あこがれの剣岳へ 2999m 2010/8/21-22 第二日目

3:00には起床も、夜半の星空は夜明け前でも変わらず、既にヘッドライトをつけた登山者が続々と登り始めている。
画像

4:30 / 2530m 急ぎ準備を整え、まずは剣山荘を目指してテント場から下っていきます。
画像

5:00 暗い中雪渓を渡って、少し進むと剣山荘、大勢の登山者が集まっていて、出発の準備をしています。明るくなる東の空を眺めながら、まずは一服剱へ。
画像

途中、朝日が昇り始め、谷間に光が差し込み始めます。
画像

5:25 / 2618m 一服剱のピークに立つと、その先に前剱の峻険な岩山、いやでも緊張感が高まります。
画像

一服剱から一旦下って、前剱に向かってガレた斜面を登っていきます。振り返ると一服剱がずいぶん下のほうに。
画像

途中から岩場に変わり、前方に大岩が。
画像

6:05 / 2813m 前剱(ぜんけん)。いよいよ剱岳の山頂と手前に平蔵の頭(ヘイゾウノズコ)が見えてくる。
画像

前剱の門を下って、平蔵の頭に取り掛かります。

7:13 平蔵の頭を無事通過、平蔵のコル、カニのタテバイまで到達。いつものようにカメラを首からぶら下げて歩くわけにもいかず、ザックにしまって必死に岩場を通り抜けてきたので写真はほとんどなし 中央の薄っぺらい岩山の中央を上り下り別ルートで行き来、帰りは岩の向こう側に梯子を降りていきます。
画像

カニノタテバイ、多少の渋滞。それくらいのほうが初めての場合、一呼吸置けて良いかも。岩を見上げると帰りに通過するカニのヨコバイが見えます。
画像

画像

タテバイを乗り越えるといよいよ最後の岩尾根の登り。
画像

画像

8:00 / 2999m ついに岩と雪の殿堂、剱岳山頂~~
画像

画像

南方、登頂ルート方向には別山と剣御前に囲まれた剣沢のテント場、立山三山、その後方には槍ヶ岳/穂高から、水晶岳/赤牛、黒部五郎、薬師岳とそうそうたる名峰が立ち並ぶ。
画像

東方には鉢ノ木岳の尖がり、右に餓鬼岳、燕、後方に富士山(餓鬼と蓮華の中間)、八ヶ岳、南アルプスのシルエット。
画像

北東には後立山連峰~右から鹿島槍、五竜、唐松、白馬三山。。手前にハツ峰のとげとげ、更に手前が長次郎谷で、途中にテントが三つほど。北方稜線ルート、辿ってみたいです。
画像

北方には毛勝三山と日本海へ注ぐ黒部の渓谷。
画像

そして、早月尾根、下のほうに早月小屋が見えます。
画像

8:40 下山開始。そして難所と言われるカニのヨコバイ。ここも若干の渋滞。ヨコバイは垂壁の岩に取り付いて岩を下にステップダウンする際、最初の一歩のステップが見えないので、初めてで一人っきりだとちょっと困るでしょうね。幸い?の渋滞、お互いに足場を教えあいながらの通過。
画像

画像

9:35 平蔵の頭を越えて一服。前剣までもう少し。
画像

画像

9:50 前剱の門で平蔵の頭を振り返る。
画像

画像

このあたりにはトリカブトが一杯咲いています。
画像

前剱を越えて振り返る。
画像

一服剱近くまで下って前剱を再度振り返る。名残惜しいが先を急ぎますので・・・
画像

10:35 一服剱から見下ろすと、剣山荘と剣沢を一望。
画像

10:50 剣山荘を通過。
画像

剣沢の雪渓。
画像

11:10 / 2530m 剣沢のテント場到着。山頂での40分の休息を除くと往復6時間でした。
画像

12:35 お昼を食べてテントを撤収し、室堂に向かって出発。
画像

13:34 別山乗越。雷鳥沢を見下ろして。
画像

画像

14:55 / 2377m 雷鳥沢通過。地獄谷を経由して室堂に。地獄谷の硫黄の噴出はすさまじく、息が切れた状態での通過は、途中で本当にガスで倒れるかと。。
画像

画像

15:40 / 2400m 室堂到着。バスは行列でしたが、アルペンルートは意外と空いてい助かった。秋に来たとき大観峰で2時間?くらい待たされたけど、夏は一般観光客は少ないのかも。駆け足の剱岳登山でしたが、また是非期待ですね、次回は早月尾根からかな

剱岳一日目はこちら。
http://79476925.at.webry.info/201010/article_1.html
2007年立山三山縦走はこちら。
http://79476925.at.webry.info/200711/article_2.html

参加してます。参考になりましたら是非クリックを
画像

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村 写真ブログ 山・森林写真へ

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック