久しぶりのラッセル三昧 白毛門、松ノ木沢ノ頭 1484m 2015/2/21 #1

この週末は土曜日のみ広域で好天予報、日曜日は逆に雨模様なのでテント担いでは無理そう、ということで久しぶりに北方へ出かけようと、谷川山系の白毛門を目指しました。このところの暖気で雪が緩んできているようで、白毛門直下は前週末ですでに大きくクラックが発生していたようで、注意が必要です。
谷川岳は冬に何度も登っていますが、お向かいの白毛門は初めて。クライミングで有名な一の倉沢の雪を被った絶壁は、北岳バットレス同様良い被写体に違いありません。本来ならテント担いで登り、翌朝の日の出を待ちたいところですが、今回は軽装での早朝速攻登山、出来るだけ朝のうちに撮影ポイントまで上がることとしました。
画像

6:15 / 680m 土合駅駐車場。水上から来て踏切を渡って間もなく右に入る脇道があり、その先に駐車場有。踏切先のヘアピン沿いにある駐車場は深い雪の下で使えません。先週末は結構な人が入山していてトレースに問題は無いと勝手に決め付けていたのですが、平日に降った雪で登山口すら分からず、ヘアピン脇には3mほどの雪壁があり取り付きポイントも分かりません。暫くうろうろして駐車場近くまで戻り、雪の壁の低いところから無理やり乗り越えて雪原に出ました。この辺りはスノーシューのトレッキングコースでもあるらしく、何となくトレース跡があるので、その上を辿っていきます。まっさらな雪原の向こうに目指す白毛門、山頂に朝日が当たり始めました。。。左に見える家の右手に雪に埋もれた登山者駐車場、その辺りから登山道が伸びているはずです。
画像

白毛門の対岸に朝日を浴びる武能岳。
画像

樹林帯に突入し尾根に取り付く前に、望遠で一ノ倉岳、武能岳を。艶めかしい雪の一ノ倉。本当はこの光でもっと上から撮影したかった。。
画像

6:55 すでに駐車場出発から40分、やっと尾根に取り付きます着きます。取り付き部は急斜面で、下部には滑って遊んだような跡が何本も見えるものの、壁上部にはトレース跡が見えず、どう登ろうかと暫しウロウロ。やっと上方にピンクリボンを見つけて、そこを目指しクライムオン。壁部では胸までの雪をかき分けながら、アイゼンを蹴り込み、膝も使って体重を支えながら足場を作りながら何とか尾根上に出ました。僅か一登りのここまでさらに30分。
画像

前方。想定外のノートレースの尾根ルート。ウサギと鹿の足跡が所々に点々と付いているだけ。
画像

8:00 多少高度が稼げたとは言え、このペースでは先が思いやられます。
画像

このポイントで樹間から谷川岳が見えたので、ザックを下ろし望遠に変えて撮影。谷川岳と東尾根、シンセン岩峰。
画像

振り返ると、高倉山、天神山。スキー場のリフトが見える。
画像

尾根ルートにもやっと光が回ってきました。日の出前、水上の高速上の温度表示はマイナス6度ほどでしたが、日の出後は温度急上昇。雪が緩んでくるとさらに歩きにくくなるのであせります。
画像

画像

8:40 尾根上の踊り場に到達。ここで小休止。
画像

クランク状のポイントで、前方に白毛門に連なる白い尾根が見えています。まだ遠い。。
画像

9:25 視界の開けたポイントで再度ザックを下ろし撮影。ここからは谷川岳が良く見通せました。
画像

谷川岳のオキノ耳。迫力のある一ノ倉の岩壁、一ノ倉岳。
画像

天神山。
画像

谷川岳オキノ耳、トマノ耳と左方に伸びる西黒尾根、マチガ沢。雪崩れているマチガ沢ですが、沢山のシュプールも。。
画像

オキノ耳。
画像

一ノ倉岳。
画像


10:00 さらに30分ほどラッセルしたところで肩で息をしながら暫し座り込む。標高は1100mをちょっと超えたくらい。すると下から二人組の親子と、単独一名が追いついて来てくれました。ここで先頭をお願いして、もう少し休んでから追いかけます。しかし、豪雪地帯での久しぶりのラッセルは非常にきつかったですね^^; 続く。。

白毛門 #2
http://79476925.at.webry.info/201503/article_1.html
2011/2の谷川岳。
http://79476925.at.webry.info/201202/article_6.html

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 125

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
かわいい

この記事へのコメント

2015年02月26日 21:17
10年くらい前に土合のステーションホテル泊で白毛門を目指しましたが、吹雪いていて頂上が見えず怖くなって撤退したことがあります。
松ノ木沢ノ頭まで行きました。それ以来挑戦していません。
ハンスさんは単独行が多いのですか?
自分では撮れない雪山の写真楽しませて頂いています。
ありがとう!
2015年02月26日 23:08
ハンスさん、こんばんは、、いつもランキングに投票くださり、ありがとうございます。
素晴らしいですね、、怠惰な私には到底真似のできない登山、、それも雪山、、ホンとに忍耐の賜物ですね。
いつも素晴らしい写真、、苦労して登った人だけのご褒美、それを私たちに提供してくださって、ありがとうございます。
2015年02月26日 23:45
かっちゃんさん、吹雪くと怖いでしょうね。特に松ノ木沢の頭下部の稜線は雪庇が発達していたので、視界不良で踏み抜きなどしたら大変です。いつもはかみさんと一緒ですが、今回は速攻で、ということもあり久しぶりで単独でした。歩き出しから4時間近く誰にも会わない雪山はやはり寂しいですね^^;
2015年02月26日 23:51
OTSUKYONさん、こんばんは。天気予報を信じていると上州、上越はいつも雪マークで困ります。先週末は風もなく、驚くほど穏やかな雪山でした。あれでトレースがあれば楽勝だったのですが、さすがにそこまで甘くはありませんね^^)

この記事へのトラックバック