季節最後の谷川山系ヤカイ沢BC 2014/4/20

何とも多忙な五月がやっと過ぎ去って久しぶりにブログを開いてます。ドイツから社員を迎え、さらに出張者4名も押し寄せてきたかと思ったら、最後の週には上海に出張。何はともあれ4月のヤカイ沢から再出発。
この日は太平洋側は雨模様、日本川側が晴れと予報、せっかくなので三国峠を越えて一度行って見たかったヤカイ沢へ。流石に4月も中旬を過ぎると国道から眺める苗場のゲレンデも地面の露出が目立ち、平標の登山口の駐車場も雪はなし。除雪サービスのある別荘地を抜けると林道上はまだ雪で埋まっていてほっとする。板を担いだまま前進。同行のかみさんはスノーシューで参戦。
画像

沢越しに目指すヤカイ沢の沢筋と平票山がまだ遠くに見えます。
画像

橋を渡り、ヤカイ沢に入り、堰堤を越えた辺りでスキーを履き歩行開始。まだ沢は雪に埋もれているとは言え、随分雪解けが進んで、もう少しでスキーでは進めなくなりそう。
画像

1時間ほども沢を詰めると、平標山が随分迫ってくる。山頂はガスに覆われてしまった。沢を外れ、左岸を登っていく。
画像

画像

本来のヤカイ沢は一番右端の谷筋、雪の付き方を見ると平票への直登ルートの中央が滑り降りるには良さそうに思え、そこを目指すことに。
画像

更に左岸を詰めると目の前に雪崩でできたデブリが沢を埋め尽くす光景に出くわす。
画像

デブリを乗り越えながら上流を。
画像

渡りきって上から。雪崩の凄まじい破壊力が良く分かります。厳冬期にはこんな真似は出来ません。
画像

目の前に広がる自然のゲレンデ。
画像

中腹まで登った頃青空が出てきてくれた。山頂稜線がかなり近づく。
画像

写真で見るよりは傾斜があり、途中でクトーを装着して登高。
画像

画像

画像

丁度出発から2時間半。標高で600mほど稼いだところで休憩。左に回りこみながら進むと松出山からのルートに合流し平標に到達できるはずだが、帰りが遅くなるとしんどいので、この辺りで切り上げ、すべりを楽しむことに。
画像

足下に登って来たヤカイ沢を見渡せる。
画像

帰りは快適に滑ったり待ったりを繰り返しながら無事下山。次回はもう少し早い時期に山頂まで行きたいものです。
画像

画像

画像

画像

画像


6.07 ホワイトバランス設定の狂いを修正。

2009/09平標、仙ノ倉。
http://79476925.at.webry.info/201002/article_3.html

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 52

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
面白い 面白い 面白い 面白い
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

この記事へのコメント

2014年06月05日 20:01
こんばんは

お忙しい日が続いていたのですね。
UPが嬉しいです。

4月なのに雪がこんなに残っているのですね。
雪崩の後にドキッとしました。
自然の力って凄いです。
最後のフキノトウにほっとしました。
2014年06月06日 21:55
梅雨入りしてしまいましたね~庭のバラも散ってしまいそう。雨の週末、たまった写真の整理とブログアップ頑張ります^^)

この記事へのトラックバック