テーマ:2012_山行

一の沢から残雪の常念岳 2857m 2012/5/26-27 二日目

金曜日からの大雪で我家のあるタウンは陸の孤島状態、住宅内の道は皆さん頑張って除雪し、なんとか車も一台通れるまでになったものの、バス路線は雪に埋もれたまま、新聞も午後日曜日になってやっと届いたほど。宅配などいつくるやらです。雪国でない町に60cmもの大雪が積もると、除雪車もほとんどないので道路は完全に機能麻痺、スーパーの回りも駐車場の除雪…
トラックバック:0
コメント:14

続きを読むread more

一の沢から残雪の常念岳 2857m 2012/5/26-27 一日目

書き残し山行記録です。二年前の5月、残雪の常念岳に一の沢登山口からテント泊での山行です。登山口周辺は新緑で眩しいほど、出発の8時半から2時間ほどは快適な春山歩きを楽しめました。 山ノ神に登山の無事をお祈り。 大滝ベンチ。 一の沢、雪渓の末端に取り付き。谷間を押し出されてきた雪、デブリが山のように堆積しています。進行…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

鷲ノ住山 1534m 池山吊尾根から北岳目指してギブ 2012/4/28-29

引き続きの2012年書き残し山行記録です。この年は前年末、年始に上州武尊山を目指して二回連続途中敗退と不吉な出だし、そしてGW前半にかねてより歩いてみたかった北岳、池山吊尾根ルートを目指しました。この時期はまだ南アルプス林道が閉鎖中のため、夜叉神もしくは奈良田から歩く以外にありません。距離的には奈良田からが遠く、しかも林道閉鎖用のフェン…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

乗鞍岳 BCスキーを楽しむ、肩ノ小屋下まで 2012/4/8

再び書き残し2012年春スキーの記録です。場所は乗鞍、スキー場最終日の4月初旬。リフトの始発8:30目指して乗鞍高原へ、リフトを乗り継ぎ三本滝が8:50。 以前、もう少し遅い時期に三本滝まで車で上がり、スノーシューで位ヶ原の上まで歩いたことがありますが、ツアーコースは少し南斜面に付けられています。 三本滝からもう一本リフトを…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

西吾妻山 2035m BCスキーで楽しむ 2012/3/3

大晦日に2012年の記録の整理とは何とも締まらない話ではありますが、前日の刈田岳に続き、西吾妻山でBCスキー編です。2009年の4月初めにもスノーシューで同じように初日に蔵王山、二日目に天台高原スキー場から西吾妻山に登っています。その時の記憶で、このルートであればスキーの技術は余り関係なくクロスカントリー的にスキーで雪山が楽しめそうだ、…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

蔵王刈田岳 1768m BCスキーで楽しむ 2012/3/3

何とか年内中に書き残しの山行記録を終わらせたいものですが、どうかなぁ。。さて2012年3月の名ばかりのバックカントリースキーで山形蔵王の刈田岳へ挑戦編です。早朝八王子を出発して山形自動車道経由で蔵王から蔵王ライザワールドスキー場へ、到着は既にお昼近く。。山は雲に覆われどんより、なかなか天気図の読みどおりにはいきません。まずはリフトトップ…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

天候に恵まれた残雪期の飯豊連峰縦走 2012/6/23-25 三日目

昨年の飯豊連峰縦走の三日目、続きです。縦走最終日は綺麗で快適な梅花皮小屋でゆっくり休んで前日までの疲れは回復。 4時位から朝日を楽しみに小屋の外に宿泊者全員出て行きます。 石転び沢、雲海の向こうから日が昇ってきます。 大日岳にも陽が射してきました。 これから向う北股岳。 雲海に包まれる梶川尾根と石転び沢。石転び沢は…
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

天候に恵まれた残雪期の飯豊連峰縦走 2012/6/23-25 二日目後半

引き続きの昨年の飯豊。二日目切合小屋から飯豊本山を経て御西岳避難小屋へ。ここまで4時間半ほど。誰もいない小屋でお昼を兼ねて30分ほど大休止。再スタートは10:30。ちょっと進むとすぐに雪の上。振り返ると避難小屋がポツンと岡の上に。 前方にもたっぷりと斜面に残った雪。。6月末でこれですから、GW前後の季節にはどれだけの雪が残っている…
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

天候に恵まれた残雪期の飯豊連峰縦走 2012/6/23-25 二日目前半

昨年の飯豊連峰縦走の二日目、続きです。やや寝不足で迎えた朝、日の出前に小屋の外に出て、日の出を待つものの北東の地平線には雲があり、綺麗な日の出を拝むことならず。残念。 4時、飯豊本山への稜線。本山に少し雲がかかっていますが、概ね好天。 4:40 日の出時刻も遠く雲海が僅かに赤く染まっただけ。望遠レンズがあれば撮りようもあったかも…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

天候に恵まれた残雪期の飯豊連峰縦走 2012/6/23-25 一日目

既に一年以上放置してしまった昨年2012/6の飯豊連峰縦走の記録です。東北の大山塊、飯豊と朝日連峰はやはり縦走で歩いてみたい。となると東京西部の八王子からでは前後の日程も考えるとなかなか週末だけでは難しく、また天候も味方につけないと大遠征する甲斐が無いと言うもの。そんなことを考えているとなかなかタイミングが合わなかったのですが、この6月…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

プーと行く美ヶ原は躑躅の季節がお勧め 2012/06/30

引き続きの昨年の記録の整理です。7月、北岳へ行く前にはプーとおばあちゃんもつれて美ヶ原のハイキングを楽しんできました。初夏の美ヶ原は真っ赤な躑躅が草原を彩っていて、涼風も心地よくお勧めの場所です。 平安の昔から放牧に使われていた美ヶ原。溶岩台地の高原は夏でも涼しい風を感じることができます。 テレビ塔とホテルの建つ王ヶ頭、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

キタダケソウを目指して: 北岳テント泊 2012/7/15-16 二日目

昨年夏の北岳続きです。この9月の三連休はかみさんが月初から帯状疱疹を患ってしまったのと、先週会社で悪性の風邪をもらったこともあり自宅休養。日、月で久しぶりにソロで光岳行こうかとその気になったら、赤石林道通行止めでアウト。二日寝て、今日は庭のバラ剪定、肥料やりと庭いじりで終了です。それはいいとして昨年の北岳。 前日は左俣から北岳山荘へ。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

キタダケソウを目指して: 北岳テント泊 2012/7/15-16 一日目

昨年夏の北岳山行記、ほぼ一年回って季節感のずれも少なくなった?この時は芦安で広河原行きのバスに乗り換えますが、激混み。早朝にも関わらず車は付近の路上に溢れ返り、バス乗り場からやや離れた場所に駐車。バスも始発からは第二グループに乗り込み、広河原着が6:40位。 広河原から山荘経由で大樺沢を遡上。前回は右俣から肩ノ小屋に上がったが…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

プーと行く晩秋の菜畑山(なばたけうら) 1283m 2012/12/09

書き残しの山行もあともう少し。この菜畑山は道志にある山で、「なばたけうら」と呼ぶ山梨百名山の一座。道志の湯に入る分岐付近に登山口があるようですが、川原畑から林道に入ると、養豚場を抜けて狭い未舗装路をTVアンテナ塔の建つ地点まで一気に高度を上げることができます。この季節は狩猟解禁されているので、こういう山域は注意が必要。どんつきは多少広く…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

プーと行く八王子最高峰 醍醐丸 867m 2012/12/08

昨年末の山記録です。陣馬山でもプーと散歩してこようと思い、車で和田峠へ。いざ和田峠に降り立ったら気が変わって、もっと静かに散歩できそうな、陣馬山と反対方向の尾根に向ってみることにした。最初は林道歩きで、途中から2010/07に登った生藤山へ続く登山道へ。最初の急登をこなし尾根上に上がると、苔むした祠が路傍に佇んでいた。和田峠先の陣馬山は…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

プーと行く相模湖八景、関東百名山の一座 石老山 694.3m 2012/11/18

晩秋、冬季にお勧めの低山 石老山。相模湖八景に選ばれ、関東百名山の一座でもあるとのこと。石老山登山口バス停から相模湖病院まで進み、奇岩怪石の立ち並ぶ登山道を顕鏡寺に向かって登って行く。麓の集落いは日本の農村風景がまだ残っているように感じた。病院の傍らに広小路と大きな標識が立てられてる。ここはかつて顕鏡寺の総門があった場所で、参拝者で賑わ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

浅間山荘から雪の浅間山(前掛山) 2524m 2012/12/02

昨年12月始め、久しぶりに初冬期の浅間山は前掛山に登ってきた。前回は2007年の11月中旬だった、少なめだが季節の早い雪の中の登高。その後浅間山は小噴火を起こし、危険レベルが引き上げられていた時期もあったがこの所は落ち着いていて前掛山まで行けるようになっている。スタートは天狗温泉、浅間山荘前から、日の出時刻の7時15分出発。標高1400…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ドイツ人の友人と上高地~岳沢散策 2012/11/10-11

この週末は仕事で来日していたドイツ人の友人を引き連れて上高地に。日本の大自然の景観としては海外にも自慢したい一つが上高地。穂高が雲に覆われているとどうしようもないけども、それは山であればどこに行っても同じだから天気図を信じて行くしかない。この時期は上高地も閉山間際で静かさが戻ってきているのも良い。沢渡からタクシーで上高地に入ると真っ青な…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

宝永山 2693m 宝永大噴火の傷跡 2012/11/04

富士山の最も最近の大噴火が1707年11月の宝永大噴火と言われるものです。この噴火の49日前には東海沖及び南海沖の宝永大地震が発生、死者二万人以上、津波で二万以上の家屋が流されたと言われており、規模としては東日本大震災と同等の被害をもたらしている。この南海トラフを震源とする地震がその延長線上にある富士宮に繋がる活断層を刺激し、富士山のマ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

錦秋の蝶ヶ岳 2677m 三ツ股登山口から二日目 2012/10/20-21

もう里山でも冬の装いですが、10月下旬の蝶ヶ岳、続き。山頂でテント泊の翌朝、蝶ヶ岳の山頂から日の出。この季節は丁度美ヶ原に林立する鉄塔辺りから日が昇ってきました。 右後方には蓼科山の丸い山頂のシルエット。 常念山脈を越えて穂高・槍ヶ岳に陽が射しこみ始める。日の出直後は色温度も低く赤みが 穂高連峰、右から北穂、涸沢、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

錦秋の蝶ヶ岳 2677m 三ツ股登山口から一日目 2012/10/20-21

10月三連続テント泊登山の最後は常念山脈の一峰、蝶ヶ岳。穂高、槍ヶ岳をカメラで狙うには最高の撮影ポイント。白簱史郎氏も蝶ヶ岳から多くの写真を撮り発表している。氏のアングルを参考にしながらトライアル撮影しようと、合わせて積雪期に来たときのためのロケハンかねて出発。ルートは自宅からのアクセスの良い安曇野~三ツ股~蝶ヶ岳ルート。…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

秋色の尾瀬ヶ原、至仏山 2228.1m 鳩待峠からテント泊 二日目 2012/10/13-14

ウェブリ不調で時間のあった時期を使えず、また更新の間が開いてしまった。初日は尾瀬ヶ原を散策、翌日は尾瀬ヶ原の夜明けを至仏山から見下ろし撮影するため、夜明け前からテントを撤収、歩き始める。愛用のペツルミオXPが壊れたので、今回はその昔使っていたペツルの小型ヘッドランプで出発したものの流石にもう少し明るいほうが楽だし、安全。5時前に歩き出し…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

秋色の尾瀬ヶ原、至仏山 2228.1m 鳩待峠からテント泊 一日目 2012/10/13-14

前回秋の尾瀬ヶ原を歩いたのは4年前の10月下旬、既に晩秋で秋色を楽しむには遅すぎた。今回は秋ど真ん中の10月の中旬。鳩待峠の交通規制は既に先週末で終了していたが、早朝6時過ぎには鳩待峠の駐車場は満車、戸倉から乗合タクシーでの入山となった。 7:10 / 1591m 鳩待峠。何と到着とほぼ同時に雨が降り始めた。レインウェアを着込んで…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

紅葉の立山:雷鳥沢でキャンプ、立山三山周遊 二日目 2012/10/6-7

雷鳥沢の朝はガスで覆われて視界不良の朝。夜には雨がぱらついていて、山頂部は積雪もあったよう。雄山に登るか迷いつつ朝を過ごしたが、ガスが引くことを期待して出発することにした。6時50分。称名川を渡ってトレイルに入る。立山の前斜面を右斜めに山崎カールを見上げながら上がり、一ノ越の乗越から左に折れて岩場を300m程登ると雄山の山頂。 チ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

紅葉の立山:雷鳥沢でキャンプ、立山三山周遊 一日目 2012/10/6-7

紅葉の写真を撮りに5年ぶりの立山へ向かうことに。連休&秋のアルペンルートは殺人的に混むので若干憂鬱ながら、最終日の朝に下山すれば混雑は避けられるはずなので、当初の計画は雷鳥沢で二泊して、月曜日の朝に室堂から扇沢に降りる予定で出発。 6:50 / 扇沢 - 9:00 / 室堂 扇沢では割と近くの臨時駐車場に車を停め、7時発のトロリー…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

柏原新道から赤沢岳~針ノ木岳 2821m / 蓮華岳 2799m 2012/09/14-16 三日目

針ノ木、蓮華の山旅三日目の朝。テントの眼前に広がる北アの絶景に朝日が射し込みはじめた。秋分の日を間近に控えたこの日の日の出時刻は55時40分くらい。のんびり撮影していると出発時間が遅くなってしまうのが困りものです。 槍、穂高にズーム。日本山岳の雄、いつ何回見ても見飽きることがありません。 ほんとにどこからでも見ることのできる…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

柏原新道から赤沢岳~針ノ木岳 2821m / 蓮華岳 2799m 2012/09/14-16 二日目

ちょっと間が空いてしまったが9月の針ノ木岳周遊の続き。初日柏原新道から種池にて幕営。夜間はガスと雨だったが夜明けは雲が晴れて迎えることが出来た。曇天なら爺ヶ岳でも登って帰ろうかとも思っていたが、天の恵みで晴れたので予定通り前進。その前に夜明けの撮影。 針ノ木谷と針ノ木岳に朝日が射し込む。 朝日に輝く立山。別山の手前に氷河の確認さ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

柏原新道から赤沢岳~針ノ木岳 2821m / 蓮華岳 2799m 2012/09/14-16 初日

大観峰から望むと黒部湖越しに立ちはだかる岩山の稜線、やっと歩くチャンス到来、気合を入れて撮影機材を担ぎ上げてテント泊縦走することとした。初日は扇沢付近から柏原新道を登って種池山荘のテント場に、二日目が天候も期待できる撮影日和のはずで種池山荘から針ノ木岳を越えて針ノ木のテント場へ、三日目蓮華岳を越えて船窪小屋泊まり、で四日目七倉に下山、予…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

湯の丸高原の池の平散策 三方ヶ峰 2040m 2012/09/09

どこかで池の平の湿原でマツムシソウの群落が見られると読んだ記憶を頼りに、湯の丸高原に散策に。冬にはBCスキーやスノシュートレッキングの楽しめるエリアでもあるので下見もかねて。プーも連れて行ったけど、エリアはペット禁止。下調べ不足でプーには申し訳なかったが曇りがちでもあったので、車の中でお留守番。 池の平らは湯の丸スキー場から林道を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

プーと行く雨降山 大山寺から大山 1252m へ 2012/08/19

3年前にヤビツ峠から登った大山、二度目の今回は正面表参道から。参道下の駐車場からスタート。狛犬プーも一緒にケーブルカーは使わず全行程歩きに挑戦。 8:45 / 300m 青空も出ていたので山頂からの富士山を楽しみに。スタート地点の標高は300m程度なので頂上まで1000mちょっと切るくらいと意外にタフなコースです。 最初はお…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more