テーマ:日本百名山

遠見尾根から白岳~五竜岳を撮影 二日目その2 2015/03/21-22

白岳を下って縦走路に合流すると足元に五竜山荘の赤い屋根、目の前に五竜の雄姿。 山荘から五竜方面へ登り登ってきた斜面を俯瞰してみます。 ここで三脚やらレンズ、ザックをデポして五竜方面へ。以前4月に来た時より岩の露出も多く、条件はよさそう。ただ久しぶりの歩きでもう足が疲れきっていて柔軟にアイゼンワークする余裕もなく、最初の岩場を…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

遠見尾根から白岳~五竜岳を撮影 二日目 2015/03/21-22

移動含め4日間シンガポール出張でまたまた間が空いてしまいました。遠見尾根を登ってテン泊、翌朝は日の出前に出発、白岳山頂からの五竜岳、鹿島槍ケ岳の撮影に向かいます。ヘッドライトと雪明かりを頼りに西遠見を超えた辺りで東の空が白んで。 日の出前の良く締まった雪を踏み締めて白岳の急斜面を登って行きます。 斜面途中から、日の出前の鹿島…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

遠見尾根から白岳~五竜岳を撮影 一日目 2015/03/21-22

3月の一本は久ぶりの遠見尾根から白岳、五竜を目指しました。日本海に近い山では撮影可能な天候になりそうな週末に巡り合えるチャンスはなかなかなく、この日はかなりのラッキーデイだったような記憶があります。 まだ信州は安曇野界隈から雪が現れ始め、白馬に向かうにつれまだだまだ雪景色。五竜スキー場からはゴンドラで上がり、さらにリフト一本分上に上が…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

クリスマスは早くも厳冬期の八ヶ岳撮影山行 2899m 2014/12/22-23 #4

一旦行者小屋のテントまで戻り、一休みしてから中山乗越へ。乗越から西方へ少し登ると、踊り場のような裸地があり中山展望台の標識が建っています。この日はここでテントを張って撮影していたらしき跡もあり、八ヶ岳撮影にとって人気のスポットであることが良く分かります。 横岳の岩壁と小同心。 大同心も加えて。 主峰、赤岳。 石尊…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

クリスマスは早くも厳冬期の八ヶ岳撮影山行 2899m 2014/12/22-23 #3

この時の赤岳山頂は、時折強風が吹きつけ抜けていくものの、思ったよりは穏やか。カメラが三脚ごと吹き倒されるような心配は少なかったと記憶します。三脚と言えば、山へ行くと毎度トラブルやら失敗がつきものなのですが、今回はジッツォの三脚ポールが一本すっぽ抜けるトラブルが発生。ポール内のストッパーが外れてしまったためのようで、ロックそのものは効くの…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

クリスマスは早くも厳冬期の八ヶ岳撮影山行 2899m 2014/12/22-23 #2

またまた、間が開いてしまいました。年末は掃除に没頭、年明けからはiTunesの音楽ファイルの大掃除に数日費やし、全部Apple Lossless fileで再インストール、最近流行のハイレゾの一種のファイル形式に書き換えました。ファイルサイズは4倍以上、その甲斐あって音質は明らかに向上、行き帰りの電車での時間がちょっと充実です^^) さ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

クリスマスは早くも厳冬期の八ヶ岳撮影山行 2014/12/22-23 #1

師走に入っての初めての山行は八ヶ岳へ。11月から編笠山ルートから権現岳に向い、南アルプスを南の空に眺めながらの星景撮影を思い描いていたのですが、最近眺めていた山岳写真に中山展望台からの八ヶ岳があり、ここのところの積雪で八ヶ岳も十分に雪景色になっているだろうと行き先変更。美濃戸から南沢経由で行者小屋テント泊、初日夕方に中山展望台から撮影、…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

東北遠征 錦秋始まりの朝日岳 1870m 2014/9/21-22 #2

9月末の朝日岳の#1からの続きです。小屋を後にして朝日連峰の盟主、大朝日岳の山頂へ。小屋から山頂まで10分程なのであっけないですが、周囲近くに平野部は見当たらず、奥深い山域であることがわかります。 山頂には三等三角点、標高は1870mとさほどではないものの豪雪地帯の山らしく、山頂周囲にはハイマツなど低木を除けば樹木は生えていません。 …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

東北遠征 錦秋始まりの朝日岳 1870m 2014/9/21-22 #1

時を遡って9月、9月の三連休は久しぶりに東北へ遠征してきました。目的地はまだ行ったことのなかった朝日岳。朝日岳は主峰大朝日岳から以東岳まで飯豊連峰に匹敵するほどの大山塊で、登山口もいくつかありますが、当初は日暮沢小屋から竜門山、竜門小屋、そして西朝日、大朝日、小朝日と周回する予定でした。ところが早朝に日暮沢小屋への林道入り口に辿り付いた…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

晩秋の黒斑山 2404m 浅間山撮影行 2014/11/08

ソニーの撮影環境も整ってきたところで、晩秋の浅間山を撮りに上田方面へ。浅間2000スキー場のある車坂峠からの黒斑山は今回で3回目、浅間山2回、篭ノ登山近辺2回も含めると既に界隈7回目の訪問。御嶽山の噴火災害の後なので、活火山の近くに行くのは憚られましたが、現時点、浅間山の火山活動レベルは1ということで安全と判断。 αにはレンズFE…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

夏の尾瀬 アヤメ平から見晴、至仏山 2014/07/12-13

6月末から7月はじめ目にかけて一週間ドイツ、オランダ出張。これで前後の週末は潰れ山からは足が遠のいてしまいます。その後、何とか露の間の晴れ間が見れそうな7/12-13、初夏の尾瀬に出かけてきました。 またまた詳細は後日ということで、写真を数枚でハイライトのみお伝えします。 戸倉には7時半着も第1駐車場ゲート手前で満車、第二駐車場…
トラックバック:0
コメント:9

続きを読むread more

GWは常念山脈へ 2014/4/26-28 二日目の3

ブログアップのペースが戻ってきたと思ったら明日からまた金曜日までドイツ~オランダ出張。。。今年はどうも間合いが悪い。さて続きを少しでも。 横通岳のピーク下を通過し、次の小ピークも巻き道で通過すると、東天井岳が見えてくる。西側の斜面は雪が飛ばされて岩が出ているものの、稜線の東側には雪がたっぷりと吹きだまって残っている。前方のコルまで少し…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

GWは常念山脈へ 2014/4/26-28 二日目の2

早朝の撮影を5:30に終え、テントで朝食、迷いながらも計画通りテントを撤収してパッキング、出発がすでに7:15。雪が緩んできて踏み抜きが増えて苦労しつつ、横通岳に向けて登っていきます。すぐに常念小屋は眼下に。 斜面上部で雷鳥に遭遇。のんびりした鳥です^^) 乗越を挟んで常念岳。 もう少し登り、横通岳手前のピークを巻…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

GWは常念山脈へ 2014/4/26-28 二日目の1

常念二日目は、当初の計画では常念乗越から大天井を越えて燕山荘まで、ただ冬季ルートは大天井岳山頂からの急斜面の急降下なので、高度感あり、重い荷物背負って間違ってもスリップなどミスは許されない。まだ横通岳も東天井岳のピークも踏んでいないし、まあ行ける所まで、と言う事で。 まずは日の出前の撮影タイム。黎明の槍穂高連峰。実に神々しい。 …
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

赤岳鉱泉から地蔵尾根、横岳、硫黄岳の周回 2014/5/17-18

一向に写真整理が進まず、結果ブログの更新も進まないので、とりあえず数枚写真を紹介しておこうと思います。ソニーのα7Rに変えてから、1.RAWファイルの現像に手間がカかる(ライトルームを使おうとも思うものの、新たに覚えるのが面倒。。)、2.撮影の途中で設定が知らないうちに変わっていて、いちいち修正しながらJPEGに書き出すのは膨大な時間を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

GWは常念山脈へ 2014/4/26-28 一日目

2014年のGWは常念山脈へ。立山や後立山も考えたものの、遠距離はしんどいので最短の雪山を目指すことに。一の沢林道も開通したようなので、一の沢から常念乗越を目指す。2012年の5月後半にも同じルートを歩いている。2008年の11月にも一の沢を歩いており、これで三回目。登山口の徒歩20分手前に駐車スペース、ヒエ平登山口出発は9:40 / …
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

四阿山BC 2354m 2014/3/16

前日の根子岳に続き、お隣の四阿山へ。ここには4度目、冬に3度目、毎度のお馴染み牧場コース。この山の天然記念物、的岩や日本百名瀑の米子大瀑布にはまだお目にかかっていないので、次回は違うルートを歩いてみよう。さて、牧場コース。前日の宿泊先あずまや高原ホテルを日の出前に出発する予定が、ひどい日焼けで体だるくもたもたしている内に7時近くになって…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

一の沢から残雪の常念岳 2857m 2012/5/26-27 二日目

金曜日からの大雪で我家のあるタウンは陸の孤島状態、住宅内の道は皆さん頑張って除雪し、なんとか車も一台通れるまでになったものの、バス路線は雪に埋もれたまま、新聞も午後日曜日になってやっと届いたほど。宅配などいつくるやらです。雪国でない町に60cmもの大雪が積もると、除雪車もほとんどないので道路は完全に機能麻痺、スーパーの回りも駐車場の除雪…
トラックバック:0
コメント:14

続きを読むread more

一の沢から残雪の常念岳 2857m 2012/5/26-27 一日目

書き残し山行記録です。二年前の5月、残雪の常念岳に一の沢登山口からテント泊での山行です。登山口周辺は新緑で眩しいほど、出発の8時半から2時間ほどは快適な春山歩きを楽しめました。 山ノ神に登山の無事をお祈り。 大滝ベンチ。 一の沢、雪渓の末端に取り付き。谷間を押し出されてきた雪、デブリが山のように堆積しています。進行…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

草津国際で久しぶりのスキー、白根山湯釜まで 2014/1/25-26

明日で一月も終わり!冬至からは一ヶ月を過ぎ、ここ数日は年末の冷たかった空気も随分緩んで春めいてきたような陽気です。今日は久しぶりに地面が濡れるほどの雨、まだ深い雪に閉ざされている地域の皆さんに申し訳ないほど暖かく。。もっとも体内花粉センサーも反応し始めたようで良いことばかりでもなさそうです。 さて、週末は実に久しぶりにスキーを持ち出し…
トラックバック:1
コメント:10

続きを読むread more

乗鞍岳 BCスキーを楽しむ、肩ノ小屋下まで 2012/4/8

再び書き残し2012年春スキーの記録です。場所は乗鞍、スキー場最終日の4月初旬。リフトの始発8:30目指して乗鞍高原へ、リフトを乗り継ぎ三本滝が8:50。 以前、もう少し遅い時期に三本滝まで車で上がり、スノーシューで位ヶ原の上まで歩いたことがありますが、ツアーコースは少し南斜面に付けられています。 三本滝からもう一本リフトを…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

2014年の登り始めは鳳凰山へ!テント泊撮影山行 2014/1/2-3 二日目

年始山行、鳳凰山の二日目です。初日に夜叉神登山口から南御室小屋のテント場まで、陽が沈んでから星景撮影と食事を済ませ、就寝。今回はイスカのゴア・シュラフカバーを持参、保温力向上を体感でき、かつシュラフの濡れに気を使わずに済んだのは朗報でした。+410gの苦労が報われました。さて、薬師岳の山頂で日の出を迎えるには、少なくとも日の出の1時間半…
トラックバック:0
コメント:14

続きを読むread more

2014年の登り始めは鳳凰山へ!テント泊撮影山行 2014/1/2-3 一日目

南アルプスの絶好の展望地、鳳凰山。夜叉神登山口から軽荷で日帰りも可能ながら、日の出、モルゲンロートに輝く南アルプスを堪能するには南御室小屋もしくは薬師小屋泊、テント泊なら南御室小屋のテン場となります。積雪期の鳳凰山は今回で3回目、カメラ機材を担いでのこの距離はかなり辛いのですが、被写体の魅力には勝てず性懲りも無くのチャレンジです。薬師岳…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

西吾妻山 2035m BCスキーで楽しむ 2012/3/3

大晦日に2012年の記録の整理とは何とも締まらない話ではありますが、前日の刈田岳に続き、西吾妻山でBCスキー編です。2009年の4月初めにもスノーシューで同じように初日に蔵王山、二日目に天台高原スキー場から西吾妻山に登っています。その時の記憶で、このルートであればスキーの技術は余り関係なくクロスカントリー的にスキーで雪山が楽しめそうだ、…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

蔵王刈田岳 1768m BCスキーで楽しむ 2012/3/3

何とか年内中に書き残しの山行記録を終わらせたいものですが、どうかなぁ。。さて2012年3月の名ばかりのバックカントリースキーで山形蔵王の刈田岳へ挑戦編です。早朝八王子を出発して山形自動車道経由で蔵王から蔵王ライザワールドスキー場へ、到着は既にお昼近く。。山は雲に覆われどんより、なかなか天気図の読みどおりにはいきません。まずはリフトトップ…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

天候に恵まれた残雪期の飯豊連峰縦走 2012/6/23-25 三日目

昨年の飯豊連峰縦走の三日目、続きです。縦走最終日は綺麗で快適な梅花皮小屋でゆっくり休んで前日までの疲れは回復。 4時位から朝日を楽しみに小屋の外に宿泊者全員出て行きます。 石転び沢、雲海の向こうから日が昇ってきます。 大日岳にも陽が射してきました。 これから向う北股岳。 雲海に包まれる梶川尾根と石転び沢。石転び沢は…
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

天候に恵まれた残雪期の飯豊連峰縦走 2012/6/23-25 二日目後半

引き続きの昨年の飯豊。二日目切合小屋から飯豊本山を経て御西岳避難小屋へ。ここまで4時間半ほど。誰もいない小屋でお昼を兼ねて30分ほど大休止。再スタートは10:30。ちょっと進むとすぐに雪の上。振り返ると避難小屋がポツンと岡の上に。 前方にもたっぷりと斜面に残った雪。。6月末でこれですから、GW前後の季節にはどれだけの雪が残っている…
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

天候に恵まれた残雪期の飯豊連峰縦走 2012/6/23-25 二日目前半

昨年の飯豊連峰縦走の二日目、続きです。やや寝不足で迎えた朝、日の出前に小屋の外に出て、日の出を待つものの北東の地平線には雲があり、綺麗な日の出を拝むことならず。残念。 4時、飯豊本山への稜線。本山に少し雲がかかっていますが、概ね好天。 4:40 日の出時刻も遠く雲海が僅かに赤く染まっただけ。望遠レンズがあれば撮りようもあったかも…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

天候に恵まれた残雪期の飯豊連峰縦走 2012/6/23-25 一日目

既に一年以上放置してしまった昨年2012/6の飯豊連峰縦走の記録です。東北の大山塊、飯豊と朝日連峰はやはり縦走で歩いてみたい。となると東京西部の八王子からでは前後の日程も考えるとなかなか週末だけでは難しく、また天候も味方につけないと大遠征する甲斐が無いと言うもの。そんなことを考えているとなかなかタイミングが合わなかったのですが、この6月…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

プーと行く美ヶ原は躑躅の季節がお勧め 2012/06/30

引き続きの昨年の記録の整理です。7月、北岳へ行く前にはプーとおばあちゃんもつれて美ヶ原のハイキングを楽しんできました。初夏の美ヶ原は真っ赤な躑躅が草原を彩っていて、涼風も心地よくお勧めの場所です。 平安の昔から放牧に使われていた美ヶ原。溶岩台地の高原は夏でも涼しい風を感じることができます。 テレビ塔とホテルの建つ王ヶ頭、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more