唐沢鉱泉から天狗岳周回コース 2012/01/09

年初の武尊山でエネルギーを使いすぎ、続く三連休は今一歩山行意欲が湧かず、三日目にしてやっと雪の上を歩いて見る気に。とは言えラッセル地獄に喘ぐよりは、山頂からの眺望を楽しみたいと思い、通いなれた?北八の天狗岳に向かいました。昨年同じ時期にも唐沢鉱泉から西天狗往復しているので、今回は東天狗までいって黒百合平から下山の周回コースで、ちょっと新鮮味も味わおうかと。

7:15 / 1860m 唐沢鉱泉手前の林道脇の駐車場に車を停め、鉱泉前の沢を渡って西尾根に取り付き。汗をかくのは分かっているのでジャケットはザックに括り付けての出発。いかに汗をかかないようにするか、汗冷えをしない工夫が課題です。
画像

積雪はそれなりにはあるが、昨年同時期に登ったときよりもかなり少ない。岩の上を歩いていくよりはかなり楽で、歩くには程よい量。アイゼンもピッケルも出番なし。山頂方向はガスに包まれている。
画像

8:15 / 2140m 西尾根上部到達、枯尾の峰と西天狗への分岐。気温は低く、風が通り抜けると寒くなってきたのでジャケットを羽織り、テルモスのレモンティーで休息。一口ブドウ糖は忘れてきてしまった。緊張感の欠如は反省^^;
画像

分岐から暫くはシラビソの尾根歩きで徐々に高度を稼ぎ、傾斜が急になって尾根の左斜面を上がり、最後に右に回りこむと樹林帯を抜け出す。
画像

画像

9:30 第一展望台。樹林帯を抜けると視界が広がり、尾根の右手には主峰赤岳が見え、振り返ると北アルプスも!と本来は感動の瞬間になるはずだったがこの日はガスの中で何も見えず。。。悲しい。
画像

展望台を過ぎると再び樹林帯へ。昨年は西天狗の手前でアイゼン着けたが、今回はちょっと早めに第一と第二展望台の間の樹林帯の岩陰で風を避けながら装着。第二展望台に到着する手前に右斜面の切れ落ちたポイントを通過。ロープも張られている。視界不良の時には注意必要な場所だが、この時はそこまで悪条件ではなかった。
画像

10:15 第二展望台。何も見えない展望台などには用は無いのでさっさと通過。一昨年もたしか二月頃にこのコースで来て、時間切れで第二展望台で引き返したことを思い出した。と言う事で積雪期の唐沢鉱泉からのアプローチは三回目。
画像

第二展望台を過ぎると、やや下って樹林の鞍部を通過、西天狗への最後の登りにかかります。登りの最初は樹林帯だが、間もなく森林限界を超え、大岩の転がる斜面の登高。まだ雪が十分に付いていないので、夏道を素直に辿る。地形的には特徴のないごろ岩の斜面なので、ホワイトアウトのような条件で無理に進むのは危険に思える。
画像

時々雲を通して太陽が顔を覗かせ、光が射し込んで来る。雲がかかっているのは山だけで、平野部は晴れているのだろう。光を捉えて写真を撮ろうとするがなかなかタイミングが合わない。真面目に撮ったつもりなのに、どこかユーモラスな写真になってしまった。。。アニメのモンスターが顔を覗かせているよう^^)
画像

西天狗の山頂ピークが薄っすらと見えてきた。もう少し。
画像

頂上間近で振り返る。光が射し西尾根まで一瞬視界が開けたのに、ちょっとシャッターが遅かった。
画像

11:00 / 2646m 西天狗岳到達。お隣の東天狗のピークのシルエットがガスの向こうにやっと見えるレベルの視界。赤岳、蓼科山など望むべくも無い。風も強いし、行動をやめると徐々に指先などの末梢部の体温が下がってしまう。この日使用のグローブ、ブラックダイヤモンドのソロイストは-9~-26度使用条件だが、着用感、指先の操作感は良いものの、防寒性能は微妙な感じ。
画像

震えながら待っていても視界が開ける見込みも無く、記録写真を撮って東天狗に移動。天狗岳の三角点は西天狗。
画像

西天狗からの急斜面を滑るように下りて、鞍部を進むと東天狗への登り。ピッケルを刺せる様な積雪も無く、結局この日は最後までストックで済ませてしまった。
画像

11:30 東天狗のピーク。こちらの方が登山者が多い。昨年夏には本沢温泉から東天狗まで来ている。あの日も眺望はイマイチだったなぁ。
画像

ちょっと下ってピークを振り返る。東面の崖と、ピークから南東に根石岳に至る尾根。
画像

東天狗から黒百合平への下りは最初は岩場の通過。東側の崖から無理に転落でもしない限り大きな危険は無いコースだと思うのだが、雪が少なく岩がむき出しな時期だと、転んで頭を岩に打ち付けるのは避けたいところ。
画像

画像

画像

僅かな青空でも嬉しい!^^)
画像

岩場を抜けて広い斜面の下りは北ヤツのゆったりとした眺望を楽しめる(視界がよければ)。天狗の奥庭、右奥に黒百合ヒュッテが見える。
画像

稲子岳と左にニュウ。稲子岳の右斜面向こうに稲子の湯、そこから本沢温泉へのルートが伸びる。この冬のシーズンに行く機会があるか。。?
画像

最後の斜面が結構急で、雪がちゃんと積もっていると、ピッケルの活躍の場になるのだが。
画像

ほぼ下りきって東天狗を振り返る。
画像

12:25 下りきって、樹林帯に突入すると風も避けられるのでホット一息。間もなく中山峠。中山峠から黒百合ヒュッテに向かう途中の木陰で昼食、小休止。アイゼンも外してしまう。
画像

12:45 黒百合ヒュッテ、この日はテントは二張りのみ。三連休最終日だし、天気が悪いのでこんなものでしょう。
画像

ヒュッテから先の下り道は、鉄網が随所に掛けられており、アイゼンでは歩きにくそう。傾斜も急ではないので壺足で問題なし。13:15 分岐。
画像

渋温泉への分岐を右に分けて唐沢鉱泉へと下りていく。この区間は初めて歩いた。尾根上のシラビソの森を抜けて、唐沢へ斜面を下っていく、言ってみれば単調な道。鉱泉に到着する少し手前くらいから、見上げると青空が広がり始めていた。
画像

14:05 / 1860m 唐沢鉱泉に帰着。6時間50分。鉱泉の池。
画像

昨年もそうだったが、成人式の連休を最後に唐沢鉱泉は冬季休業に入る。この日も営業最終日での温泉入浴。雪と山小屋と温泉、この組み合わせはたまりません。入浴を済ませ、店じまい作業中の宿の方に挨拶を済ませてこの日の天狗岳山行も終了。
画像

下って見上げると八ヶ岳上空は見事に晴れ上がり、傾いた陽射しの下、連峰は静かに佇んでいました。
画像

画像


2011/08 本沢温泉から天狗岳。
http://79476925.at.webry.info/201109/article_1.html
2011/01 唐沢鉱泉から西天狗往復。
http://79476925.at.webry.info/201201/article_11.html
2009/02 厳冬期東天狗登頂編はこちら。
http://79476925.at.webry.info/200903/article_1.html
2009/02 二日目白駒池方面スノーシュートレッキング編はこちら。
http://79476925.at.webry.info/200903/article_2.html
2008/02の東天狗山行記録はこちら。
http://79476925.at.webry.info/200803/article_1.html
2008/02の唐沢鉱泉から天狗第二展望台まではこちら。
http://79476925.at.webry.info/200803/article_2.html

参加してます。参考になりましたら是非クリックを
画像

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村 写真ブログ 山・森林写真へ

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 10

驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
ナイス ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

2012年01月18日 14:45
寒さが伝わって来ますね。
雪の量がこの位だと岩場はかえって歩き悪いのでしょうか?
一年を通じて八ヶ岳は歩いていますがなぜか唐沢鉱泉と渋の湯からは入った事がありません。
2012年01月18日 15:35
izumiさん、こんにちは。アイゼン研いだばかりなので、岩の上歩くとまた減っちゃうなぁ~と思いながら^^;自分にとってアイゼン歩行で一番怖いのは紐も含め何かに引っ掛けて転倒、滑落なので、中途半端な積雪はちょっといやですね。北ヤツは尾根を通しで歩いていないので、あのスキー場からアプローチするといろいろルートが取れそうだな~と考えてます。渋の湯基点に周回、唐沢からの周回、どちらもいいコースだと思います、オススメ^^)
2012年01月18日 17:53
今晩は。
寒そうですね。今時はとても登ろうとは思いません。

ここは2年前の秋の初めに登ったのが最後です。その時は本沢温泉の露天風呂に入ろうと思ったのですが、多くの人が順番待ちしていましたので、あきらめて稲子湯に入り帰りました。
2012年01月18日 19:11
こんばんは
雪質を拝見すると、アイゼンを付けなくとも大丈夫そうに見えますが、北八方面は低温で有名ですので、きっと先日の刃を研いだ威力が発揮出来たのでしょうね。
雪の中でカメラ操作の時のグローブには苦労しますが、使い勝手が良かったようですね。
2012年01月18日 21:46
インレッドさん、こんばんは。天気が良いと気持ちのよいルートなんですけどね~。本沢の野天、ゆったりは入れるのは雪の時期かな~と、ひそかに狙ってます^^)
2012年01月18日 21:55
リッキーさん、山頂付近の森林限界より上はさすがにアイゼン必要でした。このグローブは手のひら側が革製なのでしなやかで何とかシャッター押せました^^)耐寒訓練と思って歩いちゃいましたが、眺望無いのに山登るのはクリープのないコーヒーどころじゃないですね^^;
2012年01月19日 00:34
見るからに寒そうな光景ですね~
下山後に晴れてくるとは・・・
残念でしたね。。。
寒い中を歩いてきた後の温泉は極楽そのものなんでしょうね~
2012年01月19日 10:16
mikkoさん、おはようございます。風が吹くとちょっと寒く感じますが、歩いてる分には大丈夫でした。
雪と温泉、最高です!八ヶ岳周辺は山小屋にも温泉があったりするので、汗かく時期も含め快適に山歩きできますね^^)
2012年01月22日 09:03
 ユーモアのある写真が目に焼き付いてしまいました。面白いものですね。
 最後の2枚の晴天の写真と、他の写真との対比が素晴らしいです。
2012年01月22日 22:42
KURIさん、こんばんは。シャッタ0押し続けてると、たまにはこんな面白い写真も撮れるの、また続けてしまいます^^)ホントは岩の後の真っ白なサンゴみたいな木を撮りたかったのですけど、光がうまく射してくれなくて~。。。

この記事へのトラックバック