中央アルプス北部縦走 空木岳 2864m 2010/9/4-5 一日目

この9月の初旬、以前から歩きたかった中央アルプスの北部稜線。1泊2日で無理なく?歩けるルートということで出かけてきました。秋の千畳敷近辺の混雑は一度経験済みなので、まあ夏なら大丈夫かと。駒ヶ池の駐車場には6:30くらいに到着、比較的バス停の近くに停められて順調かと思いきや、シラビ平の駅では建物の外まで列が伸びており、30分以上ロス。そんな落ち込んだ気分も千畳敷から宝剣岳の白い岩峰群と真っ青な青空を見ると吹き飛びます。
画像

8:30 / 2650m 駒ケ岳神社に安全を祈念して千畳敷を出発。
画像

9:00 極楽平。いきなり標高の高いところから歩き始めたせいか、息が上がる。
画像

9:15 / 2858m ゆったりと島田娘ノ頭(しまだむすめのかしら)まで登っていきます。
画像

振り返ると中央に宝剣岳、右に伊那前岳、左に木曽駒ケ岳、ずっと後に乗鞍岳がみえます。絶景かな
画像

御嶽山の堂々とした山容。
画像

前方には左手前に檜尾岳、後方に右から熊沢岳、南駒ケ岳、空木岳と三つのピークが並んでいる。
画像

島田娘ノ頭を一気に下降。左後方に宝剣岳から伸びる尾根上にある三ノ沢岳。
画像

10:25 / 2724m 濁沢大峰(にごりさわおおみね)のピークには何も書かれていない山頂標識が立っていました。
画像

岩峰の痩せた稜線を通過すると、檜尾岳に向けてまず鞍部に再度一気に下降。檜尾岳の山頂の左に檜尾避難小屋が見えます。
画像

鞍部へ下降して少し登り返してから振り返る。なかなかな急斜面。
画像

12:05 / 2728m 広々とした檜尾岳山頂。このゆったり感はなんとも言えず素晴らしい。東には避難小屋と遥か南アルプス。
画像

画像

進行方向を見ると、またまた一旦下って、台形状の大滝山を過ぎて、大岩を頂いた熊沢岳のピーク、そこから右に熊沢5峰と呼ばれるギザギザの稜線を左に進み、写真一番左が東川岳、そこから一気に下ると木曽殿乗越となる。
画像

檜尾岳を下って振り返る。檜尾岳、濁沢大峰、島田娘ノ頭、その向こうに木曽駒ケ岳まで視界に入る。美しい中央アルプスの稜線です。
画像

前方は急斜面の大滝山への登り。
画像

大滝山の山頂稜線まで登りきって振り返る。
画像

12:55 / 2708m 大滝山。手前の平坦地から、大滝山ピークと、熊沢岳。大滝山と熊沢岳の間は当然ダウンして再度アップ、岩稜帯で鎖場も出現。アップダウンにうんざりしてきた身に重くのしかかる。疲れすぎて写真も撮ってません。。
画像

14:00 / 2779m 大岩がゴロゴロした山頂にやっと到達。結構沢山の人が休息中。もうクタクタです。千畳敷からここまで5時間半。
画像

15:35 / 2671m 熊沢5峰のピークを小刻みにアップダウンしながら、ガスの上がってきた稜線を進むとやっと東川岳の山頂。この間は基本岩石帯とハイマツのミックス。このあたりは東側が鋭く切れ落ちており覗き込むと結構ヒンヤリしてきます。。
画像

16:20 / 2500m 東川岳からまさにざれ場の急降下、間もなく木曽殿乗越、木曽殿山荘に到着。 空木岳の避難小屋が当初の予定でしたがここでギブアップ、お願いをして食堂の片隅に寝場所を提供頂く。布団一枚に二人で。。そんな人たちで食堂はほぼ一杯に^^;
画像

画像

小屋の外で夕食、水は義仲ノ力水を汲みにブラブラと小屋から10分ほど。こんな感じの水場です、ご参考までに。
画像

画像


中央アルプス縦走二日目はこちら。
http://79476925.at.webry.info/201010/article_7.html
2008年10月の木曽駒ケ岳はこちら。このときの紅葉は素晴らしかった^^)
http://79476925.at.webry.info/200904/article_14.html
2009年9月空木岳日帰り登山はこちら。
http://79476925.at.webry.info/201002/article_2.html

参加してます。参考になりましたら是非クリックを
画像

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村 写真ブログ 山・森林写真へ

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

驚いた

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック