道志山塊の最高峰 御正体山 1682m 2009/1/11

山行写真のRAWファイルの現像がやっと追いつきました。9月末で止まってしまったブログ更新、順番にアップしているとこちらはいつ追いつけるか判らないので、最近の山行から整理することに。12月は足首が腫れると言うアクシデントで2W週末を山無しで、1月は先週末の3連休を風邪で体調不良につき気合いを入れた山行は断念。土曜日は気圧配置図からも山は荒れていることが予想され、そうこうしている内に喉に変調を感じ出してしまった。朝を過ぎすこし気分が良くなってきたので近場で気になっていた道志山塊の最高峰、御正体山を狙うことにした。山頂には天候を司る御正体大権現が祭られている。昔は講を組んで登られていたほどの信仰の山とのこと。ルートは最短コースの道志みち沿いの御正体橋バス停前から白井平に細い道を入っていく。道志渓谷はこのところの北からの冷たい空気の影響ですっかり雪景色。スノータイヤでは危険なのでチェーンを巻いて登っていった。歩いて30分程の距離を車で進むと、間もなく車道の終点に突き当たる。車を止め雪の登山道を歩き始める。
画像

12:45 登山道スタート。ここ数日で降り積もったらしい雪におそらく10名前後には踏まれたと思われる踏み跡が残されている。歩き始めると間もなく下山してくる2人組みとすれ違った。これだけ遅いスタートは久しぶり。それでも余裕で日が暮れる前には戻ってこれるだろう。暫らく緩やかに沢沿いを登り、前方に堰堤が見えた所で左の尾根に取り付く。
画像

13:50 白井平の分岐到着。道坂方面からのルートと合流、そちらのルートは余り人気が無いようだ。尾根上には吹きだまりもあり、多少雪が深くなってきた。ここから山頂までが結構きつい登り。これは予想外だった。
画像

14:35 樹林帯をひたすら歩く途中、たった一箇所丹沢山地を綺麗に見渡せるポイントに行き着く。最初の写真では、左のピークから大室山、右のピークが蛭ヶ岳、丹沢山。海は相模湾、海沿いの町は小田原でしょうか。
画像

14:50 山頂付近の綺麗な林を抜けると、御正体山山頂 1682m 到着。山頂は木に囲まれ眺望無し。中央にベンチ&テーブルが設置されている。一等三角点あり。大平方面からの踏み跡は皆無。
画像

画像

画像

15:30 のんびりおそい昼食を取って下山開始。新雪の下りは実に快適。
画像

16:20 登山道入り口到着。帰りに道志の湯に立ち寄りさっぱりして帰路に着く。

12:45 / 900m 登山道入り口 - 13:50 白井平分岐 - 14:50 / 1682m / 15:30 - 登山道入り口 16:20 / 900m

参加してます。参考になりましたら是非クリックを
画像

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村 写真ブログ 山・森林写真へ

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック