蓮華温泉から白馬~雪倉~朝日岳周遊 2010/9/19-22 二日目 白馬大池から白馬岳

白馬大池のキャンプサイトで1泊目、たっぷり以上に安眠。4時に一旦起きて日の出前の星空を撮影、小蓮華辺りで?ご来光を目指す人達はすでに出発して行きます。2日目も白馬まで上がるだけのゆるゆる行程なので、撮影の後は再びシュラフに。
画像

お天気は多少雲があるものの秋空の広がるトレッキング日和。白馬大池付近をカメラ持って朝の散歩。
画像

7:45 / 2380m キャンプサイト出発。ここと同様、白馬のキャンプサイトも水場はしっかりあるので、必要最小限の水だけ担いで。雷鳥坂を登り、まずは船越の頭を目指す。振り返ると白馬大池。
画像

翌日向かう雪倉、朝日岳。
画像

草紅葉の斜面、船越ノ頭には大勢の登山者、その先に伸びやかに小蓮華への尾根。
画像

8:45 船越ノ頭。ここまで来ると小蓮華山の向こうに白馬、後立山が並んで見えてきます。
画像

栂池平を見下ろします。雪の時期にまた来たいので、ルートを確認しながらさらに前進。
画像

船越ノ頭から少し下降して小蓮華に登り返し、振り返ると。
画像

小蓮華までもう少し。天国への階段。。
画像

9:55 / 2769m 小蓮華山山頂。白馬方面の景色が素晴らしい。
画像

小休止の後、次の目標三国境にザレた尾根をやや下降気味に進むと、途中赤黒く焼けたような岩が目に付くポイントを通過。振り返ってみると、優雅に起伏してる小蓮華への稜線。
画像

三国境まだ後わずか。中央の白っぽいガレた斜面をトラバースした少し先。
画像

10:45 / 2751m 三国境から明日進む雪倉、朝日方面へのルートを眺める。風が出てきてかなり寒くなり、レインジャケットを着込みました。
画像

小休止後白馬に向けて出発。馬ノ背の第一段階。
画像

第一段を乗り越えて振り返ると、三国境周辺の二重山稜?と小蓮華。左に雪倉方面への支尾根が見えます。
画像

馬ノ背第二段。沢山の登山者が取り付いています。右に旭岳2867m。
画像

馬ノ背第三段。その先に白馬山頂が見えてきました。
画像

白馬への最後の登り。湾曲した山頂稜線が草紅葉に彩られて優雅。
画像

11:50 / 2932m 二年ぶりの白馬岳山頂到達。寒い!
画像

白馬山荘、さらにその下に白馬岳頂上宿舎、宿舎の右側がテント場。白馬三山の杓子岳、白馬鑓ヶ岳、剱岳~槍穂高も指呼の範囲。
画像

余りの寒気に早々に白馬山荘にまず下降。山荘のレストランで予定外の昼食!やっぱり作って頂ける食べ物の魅力には抗し難い。。

テント場に更に下りて、テント設営。2年前の夏は密集状態でしたが、この時期は余裕たっぷり。昼寝をしてからテン場の裏にある丸山 2768m までカメラを持って散歩に。傾いてきた日の光を浴びて白馬岳。
画像

台形の杓子岳と白馬鑓ヶ岳。
画像

鑓ヶ岳からの中背尾根と背後に槍~穂高。黒部も見えます。
画像

剱岳、立山連峰。
画像

残照に輝く毛勝三山。
画像

ぼちぼちテントに戻ります。白馬と旭岳、間に雪倉岳が遠く顔を覗かせています。夜半に向けますます風が強くなり、とうとう雨が降ってきてしまいました。さてさてこの先どうなることやら。。。
画像


蓮華温泉から白馬~雪倉~朝日岳周遊 1日目はこちら。
http://79476925.at.webry.info/201011/article_1.html
蓮華温泉から白馬~雪倉~朝日岳周遊 3日目はこちら。
http://79476925.at.webry.info/201011/article_3.html
2008年白馬三山縦走はこちら。
http://79476925.at.webry.info/200811/article_11.html

参加してます。参考になりましたら是非クリックを
画像

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村 写真ブログ 山・森林写真へ

"蓮華温泉から白馬~雪倉~朝日岳周遊 2010/9/19-22 二日目 白馬大池から白馬岳" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント