高水三山(高水山、岩茸石山、惣岳山)ハイクと高水不動尊参拝 2011/11/23

週末に備え休養するつもりが朝の天気が余りに良かったので急遽予定変更、青梅の高水三山に行ってきました。フルトレッキングの場合、青梅線軍畑駅から登り、御岳駅に降りる(もしくは逆ルート)のですが、またまた車を使ってのショートカットルートで。
11:00 / 680m 青梅から秩父に抜ける成木街道から逸れて成木地区に、常福院の脇道から林道に入り20分ほど曲がりくねった道を登っていくとゲート前、常福院不動堂の下にある駐車スペースに到着します。参道を登っていくと鮮やかな紅葉のお出迎え
画像

高水山常福院龍学寺、9世紀に智証大師により開基、不動堂は1203年鎌倉時代に再建、その後の焼失により現在の不動堂は1822年に建てられたもの。彫刻は素晴らしく、お堂の前には木製の刀が祀ってあります。と言うのもご本尊が浪を切る不動の姿をしており、「浪切白不動」と呼ばれているからだそうです。4月の第二週の日曜日には高水山古式獅子舞が行われ、その頃にはカタクリ、躑躅も楽しめるようです。ユニークな狛犬や手水の屋根には天狗の彫刻が施されたりと、良く観察すると面白いものが一杯あります。
画像

画像

ハイカーで賑わう境内の脇に赤く燃える紅葉の大木。
画像

不動堂裏からトレッキングルートへ。
画像

高水山 759m への尾根道。
画像

古木の彩り
画像

良く整備された登山道はなだらかにアップダウン。左は杉の植林、右は雑木林になっていて明るい。岩茸石山の手前で巻き道との分岐。直進して急な斜面を登ると開放的な山頂部に出ます。
画像

11:55 / 793m 岩茸石山の山頂でお昼を食べながら撮影。右に棒ノ嶺、中央から左奥に延びる尾根上に川苔山、蕎麦粒山。左画面外に鷹巣山、雲取山方面が見えます。
画像

岩茸石山の登りと反対の斜面から急下降、惣岳山への尾根道を歩いていきます。1.5kmほど。杉林が多く、枯れ枝がプーの毛に絡まるので鬱陶しい。右が開けて御岳山が見え、惣岳山への最後の登り。ちょっとした岩場あり。
画像

12:50 / 756m 惣岳山山頂。青渭神社(あおいじんじゃ)の奥宮が経つ。木に囲まれ眺望なし。奥宮は金網に囲まれていますが、中には良く保存された社。江戸末期再建。額には延喜式内の社とある。
画像

帰りは巻き道、巻き道で不動堂に戻り、石段を下って駐車場へ。境内はもう静かさを取り戻し、傾いてきた陽が僅かに射し込むだけで薄暗く。14:20。プーと母親を引き連れての3時間20分でした。お勧めルートです
画像


関八州見晴台と高山不動はこちら。
http://79476925.at.webry.info/201111/article_10.html

参加してます。参考になりましたら是非クリックを
画像

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村 写真ブログ 山・森林写真へ

"高水三山(高水山、岩茸石山、惣岳山)ハイクと高水不動尊参拝 2011/11/23" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント