プーと行く青梅七福神めぐり 2011/01/16

昨年一月の青梅の七福神巡りの記録です。お正月の期間に巡るのが普通だそうですが、ちょっと遅めの七福を求めての散歩。

<1>最初は玉泉寺の弁財天(福徳財宝・家内和合)。インドが起源の水、音楽の仏神で、芸道富有の福徳を授ける神様と言われ、水の神様ゆえ、水辺に祭られることが多いそう。
画像

画像

弁財天。本尊は良く見えないけど、左下に琵琶を抱えた別の像も安置されている。
画像

薬師堂もなかなか立派。
画像

<2>宗建寺の毘沙門天。インドのヴァイシュラヴァナ、悪魔降伏の仏神。中里介山著「大菩薩峠」で義賊として有名な裏宿七兵衛の墓もある。
画像

画像

<3>延命寺の大黒天。ヒンズー教の戦闘神シヴァの化身。五穀豊穣の神様。頭巾は「上を見るな」「謙虚であれ」という教えを表し、足下の二俵の米俵は「欲をかくな」「二俵で満足せよ」という戒めを表している。
画像

画像

福槌。これをゆっくり振って福を出す!プーに福があるように。
画像

<4>成田山清宝院の恵比寿。七福唯一の日本出身の福神。安置されている恵比寿尊は深川木場関係者に昔から信仰されていたものだそう。
画像

画像

<5>聞修院の寿老人(長寿・富貴・招福)。。中国の老子が天に昇ってなったという仙人の姿。
画像

画像

プーの曲芸、薄氷乗り!
画像

<6>明白院 の福禄寿(福と禄と寿)。星神、寿星、南極星の精・奉山府君を人格化した神。寺前の玉垣しだれの梅の古木が見事。
画像

画像

画像

<7>地蔵院の布袋尊(知恵・福徳)。中国・唐の時代に実在した僧「契此(かいし)」がルーツ。
画像

画像

画像

画像


と言うわけで、ご利益が2012年にも続きますように^^)

参加してます。参考になりましたら是非クリックを
画像

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村 写真ブログ 山・森林写真へ

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

ナイス ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック