キタダケソウを目指して: 北岳テント泊 2012/7/15-16 一日目

昨年夏の北岳山行記、ほぼ一年回って季節感のずれも少なくなった?この時は芦安で広河原行きのバスに乗り換えますが、激混み。早朝にも関わらず車は付近の路上に溢れ返り、バス乗り場からやや離れた場所に駐車。バスも始発からは第二グループに乗り込み、広河原着が6:40位。
画像

画像

広河原から山荘経由で大樺沢を遡上。前回は右俣から肩ノ小屋に上がったが、今回は左俣から八本歯のコル経由で北岳山荘テン場へ。翌日は北岳登って白根御池小屋経由で広河原へ下山。
画像

画像

大樺沢を左へ右へ。
画像

9:05 雪渓末端。雪渓を非常に多くの登山者が登っていく。二俣まで30分。
画像

9:35 二股。トイレも設置された休憩ポイント。ここで右俣と左俣ルートに別れます。この日は真っ直ぐ左俣へ。
画像

11:25 二股から雪渓上部まで傾斜が増していくので、軽アイゼンがベター。上部の休憩ポイントから下を見ると結構な長さと傾斜の左俣雪渓。
画像

画像

画像

雪渓を抜け出てさらに岩場を登っていく、と、オコジョ登場!!ブレブレが残念。。
画像

谷の上部は潅木帯で、木の梯子や階段が続く。ガスにつつまれたり、晴れたり。
画像

13:00 八本歯のコルに到着。写真左から上がってきた。ボーコン沢の頭方向。雪の時期の一番の難所と思われるポイント。
画像

13:40 トラバース道分岐。真っ直ぐ進むと山頂稜線へ、左にトラバース道で北岳山荘。この道沿いが高山植物で賑やか。
画像

やっと出会えたキタダケソウ!!
画像

続くお花畑。
画像

画像

楽しみながら歩いていると前方に北岳山荘とテント場が見えてきた。
画像

14:40 北岳山荘到着。テントの数もどんどん増えて、夕方には溢れんばかりに。夜半からは土砂降り、風も強くなってきた。うつらうつらとしながら二日目へ。
画像


2008年7月の北岳、白峰三山。
http://79476925.at.webry.info/200811/article_8.html
http://79476925.at.webry.info/200811/article_9.html

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 17

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

2013年09月20日 17:31
こんにちは!
キタダケソウは7月中旬がベストですか(@_@;)
まだ見た事がないので、是非、見てみたいものです。
今年は、8月10日に白根三山の日帰りをやりましたが、来年は7月に花見に出掛けようかな(^o^)/
2013年09月23日 07:18
おはようございます。
これがウワサに聞く、芦安の大渋滞ですか・・・
それにしても、お二人とも体力ありますねえ。
ぼくも去年テントで北岳に登りましたが、広河原から幕営地の御池小屋まで行くだけで、ザックが重くて死にそうになりました。
2013年09月23日 17:11
山ちゃんさん、こんにちは。白峰3山一日ですか、超人ですね!!キタダケソウはもう少し早くてもいいくらいのようです。周囲にハクサンイチゲも沢山咲いていて見分けるのがなかなか大変でした(^^)
2013年09月23日 17:15
swimさん、こんにちは。広河原から御池への道は急登で大変ですね。雪渓ルートの方が涼しくて楽かもです。体力は全くないですよ、我々は。なのでゆっくりちゃくじつにをモットーとしております(^^)

この記事へのトラックバック