クリスマスは早くも厳冬期の八ヶ岳撮影山行 2899m 2014/12/22-23 #3

この時の赤岳山頂は、時折強風が吹きつけ抜けていくものの、思ったよりは穏やか。カメラが三脚ごと吹き倒されるような心配は少なかったと記憶します。三脚と言えば、山へ行くと毎度トラブルやら失敗がつきものなのですが、今回はジッツォの三脚ポールが一本すっぽ抜けるトラブルが発生。ポール内のストッパーが外れてしまったためのようで、ロックそのものは効くので使用上問題はなかったものの、いずれ修理に出さなくてはいけません。
さて山頂から再び阿弥陀岳。阿弥陀岳が2805mと約100m低いので見下ろす感じになります。左に阿弥陀南稜が延び、右にカーブした先が立場岳。諏訪湖、富士見パノラマのスキー場と入笠山、背後に中央アルプス。御嶽山には雲がかかっているようです。
画像

少し左にカメラを振ると、立場川本谷と地獄谷を両側に、権現岳へのキレット、支尾根が続きます。権現岳の左に三ツ頭、右にギボシとちょっと奥にまあるい編笠山の山頂。三ツ頭から権現岳へは震災後山登りを再開した最初の山だったのである種の感慨が沸いてきます。背後には北岳、甲斐駒、仙丈ケ岳が綺麗に見渡せます。
画像

富士山は飛ばして、東に目を転じると、足下に真教寺尾根と大門沢、県界尾根。まだこちらから登った事がないので、今年はどちらかのルートを辿ってみたいものです。ちなみに真教寺尾根上の小ピーク、牛首山は2007年に偶然登り、その後登山に熱中するきっかけとなった場所。そう考えるとやはり今年は牛首を越えて、真教寺尾根を登るべきか。
画像

反対側の西方には遠く穂高連峰。大キレットや槍ヶ岳のピーク、三角錐の常念岳などがはっきりと視認可能。
画像

阿弥陀岳。見下ろすポジションだと、空はカットしたほうが高度感と迫力が表現できる気がします。
画像

ピークには立てたので、メインの目的の中山展望台まで急ぎ下ります。静かだった山頂も登山者の姿が増えてきました。
画像

赤岳頂上小屋前から、眼下に展望荘、横岳方面。西方から吹き上げる迫力あるガス、強風吹きすさぶ山岳風景。
画像

山頂を下り、赤岳展望荘へ。日ノ岳、鉾岳の岩峰、左に硫黄岳。画面中央を左下に延びる支尾根が地蔵尾根。そこが下山ルート。
画像

地蔵ノ頭へ。赤岳山頂を振り返る。
画像

地蔵ノ頭から下降ルート。
画像

画像

途中の梯子のかかった箇所は雪に覆われ、雪面を下降。降り切ると中岳、阿弥陀岳が綺麗に見渡せます。
左上方に延びる文三郎尾根、阿弥陀岳北稜、北西稜も明瞭。
画像

見下ろすと、行者小屋、中山乗越の向こうに赤岳鉱泉、峠の左上の禿げ地が撮影目的地の中山展望台。その先の丸い山頂の山が美濃戸中山。
画像


中山展望台へ続く #4。
http://79476925.at.webry.info/201501/article_4.html
初日#1へ。
http://79476925.at.webry.info/201412/article_5.html
2009/11の赤岳。
http://79476925.at.webry.info/200911/article_5.html
2007/10の赤岳~硫黄岳縦走
http://79476925.at.webry.info/200711/article_5.html

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 46

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

2015年01月22日 15:35
本当に良く雪山を登りますね。
さぞかし、疲れるでしょうね。

自分など、積雪20cm程の山道をカメラザックを
背負って20分程歩くだけでくたくたです。
こんな時はハンスさんのブログを思い出して
歩いています。尊敬します。
2015年01月22日 22:03
tomoさんの星景撮影技術のほうが尊敬です。山中湖での星の奇跡撮影は惨敗でした^^;

この記事へのトラックバック