プーと行く相模湖八景、関東百名山の一座 石老山 694.3m 2012/11/18

晩秋、冬季にお勧めの低山 石老山。相模湖八景に選ばれ、関東百名山の一座でもあるとのこと。石老山登山口バス停から相模湖病院まで進み、奇岩怪石の立ち並ぶ登山道を顕鏡寺に向かって登って行く。麓の集落いは日本の農村風景がまだ残っているように感じた。病院の傍らに広小路と大きな標識が立てられてる。ここはかつて顕鏡寺の総門があった場所で、参拝者で賑わっていたのだろう。10時半出発。
画像

画像

顕鏡寺までの登山道は大岩を縫うように付けられ、湧き水も染み出した鬱蒼とした樹林帯となる。プーの足は早くも泥だらけ。
画像

顕鏡寺は平安時代源海法師により創建された真言宗の古刹。境内には法師が起居していたとされる岩窟が残されている。この日は多くの檀家さん達が集まった法会がもようされていたようだ。
画像

画像

岩窟脇の鳥居を抜けて更に上を目指していく。ここから尾根上部に上がるまでは結構な急坂が続く。
画像

途中に横たわる「吉野岩(弁慶の力試岩)」。岩にこぶし大の穴が二つほどあいていることから名付けられた。解説に流石の弁慶でも岩に穴をあけられなかっただろうから、小石が抜け落ちた跡だろうと、言わずもがなの説明を加えているところが可笑しかった。
画像

飯縄権現神社を守るように背後に聳える「擁護岩(雷電岩)」。高さは22mと石労山では最大の岩らしい。
画像

一登りすると南面に八方岩と呼ばれる展望台が現れる。相模から横浜方面が見渡せる、が、八方は当然見渡せない。
画像

分岐を左に折れるころには尾根上部で、ゆったりとした尾根道が続く。
画像

少し進むと、左手に融合平と呼ばれる展望台がある。ベンチもあって休息適地。相模湖や奥高尾、多摩の山並みが見渡せる。
画像

ここから石労山山頂までは30分ほど。アップダウンも大きくは無いのでさほどの苦労は無い。
画像

石労山山頂 694.3m はそこそこ広々していて、ベンチも多く設置され多くのハイカーで賑わっていた。西面に視界があり、富士山から丹沢の山並みを見渡せる。この日は運よく富士山を見ることが出来た。
画像

画像

お昼を食べて、帰りは分岐を左に折れて桜山展望台経由で下山。全行程3時間とちょっと。快適な山歩きでした。
画像

画像




参加してます。参考になりましたら是非クリックを
画像

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村 写真ブログ 山・森林写真へ

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 7

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック