東北遠征 錦秋始まりの朝日岳 1870m 2014/9/21-22 #1

時を遡って9月、9月の三連休は久しぶりに東北へ遠征してきました。目的地はまだ行ったことのなかった朝日岳。朝日岳は主峰大朝日岳から以東岳まで飯豊連峰に匹敵するほどの大山塊で、登山口もいくつかありますが、当初は日暮沢小屋から竜門山、竜門小屋、そして西朝日、大朝日、小朝日と周回する予定でした。ところが早朝に日暮沢小屋への林道入り口に辿り付いた所、思いもかけず林道閉鎖中!!下調べ不足でした。。幸いお隣の古寺鉱泉へのルートは近かったので、古寺鉱泉に転進。既に駐車場は満車で林道脇に何とか止めて7:15出発です。
朝日岳も飯豊のように森林が実に美しいです。ブナの幹の落書きはちょっと残念でしたが。。
画像

画像

9:00 水場を過ぎると日暮沢への分岐で古寺山への尾根上にでます。更に抉れた登山道を1時間ほど進むと展望が開け、振り返ると月山も望めます。足下に登って来た尾根、右に古寺鉱泉、左の谷間が日暮沢。
画像

10:10 古寺山 1501m から。左のピークから小朝日岳、中央奥に大朝日岳、ピークの右下にポツンと大朝日岳山頂避難小屋。その右に中岳の小ピーク。古寺山から先は紅葉が始まっているようです。
画像

もう少し右に振ると、左から大朝日岳、中岳、西朝日岳、そして竜門山。ルート変更により、初日は大朝日岳へ、そして大朝日小屋で1泊、翌日は西朝日岳までピストンして、そのまま古寺鉱泉へ下山。その後移動して月山麓の月山志津温泉、変若水の湯「つたや」に宿泊。三日目最終日は月山往復して帰京するプランです。
画像

小朝日岳は西側をトラバースする道がありますが、せっかくなのでピーク通しで。途中の急坂、左上に古寺山、右下にトラバースとの分岐ポイント。
画像

小朝日岳のピークに立って。
画像

小朝日のピークからは一旦急下降、左は切れ落ちた岩場ですが、登山道はブッシュに囲まれているので特に危険はありません。途中トラバース道と合流して、更に下るとコルに到達。そこからはゆったりと尾根を登っていきます。
画像

大朝日に連なる尾根は実に綺麗。紅葉とリンドウの咲くポイント。
画像


画像

振り返ると、白い岩と紅葉、小朝日岳、左に小さく古寺山。
画像

銀玉水付近から、避難小屋までの最後の登り。既に森林限界を超えています。
画像

避難小屋少し手前。奥のピークが大朝日岳。
画像

13:30 大朝日岳山頂避難小屋。小屋の混雑を予想してテントも担いで行ったものの、到着が早かったせいか、小屋の管理人のおじさんに二階の良い場所を割り当てて頂き小屋泊に。とても感じの良い対応で大変快適に過せました。小屋で荷物を下ろして、カメラだけ担いで大朝日の山頂へ。
画像


朝日岳紀行 #2
http://79476925.at.webry.info/201412/article_2.html
2012/06の飯豊連峰。
http://79476925.at.webry.info/201310/article_9.html

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 109

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
面白い
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
かわいい

この記事へのコメント

2014年11月20日 09:55
朝日連峰、いいですねえ。ずいぶん前に行ったなあ。あの奥深さがいいよなあ。
われわれは大鳥池から入りました。「タキタロウを釣ったる!」なんて冗談で持っていった釣り道具が役に立って、ヒメマスが釣れて夕食のムニエルになりました。
それにしてもハンスさんはクルマの運転が好きなんですね。往復800キロメートルぐらいあったのでは?
2014年11月20日 22:18
swimさん、こんばんは。冗談で釣り道具持って行くというのも、なかなかですねぇ^^)。最近は遠乗りはかみさんにも運転交代してもらい、走りながらの仮眠で凌いでますよ。今回は往復1000km近かったです。ジムニーだと腰が破壊されそうになります^^;
2014年11月25日 12:42
こんにちは!
大朝日、大変懐かしいです。5年前の7月に同じルートで日帰りをし、ヒメサユリの大群落に感動したものでした。紅葉が9月からだと帰りにアルプスで花も楽しめそうで、来年の宿題にしてみたいと思います。
2014年11月25日 23:28
山ちゃんさん、こんばんは。ヒメサユリの季節も良さそうですね!朝日と北アの掛け持ちは贅沢というか、欲張りプランと言いますか(笑)何分遠いので行き返りだけでエネルギーの半分は消費してしまいますね^^;

この記事へのトラックバック