前日大雪&荒天の谷川岳~熊穴沢小屋まで 2011/01/23

昨年1月の記録です。昨年のこの時期は諸事情により山行停滞時期でしたが、翌週からのドイツ出張でさらに間が空きそうだったので、天候はイマイチ予報でしたが気分転換に雪山のフィールドに行ってきました。

8:45 / 1320m この日は前日夜半に1m近い積雪があり、平野部は晴天でも谷川岳に近づくと雪。ロープウェーの山頂駅はろくに視界も無いほど。風はそれほどでも無かったので安全と判断、行ける所までラッセルを楽しみに?出発。大量のパウダー新雪で雪崩のリスクも高いので、最初の取り掛かりはゲレンデ脇とは言え注意が必要。
画像

2012年の年末年始にも武尊山でラッセルに苦労したものの、谷川岳の豪雪は桁が違います。いつも通りゲレンデ脇を尾根上部に向って登っていきますが、スノーシュー履いていても最初から腰上まで埋もれてのラッセル。手で雪を掻き落とし、膝で押さえつけながら一歩一歩トレースを進める。
画像

場所によっては雪の壁が肩近くまでの高さに!
画像

この辺りではゲレンデ脇のポールが目印になる。昨年の同じ時期の風景とは大違い。
画像

画像

10:00 やっとゲレンデ右トップまで這い上がる。良いラッセル訓練になりました。条件良ければ既に熊穴沢避難小屋についてる時間。このモンベルの3レイヤーの手袋は指先の作業は苦手だけど、こういうシチュエーションでは信頼度が高い。まず雪が内部に侵入してこない。
画像

休憩しているとボーダーやらBCの人やらが上がってきた。
画像

画像

北斜面をトラバース気味にラッセルし、天神尾根のルートに辿りついた所で、後続の人たちが追いついてきた。とりあえず避難小屋まで行ってみようとか何とか。。話をし、自然、交代でのラッセルとなった。やはり踏み跡を辿るだけなのは楽、集団のパワーを実感した次第。それでもやせ我慢で結構トップも漕ぎました^^)
画像

画像

画像

11;35 熊穴沢避難小屋、小屋の屋根の上の目印が顔を覗かせているだけ。ポールには赤旗竹竿が括り付けられていました。雪の中の小休止。
画像

天神尾根の上部は雪の中。トレースは皆無の真ッ更状態。雪崩リスクも考えるとこれ以上の前進は危険でもあり、付けて来たトレースがいつまで残っているか不安でもある。と言うことで皆さんとお別れして早速下山開始。
画像

ボーダーさんご夫婦がどうしたかは分からないのですが、若い登山者一名は行ける所まで行ってみると。。若い!で、ロープウェー天神平駅に戻りながら振り返ると。。。尾根に果敢に挑むクライマー。
画像

画像

どっちを向いても同じような景色。。。
画像

画像

画像

天神平リフトトップ方面。リフトも運行開始したようで、パウダーイーターのスキーヤーやらボーダーのシュプールが斜面に弧を描いている。
画像

13:05 天神平駅からロープウェーで下山。雪と思う存分戯れた一日でした^^)
画像


2010年1月谷川岳登頂。
http://79476925.at.webry.info/201001/article_7.html
2010/01 谷川岳撤退編はこちら。星空の写真は結構良い出来です。
http://79476925.at.webry.info/201001/article_5.html
紅葉期の谷川岳はこちら。
htmlhttp://79476925.at.webry.info/200812/article_11.html

参加してます。参考になりましたら是非クリックを
画像

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村 写真ブログ 山・森林写真へ

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 10

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

2012年01月30日 20:30
こんばんは
真冬の谷川岳に行った事はありませんが、大変だったようでお疲れ様でした。
雪深い新雪をさすが北海道で鍛えただけある力強いラッセル姿ですね。
グローブは、指先の機能性・防寒性はどちらかを選ぶしかないのでしょうか?
2012年01月30日 22:15
リッキーさん、こんばんは。谷川岳は2月になると晴天の日も増えてきます。好天の白い谷川岳は素晴らしいです、入山者もそれなりにいますし、トレースも期待できますよ。
冬のグローブは防寒がまず重要ではないでしょうか。オーバーグローブを使えば、細かい作業の時には内手袋で対応もできますし、自分にあったシステムを工夫するもの雪山の楽しみかも^^)
2012年02月01日 17:17
 山登りが好きになった私でも、素人みたいに「どうしてそんなところに行くのぉ?」って思ってしまいました。
 それにしても凄い雪ですねぇ。ラッセルとかもやったことない私ですが、相当の労力なんでしょうねぇ。
 いやいやお疲れさまでした。
2012年02月01日 17:55
ハンスさん いつもありがとうございます
こんな積雪の中のぼられるのですか!ビックリです。
体力に其れなりの装備が無いと登れませんね。
2012年02月01日 22:06
KURIさん、こんばんは。山登り続けるとだんだん自虐的になるというか、マゾヒストっぽうくなるというか^^)ラッセルするような状況だと単独・少人数では十中八九山頂には辿り着けないんですけどね、雪と格闘するというのが面白くなっちゃうんでしょうか
2012年02月01日 22:12
彩さん、こんばんは。この日はちょっとハズレでしたけど、好天に恵まれると雪山は別世界の素晴らしさで、それが忘れられなくてまた行っちゃうんでしょうね^^)
2012年02月02日 07:59
おはようございます。
すごいファイトですね。昨年のと断り無ければつい数日前と見誤ってしまいます。
何年か前、熊穴沢小屋付近で雪洞を掘って一晩過したことを思い出しました。天気良く、頂上までも行けました。
2012年02月02日 10:30
甘納豆さん、おはようございます。昨年のこの時も凄い雪でしたが、今年はそれどころじゃなさそうです。熊穴沢近辺は雪洞作りにはうってつけのようですね。一度トライしてみたいです。どっかの尾根でイグルー作って一晩過ごすとかも^^)

この記事へのトラックバック