GWに白骨温泉と残雪の乗鞍岳ハイク 2011/5/2-3

2011年のGW前半は燕岳から常念縦走目指したものの大荒れの天候で燕岳往復で終了。その後、年中テント泊ばかりの罪滅ぼしに白骨温泉に泊まっての乗鞍ハイクに出かけることに。
5/2 - 最初は牛留池。休暇村の駐車場から木道を歩いて数分。まだ遊歩道には残雪たっぷり。
画像

次に善五郎の滝。こちらは善五郎の滝駐車場から歩いて10分ほどで展望台に。この時期は雪上歩きもあるので靴には注意要。すでに午後でやや逆光気味で滝と乗鞍岳をうまく捉えることはできず。新緑と残雪の乗鞍はきっと絵になるだろう。名前の由来の説明書きもあったが、つまらない話しであった。
画像

つぎに水芭蕉を求めて一の瀬園地へ。一の瀬園地の中でも特にまいめの池で綺麗な水芭蕉の群落を楽しめます。一之瀬園地の散策も気持ちが良い。
画像

画像

画像

画像

トレッキングは翌日メインなので、この日はさっさと白骨温泉へ。一時世間を騒がせていた白骨温泉は、信濃と飛騨を結ぶ鎌倉往還の時代からの旅人の湯浴みの場だった。戦国時代には近くで銀山が開かれそこの労働者の傷病を癒すために湯屋が開かれ、それが本日宿泊先の湯元齋藤旅館の始まりだそうだ。写真右が大正館、左が明治館、中央奥が昭和館。
画像

白骨温泉の地はもともとは栃の大木をくりぬいて湯船にしていたところ、湯の石灰分が白く結晶化した所から白船と呼ばれ、明治期にはすでに白骨という呼称も使われていたが、かの中里介山が「大菩薩峠」の中で白骨温泉を舞台とした章を書いたことにより白骨温泉という地名が定着した。その舞台でもあり中里介山が宿泊したのが湯元齋藤旅館である。
画像

折角泊まるのだからと、中里介山の名を冠した介山荘に。客室は広々、見晴らしと日当たりの良い浴室にバルコニー。お風呂で体を温めてタオル一枚で外のチェアに座ってみたが、優雅に時を楽しむというにはGWは寒すぎた。。大浴場は震災の影響で一部使用不可に(長野で起こった大きい余震のせいでしょう)。震災の影響はこんな所にまで。
画像

画像

画像

5/3 - 二日目は三本滝から乗鞍の剣ヶ峰を目指してみることに。お天気は高曇りで風も無く、雪上ハイクには好都合。夏道では三本滝から沢を渡り、尾根を詰めてから尾根通しで冷泉小屋を目指す。
画像

9:25 / 1740m では行ってみましょうか。最初は駐車場から三本滝方面へ下り、雪はまだたっぷり残っている。
画像

樹林帯を歩いていくと三本滝への吊橋。吊橋から見える翠色の渓流はまだ残雪を抱えて。
画像

三本滝は目的ではないのだが何故か来てしまった。。
画像

画像

三本滝をさっと鑑賞して、目的の吊橋まで少し戻って斜面を下る。吊橋への足跡は不明。吊橋についてみると、雪の付き方が最悪に中途半端。雪の上は崩れそうでとても通過できない、雪のトンネルをくぐれないかと思ったけど狭すぎて無理。吊橋の外側を伝って??このルートは諦めて別ルートで進むことにした。駐車場方面へ戻る。大きく時間ロス。
画像

画像

戻る途中から雪面を登り、途中道路をかするようにしてもう一段上の道路に合流。ごく一部歩いたらしき跡が残っているが、それ以外は目印のない腐った雪の上を進む。
画像

画像

道路に合流してから暫し除雪のされた道路を歩く。途中でバスに追い越された。歩いているのがちょっとバカバカしくなるが、下から歩くのが目的だからこれで良いのだ。。橋の上から、下流で三本滝に落ちる沢を見下ろす。
画像

再度、森に突入。ここで赤テープに惑わされ、ルートをやや右に取ってしまう。ルート修正する際に沢上のスノーブリッジを渡ったが、冷や冷やもの。
画像

この後も無理やりのショートカットを繰り返し、高度を稼ぐ。途中で冷泉小屋を見送る。まだ冬季閉鎖中。
画像

冷泉小屋の上のショートカットはかなりの急斜面。
画像

13:10 / 2350m 急斜面を登りきって、緩やかになった雪の中を進むと、森林限界より上の乗鞍山頂エリアが見えてきて、位ヶ原山荘の少し先に合流した。軌道修正してから3時間、高度差600mを稼いだことになる。
画像

剣ヶ峰は画面左中央に向けて一段、二段登って更に奥に位置する。
画像

下りのバスは15:00。時間的に山頂まで行くのは無理そうなので、次回位ヶ原から山頂まで歩こう。そうは言え行ける所まで行ってみるのが自分流。まずは第一段目の登り。スキーヤーが一杯で羨ましい。
画像

次に第二段目。ツアールートは左から巻くのだが、雪崩もないし斜面の右から一気に登る。
画像

大黒岳と富士見岳の間に畳平。左上に除雪前の道路が通っている。
画像

14:10 / 2650m 登りきるともう目の前に剣ヶ峰。往復一時間ちょっとか。。が、残念ながら時間切れ。
画像

眼下に位ヶ原山荘。やっぱりここはスキーで来たい山ですね^^)
画像


参加してます。参考になりましたら是非クリックを
画像

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村 写真ブログ 山・森林写真へ

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

ナイス ナイス
かわいい

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック