不動沢崩れの進む船窪岳~不動岳~南沢岳~烏帽子岳 2628m 二日目 2011/09/23-25

翌朝は快晴。テント内側は霜がびっしり。このルートは不動沢の崩壊斜面に沿って歩くので、日が昇るのを待っての出発。
画像

本日の一番きつい登り返し、右、船窪岳から不動沢岳への尾根。奥に薬師岳。
画像

6:05 / 2350m 足元は霜が降りてカチカチ、要注意。
画像

最近倒れたと思われる木。こうして浸食が進むのでしょう。
画像

見下ろすとこんな感じの所を歩いていきます。
画像

6:40 船窪乗越。ここで鉢ノ木谷へのルートを分けます。そう言えば昨日日暮れ時に鉢ノ木谷を登ってきたシニアグループがいましたね。
画像

7:05 船窪岳の山頂標識。こちらは小ピークで、実際は再度下って登り返す第二ピークと書かれたほうが標高は高いです。山頂からは槍、高瀬湖?、高瀬川の上流に湯俣温泉。
画像

船窪岳(小ピーク)からの下りがやややっかい。痩せ尾根で不動沢側はもちろん、反対側の傾斜も急。
画像

画像

登り返しは陽の当たる明るい斜面。ロープとかは張られてはいますが。。マツムシソウ。
画像

ナナカマドの赤い実と青空。
画像

8:25 / 2459m 船窪第二ピーク。ここまで2時間20分。。
画像

ピークからは期待していた針ノ木岳の眺望は得られず。東側は開けています。蓮華岳、蓮華の大下り。針ノ木峠には針ノ木小屋。
画像

次の目標は不動岳 2595m。手前の岩のピークを過ぎると大きく下り、そこから登り返す。
画像

画像

岩の中間ピークからは立山~薬師の稜線が良く見えます。ちょうど対面に五色が原の山荘が見えます。
画像

不動岳の岩のピーク 2601m までもう少し。
画像

振り返ると、ちょうどキャンプ場からここまでのルートの全貌を見ることが出来ます。
画像

岩のピークからは立山、剱岳の眺望が素晴らしい。岩のピークのほうが三角点のある不動岳山頂 2595m より少し高い。
画像

三角点の山頂に向かう。
画像

11:30 / 2595m 山頂から振り返ると、立山と針ノ木岳。
画像

さてここまでくると、ゴールの烏帽子岳まではあと一息。次の目標の南沢岳には、また大きく下って、中間の小ピークを乗り越えて更に降下、そこからザレた斜面のルートを登り返します。
画像

小ピーク手前で不動岳を振り返る。
画像

小ピークを乗り越えて、南沢乗越から振り返る。結構な急下降。
画像

南沢乗越からは再度の登り。ぼちぼち限界。崩壊が進む毎に登山道は付け替えられている。むやみにハイマツを払うと崩壊が促進されるので、このような所も歩かなければならない。
画像

東を見下ろすと、右から下山コースのブナ立尾根が落ちている。落ちた先が濁沢。高瀬ダムの向こうは唐沢、餓鬼岳、燕岳から大天井岳への表銀座コース。
画像

13:15 / 2625m 南沢岳山頂。約7時間。広々とした山頂からの眺望は360度。北方には針ノ木岳、蓮華岳に連なる後立山の中でトンガリが特徴的な白馬岳が目を引きます。
画像

この夏に歩いた室堂から五色ヶ原への稜線。中央辺りがザラ峠、かの佐々成正のサラサラ越えの地だ。富山から常願寺川を遡行、ザラ峠を越え、黒部川を越え、針ノ木峠を越えて浜松の徳川家康の下に援軍の依頼に向かったのだ、厳冬期に。
画像

赤牛岳につながる読売新道の通る尾根と、薬師岳。写真右に黒部源流も見えます。
画像

南沢岳の南端から烏帽子岳、烏帽子田園、三ツ岳。
画像

烏帽子田園から南沢岳を振り返る。池塘への青空が映り込みが鮮やか。
画像

14:35 烏帽子分岐。既に朝出発から8時間半。もう烏帽子はパスと気持ちの傾きかけているところを、船窪からほぼ同じペースで歩いてきたご夫婦やベテランのお兄さんに背中を押され、カメラだけ担いで山頂に向かいました。
画像

山頂直下の岩場。
画像

烏帽子岳山頂 2628m。
画像

斜光に輝く烏帽子岳。
画像

16:15 / 2550m 烏帽子岳分岐から最後の力を振り絞って前烏帽子岳を乗り越え、烏帽子小屋到着、休息、烏帽子登頂含め10時間10分。裏銀座の出発点にしては質素でこじんまりとした小屋です。最近の台風で天水はたっぷり溜まっているようで、水も快く譲って(販売して)もらえました。
画像

テント場は野口五郎方面に5分ほど進んだところ。船窪よりは遥かに広々としている。水場はなし、トイレは小屋まで戻らねばなりません。暮れなずむ三ツ岳を眺めつつの夕食となりました。
画像


七倉から船窪テント場まで。一日目はこちら。
http://79476925.at.webry.info/201109/article_5.html
三日目最終日、烏帽子小屋から下山はこちら。
http://79476925.at.webry.info/201109/article_7.html
2011年夏 室堂から薬師岳縦走、一日目はこちら。
http://79476925.at.webry.info/201109/article_4.html

参加してます。参考になりましたら是非クリックを
画像

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村 写真ブログ 山・森林写真へ

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

ナイス ナイス

この記事へのコメント

2011年10月14日 19:32
ハンスさん
コメント、ありがとうございます。
我が家はもう少し下がった所にテントを張っていました。
小屋まで登ったり降りたりしていましたからキットお会いしていたんでしょうね。

北アルプス、随分歩かれていますね。
羨ましいです!!

2011年10月15日 20:17
izumiさん、コメントありがとうございます。私達は50代夫婦登山でのんびりやってます。また、どこかの山でお会いすることも?宜しくお願いします^^)

この記事へのトラックバック