北八ヶ岳、渋御殿湯~高見石~中山 2496m 2015/01/11-12 #2

高見石小屋の前でテント泊、夜半からの降雪は10~15cm程。朝日は到底期待できないので、日が登って7時頃に中山に向って出発です。さらさらの雪と強風による地吹雪で前日までのトレースはすっかり消え去ったようで、先行するパーティのトレースも所々で迷ったらしき形跡が。オコジョの森と名付けられた夏場にはコケの美しい森を歩いていくと、まもなく前方に5人ほどのスノーシューパーティ。
画像

ラッセル泥棒と思われても困るので、一声かけて前へ。後はノートレースの雪の中を山頂に向ってひたすら雪の回廊を歩いていきます。
画像

画像

吹き溜まりは腿に達するも、トレースの上を外さない限り足首を超える程度の雪。1時間ちょっとで登りも終わり、両側から雪の積もった木の枝が覆いかぶさる様になった狭い空間を抜けると展望台手前の標識の立つポイントに。ここでタイミングよく黒百合平方面からの夫婦と出会い、情報とトレースの交換です。
画像

標識から少しで樹林帯を抜け、中山山頂部。時折ガスの切れ間から朝の陽射しが射しこむと世界が一変。地吹雪が舞ってはいますが実に美しい雪山の世界が広がります。先ほどの方々のつけたくれたトレースは早くも消え始めています。
画像

画像

展望台あたりで次のパーティも。日が射したり突風に煽られたりとなかなか忙しい。。
画像

本日の撮影ポイントは、中山山頂をちょっと南に過ぎた裸地で、そこからの天狗岳がお目当てです。展望台から林を抜けて振り返る。中山山頂があったはずが全く気付かずでした。
画像

撮影ポイントから北東方面、左遠くに浅間山、中央少し右にニュウと呼ばれる小ピーク、その右前方に下りると稲子の湯があります。
画像

ニュウにフォーカス。
画像

御座山方面。このエリアはしばらく足を伸ばしてないですね。
画像

肝心の天狗岳はと言うと、すっかりガスの中に隠れていて、最初はどこの方向に天狗岳があるのかさえ分からなかったほど。雪を掻き分け、撮影ポイントを決めて、一時間以上粘っり何とか数枚、姿を現した東西天狗岳を捉えることができました。
画像

画像


高見石~中山 初日#1
http://79476925.at.webry.info/201502/article_1.html
高見石~中山 初日#3
http://79476925.at.webry.info/201502/article_3.html
2009/2 天狗岳~中山、白駒池、草麦峠へ
http://79476925.at.webry.info/200903/article_1.html

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 68

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

2015年02月05日 22:30
こんばんは!
雪の中のテント、経験ありません。土合のステーションホテルには泊まったことあります。首から下げているカメラは一眼レフですか?
寒さでシャッターが下りないということはないのですか?
山は殆どコンデジですが、雪の中でシャッターが下りなかった事が何度もありました。
雪景色いいですね!
明後日から玉原スノーシューに行きます。お天気よかったら雪景色撮りたいです。
テントじゃないですよ。ペンション泊で~す。
2015年02月06日 21:30
かっちゃんさん、こんばんは!いいですね、ペンション泊スノーシュー。明日からはお天気も良さそうですし。カメラはソニーのミラーレスで、バッテリーの持ちは悪いですが、今のところ低温でも作動してますよ。隙景色写真、待っています^^)

この記事へのトラックバック