高瀬ダムから新穂高まで裏銀座縦走 2013/8/14-17 二日目 野口五郎岳

縦走二日目。3時過ぎに起床、軽く食べてテント撤収。体調概ね良好。今回は残念ながら年々低下する体力に合わせ行った荷物の軽量化が功を奏した模様。とは言え何か登山用具を買い換えたわけでもなく、単に持っていくのをやめただけ。

GPS無し(なので予備のバッテリーも無し)、三脚無し、望遠/広角ズーム無し、テント、フットプリントカバー無し、着替えも最小限に。シュラフはモンベルの#5(これは最低気温が10度をきると自分の場合保温性に難ありでどうもこの季節しか使えない)。これでもカメラは合計2Kgはあるので、軽量化の余地はあるものの5Dをあきらめるのはちょっと切ない。。

5:15 / 2551m ほぼ日の出時刻に出発。久しぶりの日の出がヒョウタン池越しに。
画像

裏銀座縦走コースに陽が当たる。さあ頑張って歩こう!!
画像

画像

ちょっと登って振り返ると、尖がり帽子の烏帽子岳が姿を現す。
画像

三ツ岳、朝日に照らされて登山者の姿が影絵のように。
画像

画像

6:25 / 2845m ほぼ三ツ岳山頂。すでに300m程を稼いだ。ここを越えるとやっと野口五郎岳が見えてくる。その先のピークを越えていくルートと左をまいt巻いていくルートに分岐、高い所好きはピークを選択。
画像

そのピークから進行方向。野口五郎岳のどっしりぼってりした山容、奥に右から水晶岳、左に槍ヶ岳。中央に鷲羽も。。水晶小屋まではまだ長い。
画像

ここで烏帽子岳とはお別れ、黒部渓谷越しに立山も見えます。
画像

東沢谷の向かいに赤牛岳。色と言い形と言いその名前にピッタリ。その奥には薬師岳。
画像

一時間半ほど歩くとやっと野口五郎小屋。小屋は直前になるまでまで陰になってて見えない。
画像

8:35 野口五郎小屋。小屋に近づくと登山道が掃き清められたように綺麗。気持ちの良い小屋です。コーラを飲みながら朝立ちの宿泊客を送り出して一息ついているスタッフの方と話をして大休止。
画像

9:10 / 2924.3m 野口五郎岳山頂。小屋からは10分程度。テント場出発から3時間弱、小屋での休息時間25分を考慮すると今の所コースタイム近く。まだ見た目も余裕ありげ。
画像

山頂から小屋を見返す。
画像

山頂でまた10分ほど過ごし、そして出発。青し空、白い雲、絵に描いたようなアルプスの夏です。水晶に向けて連なる裏銀座の稜線。
画像

10:05 / 2862m 真砂岳の分岐。気温も上がり陽射しは強い。ペースががっくり落ちてきた模様。ここから竹村新道を辿って下ると高瀬川沿いにある秘境、湯俣温泉。加藤文太郎が槍の北鎌尾根で遭難したときに、ここを目指したであろう場所です。いつか歩いていってみたい。
画像

北村新道方面、最初の下りと南真砂岳手前の登り返しがいやらしそう。
画像

分岐から先にうねうね続く稜線。中央ずっと先の赤茶けたところに水晶小屋が建つ。
画像

途中のお花畑。
画像

ワリモ沢を見下ろす。合流点が湯俣川。
画像

こんな岩場も乗り越えて。。
画像

11:50 / 2734m 東沢乗越。途中岩陰で陽射しを避けて休止したりと、真砂分岐から1時間45分。。水晶小屋まで分岐からまだ2/3。
画像

はいはい、また登りです。
画像

水晶小屋は大崩壊地の上にポツンと建っている。いずれ小屋も消えちゃうのかな、と思わせる光景。ルートも手前で荒れ模様。
画像

画像

12:55 水晶小屋到着。お昼過ぎるとガスが上がってくるアルプス、本日も律儀にガスがやってきた。小休止で先を急ぐ。
画像

13:40 / 2841m ワリモ乗越分岐、鷲羽岳と雲ノ平方面の分岐、前方、岩苔乗越まで下って、左前方の祖父岳2825m を越えるとあとは雲平までほぼ下るだけ。
画像

途中、ミヤマキンバイ、ハクサンイチゲに慰められ。。
画像

画像

祖父岳への最後の登り!!
画像

14:15 / 2825m ケルンの立ち並ぶ祖父岳山頂。
画像

15:45 祖父岳下り途中から雲ノ平のキャンプ場が見えてくる。直線的に下りて行けると楽なのですが、右をぐるっと迂回してキャンプ場向こうに出て木道を下る必要あり。なんとかテント設営場所を確保。水場の水は冷たく豊富。顔を洗ってタオルで体を拭うと生き返った。水があるってありがたいものです^^)久しぶりに11時間も歩いたのでさすがに疲れました。翌日は黒部源流、三俣蓮華から双六キャンプ場までの予定。
画像


初日、高瀬ダムから烏帽子まで。
http://79476925.at.webry.info/201308/article_4.html
三日目 雲ノ平から双六キャンプ地へ。
http://79476925.at.webry.info/201309/article_1.html
2008/08 水晶岳
http://79476925.at.webry.info/200812/article_2.html

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 13

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

かめ・ふー
2013年08月30日 14:03
ハンスさん こんにちは
この朝の太陽、船窪小屋から見ていました。
6日目、下山の日でした。小屋の美味しい朝食をゆっくり戴き(ご飯もみそ汁もお替りしました)のんびり下山!のはずが急降下の所為かちょっと早かったです。
2013年08月30日 20:55
かめ・ふーさん、こんばんは。6日もアルプス歩き、羨望と尊敬の念で一杯です(^ ^) 湯俣の川風呂はぜひとも体験したいです。それにしてもお盆期間はお天気に恵まれ楽しかったですね(^ ^)
2013年09月01日 08:11
こんにちは!
食欲じゃなくて、歩き欲をそそられますね(^o^)
針ノ木から水晶までは未知の世界です。元気なうちに是非、歩いてみたいです。レポ参考にさせて頂きます。
2013年09月01日 09:48
山ちゃんさん、こんにちは!裏銀座は長いですがアップダウンが他のルートに較べてそれ程厳しくないようです。蓮華岳と船窪の間のが未踏なのでそのうち挑戦したいです^^)

この記事へのトラックバック