初冬の蝶ヶ岳 2677m 槍・穂高連峰撮影紀行 2014/11/22-23 #1

雪に閉ざされる前に北ア訪問したくなるのは毎年のこと。今年も大好きな穂高撮影スポットの蝶ヶ岳に性懲りもなく出かけてきました。昨年は登山口スタートが10:45と遅すぎ、山頂にたどり着けず途中でビバークまがいのテント泊になってしまったので、今年は8時には登山口を出発。先週までの寒気も去り、穏やかな初冬の山歩きとなりました。駐車場から林道を歩き始めると、前方に蝶槍の尖がりと、常念山脈の稜線が見えてきます。あそこまで辿り付けるのかと弱気になるくらいの距離感があります。登山口から6.4kmの行程。
画像

8:25 / 1350m 三ツ股登山口。ここから森に突入、直ぐに雪が現れます。
画像

小屋の営業は終了しているので、雪に頼るのも怖いので力水で2.5Lの水を担ぎ、これでザックは21kg程に。カメラ機材も軽くなり、余計なものを持たなかったおかげで雪山装備としては軽量。少し上がってゴジラの木を過ぎるとお気に入りのカラマツ並木。気に入っているといっても黄葉の時期に来たことがないかも。。。
画像

10:15 / 1900m この先から急登で尾根を登りきるとマメウチ平の休憩ポイント。マメウチ平手前の登山道は整備されて、木段が数多く設置されていました。
画像

蝶沢を過ぎると、残り2.5km。かなり雪深くなってきます。
画像

ジグザグに登りつつも少しずつ右方向に移動していくという感じの登山道がひたすら続きます。
画像

昨年テントを張った場所を過ぎると大滝山/蝶ヶ岳分岐。もう山頂は目と鼻の先。
画像

14:25 / 2677m 蝶ヶ岳山頂直下に到着。穏やかな天気で崩れる恐れもないことから、テント場の風の避けられるポイントにテント設営、広いテント場にテント一つ。。
画像

テントを設営、荷物を整理してからカメラを抱えて瞑想の丘へ。一年ぶりの景色です^^)
画像

西日射す常念岳。
画像

峻険、槍ヶ岳。
画像

槍ヶ岳連峰。
画像

穂高の岩峰群、前面に前穂へ続く岩尾根。
画像

遠く夕景に静かに噴煙を上げる御嶽山が見渡せます。ただただ合掌。
画像

夕暮れ時の撮影に続きます。

蝶ヶ岳#2へ。
http://79476925.at.webry.info/201411/article_12.html
2013/11の蝶ヶ岳。
http://79476925.at.webry.info/201312/article_1.html

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 80

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
かわいい

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック