夏の尾瀬 アヤメ平から見晴、至仏山 2014/07/12-13

6月末から7月はじめ目にかけて一週間ドイツ、オランダ出張。これで前後の週末は潰れ山からは足が遠のいてしまいます。その後、何とか露の間の晴れ間が見れそうな7/12-13、初夏の尾瀬に出かけてきました。
またまた詳細は後日ということで、写真を数枚でハイライトのみお伝えします。

戸倉には7時半着も第1駐車場ゲート手前で満車、第二駐車場へ移動してバスで鳩待峠へ。大勢の人で賑わっているがほとんど向う人の無い富士見峠を目指して夏空の広がる鳩待峠1591mを8:30出発。前日までの雨で蒸せるような湿気に満ちた緩傾斜の樹林帯を登っていくと、70分程で横田代1860m。10:25中原山1968m通過、その先が目的のアヤメ平。群生するキンコウカをアヤメと間違って名付けられたアヤメ平、昭和30年代に雲の上の楽園と呼ばれ大勢の登山客で賑わったが一方で湿原は破壊されてしまう。40年代からの復元の努力が実り半世紀後の今はまた素晴らしい景観で我々を楽しませてくれるが、自然保護には予防が重要であることを教えてくれる一例でしょう。
青い空と碧い池塘の水面、白い雲と至仏山、残雪の山も見えます。画面にはワタスゲ少ないですが、湿原はワタスゲが一面を覆い、タテヤマリンドウやらチングルマ他高山植物も豊富です。久しぶりにPCLフィルター+キャノン16-35mm。
画像

平ヶ岳と景鶴山方面。
画像

暫し撮影を楽しみ、大きな山小屋の建つ富士見峠1883mへ、鳩待峠から6.3km。このまま尾瀬沼へ山伝いに歩きたかったものの時間が足りず少し戻って尾瀬ヶ原の竜宮へ下降4.2km。
竜宮周辺は好きな撮影スポット。ニッコウキスゲが池塘周辺にほとんど咲いていなかったのが残念だったが、瑞々しい緑の尾瀬ヶ原とヒツジグサの浮かぶ池塘の藍がすばらしい。
画像

竜宮から見晴まで1.6km、見晴のキャンプ地はそれなりに混んではいるものの、広々としていて水も豊富、トイレも綺麗、小屋でお風呂も入れると快適。快眠後の翌朝は曇りがちで朝日の景色には遭遇できず。4:20至仏山に向けて出発。朝靄の中にカキツバタの群落、紫の花がひっそりと咲いています。
画像

竜宮でまた撮影、その後中田代へ。春には水芭蕉で素晴らしい景観を楽しめるこの場所、この時にはニッコウキスゲとカキツバタが沢山咲いていました。
画像

見晴から6.0km、約二時間で山ノ鼻、1400m。至仏山2228mまで2.9km。登山口6:50、樹林帯は猛烈な湿気、1700m越えると森林限界に達し、風が心地良くなる。天気は下り坂の模様。ツアー団体が4グループで列になっているので大渋滞。。まあ、こちらも久しぶりのロングウォークでへばっており、急ぎたくないから丁度良い。
画像

山頂に近づくにつれ風が強まり、雨も降り始める。3時間程で山頂、当然ながら人だらけ。小休止の後、下山開始。蛇紋岩の山、至仏山のトレイルは非常に滑りやすく、雨が降っていると更に神経を使います。小至仏山の先の斜面には高山植物のお花畑が広がっています。オゼソウとコイワカガミ、ハクサンイケゲ、チングルマが多い。
画像

雨の降る下山道を急ぎ進み、13:20鳩待峠到着、至仏山から5km。2日間の歩行距離は28kmでした^^)
画像


2013/09 秋の燧ケ岳。
http://79476925.at.webry.info/201310/article_1.html
2012/10 秋の至仏山。
http://79476925.at.webry.info/201210/article_8.html

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 115

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
かわいい かわいい かわいい

この記事へのコメント

2014年07月21日 10:36
いや~!
素晴らしい景色、
空を湛えた池、広角レンズに有り余る雄大さ・・・
九州の尾瀬(樫木原湿原)とは格が違いますね(笑)・・・当然のことながら。。。
PCの前にて素晴らしい風景をありがとうございます。
2014年07月21日 11:00
おはようございます。
懐かしい尾瀬の風景、久し振りに堪能させて頂きありがとうございます。
若かりし頃、何度となく通いました。
その頃の、あやめ平は、まだ、まだ、復旧段階でした。
完全復旧までには、まだまだ、遠い道のりでしょうね。
2014年07月22日 15:23
夏の尾瀬、すばらしいですね。池塘のある風景好きです。
7~8年前の10月末かな、竜宮小屋に泊ったことがあります。
畳が新しくて、お風呂もあってトイレもきれいでした。
新潟地震の余震が来て、小屋は翌日閉鎖になりました。
雪が降り、木道が凍ってスッテンコロリン、アイゼンがなかったので至仏山は諦めたことがあります。
先週行った火打・妙高の「天狗の庭」「黒沢池」の湿原もよかったですよ。
すてきな写真をありがとうございます。
2014年07月23日 21:39
今晩は!
尾瀬、いいですね~えっ!
何がいいって、写真がとてもきれいで引き込まれそうです。
また行ってみたくなります。
2014年07月24日 22:27
ちーぼうさん、こんばんは。数日病気で臥せっており遅くなりました。九州の山歩きには挑戦したことが無く、余裕が出来たら是非出かけて行きたいと思っています。ちーぼうさんの幽玄の世界は素晴らしいですね、とてもまねできません^^;
2014年07月24日 22:39
We-Keawさん、こんばんは。アヤメ平でお会いした方は半世紀ぶりの尾瀬との事、同行の方が「じゃあ、破壊した人だ」とおっしゃられて大笑い、ご本人も苦笑いされていました。アヤメ平の復元は90%以上という感じでしょうか。かつての傷跡は気にならないほどに素晴らしかったです^^)
2014年07月24日 22:54
かっちゃんさん、こんばんは。10月末の尾瀬は寒かったでしょうね。凍結した木道は最悪、アイゼン付けるわけにもいかず、スパイクでも木道傷つけるので、どうしようもないですね。火打・妙高のブログも楽しみにしています^^)
2014年07月24日 22:57
山ちゃんさん、初日は夏空に恵まれて爽快な尾瀬歩きが楽しめました。アヤメ平の本来の花名、キンコウカはまだ咲いていませんでしたが、山ちゃんさんのブログで楽しませて頂きました^^)
803
2014年07月28日 13:22

尾瀬の素晴らしい景色を観させていただきました。
6年ぐらい前の8月に至仏山に登りました~その頃山歩きを始めたばかりで 途中 軽い高山病になりましたが 休憩を何回もとって、頂上に辿り着き とっても嬉しかった想い出があります。
こちらの写真を拝見して 当時を思い出しました~/^^\

この記事へのトラックバック