天狗温泉、浅間山荘前から、日の出時刻の7時15分出発。標高1400…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2013年のスキー初め 四阿山 2354m - 2013/01/20

冬休み明けから早々ドイツからの出張者が二週間、やっと開放されての週末。流石に土曜日は気力不十分、回復した日曜日に久々にフィールドに出てみることに。アイゼン使って歩くか、スキーにするかと迷ったものの、練習兼ねてスキーを選択。分水嶺の山方面はお日様は期待出来なさそうなので、ほどほどの雪と青空確率の高い菅平方面へ。昨年BCスキーで初めて山を滑…
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

プーと行く高尾山 山始め&リハビリ歩き 2013/01/05

2013年の年始年末はインドアなお休みとなりました。かみさんの体調が思わしくなかったことと、寒気が強すぎて高所に行くのは憚られたからでもありますが、まとまった時間を自宅で過したかったこともあります。 休みの最後に少しだけ体を動かしに高尾山へ。プーとプーのおばあちゃん、おかあさんも一緒に。白内障の術後間もないおばあちゃんと体調不完全のお…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

なかなかGoodなLEDデスクライト

ステマではないけれど最近買った「自然光LEDデスクライト」。読書、リラックス、ナイトモード等、5段階調光もあって好みの明かりが簡単に得られる。LEDもあっと言う間に実用性が高まり、コストも下がってきたようで驚かされる。山用のLEDヘッドランプも照度性能の改善著しいし。販売ははボディバランス研究所、おおもとは(有)ドリームチームという健康…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ダイエットな日々

昨年のクリスマス直後、体重計を見てさすがにうんざり。66kgはかつてない体重の増加、手持ちのスーツやパンツのウェストが明らかに苦しくなってきている。と言うわけで始めたダイエット。何か特別するわけでもなく、とにかく食べる量を炭水化物は1/3にすること。これだけを心がけ、お腹一杯には絶対食べず、夜の甘いものも我慢我慢。。。3週間で62.9k…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

iPadな生活 2013/01/14

すっかりアウトドアから遠ざかり、インドアライフに浸って早1ヵ月近く。今日は成人の日でお休みのはずが、先週今週と会社のプロジェクトでドイツ人が二人も遠征してきているので出勤することに。ところがの爆弾低気圧の影響で関東広域で久しぶりの大雪。半日働いただけで、電車が止まる前にさっさと帰宅、それでも鉄道は混乱の最中で乗り換え含め無駄に時間を浪費…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2013年明けましておめでとうございます^^)

今年の年末年始はどうも山には縁が薄かったようで、毎日掃除やら庭いじりに勤しんで過ごしている。こんな年は何年ぶりか…庭はバラの選定から元肥をたっぷり全部のバラ、まだ40本以上のバラにあげて春に向けての準備は終了。これだけ丁寧に準備をしたのは久しぶり、春の楽しみが大いに増えました。芝生は一時は雑草に占領されるも一年以上かけて少しずつ復活、こ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ドイツ人の友人と上高地~岳沢散策 2012/11/10-11

この週末は仕事で来日していたドイツ人の友人を引き連れて上高地に。日本の大自然の景観としては海外にも自慢したい一つが上高地。穂高が雲に覆われているとどうしようもないけども、それは山であればどこに行っても同じだから天気図を信じて行くしかない。この時期は上高地も閉山間際で静かさが戻ってきているのも良い。沢渡からタクシーで上高地に入ると真っ青な…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

宝永山 2693m 宝永大噴火の傷跡 2012/11/04

富士山の最も最近の大噴火が1707年11月の宝永大噴火と言われるものです。この噴火の49日前には東海沖及び南海沖の宝永大地震が発生、死者二万人以上、津波で二万以上の家屋が流されたと言われており、規模としては東日本大震災と同等の被害をもたらしている。この南海トラフを震源とする地震がその延長線上にある富士宮に繋がる活断層を刺激し、富士山のマ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more