豪雪の谷川岳 再訪 1977m 2010/01/20

前回熊穴沢でテント泊も、翌朝の天候悪化で撤退。積雪期の谷川岳頂上からの眺望を楽しみたく、中々青空の出ない上越地域の天候回復を待っての再訪を果たしてきました。

日の出前の平日の関越道、月夜野で降りて谷川岳を目指す(久しぶりに100kmまで半額制度利用)。お天気は上々、途中、武尊山の真っ白な頂が眩しい。
画像

8時少し過ぎにロープウェー駐車場到着。平日は駐車場は無料。ロープウェーは9時が始発につき30分ほど待機。流石に平日の早朝、ぶらついているのは10名ほど。ソファーでシュラフで一晩を過ごした方もいたようです。
画像

9:15 / 1320m 一番乗りしたロープウェー駅からスノーシューで出発。BC組やボーダーのように天神峠にリフトで上がらず、前回同様スキー場の脇を天神尾根上部に向け直登。昨日までの踏み跡も所々雪でかき消されている。振り返ると、白毛門、朝日岳が朝の日差しを浴びて美しい。登ってみたいですねぇ。。そして誰もいない。。
画像

天神尾根上部に出ると、谷川岳の双耳峰が青空に溶け込むように見えてくる。
画像

天神峠からのルート合流までの北斜面トラバースは踏み跡無し。スノーシューでも結構沈み込み、先行き不安になるが、尾根ルートに合流すると先行BC、ボーダー組みのトレースがあらわれる。

10:30 熊穴沢避難小屋。5名ほどが固まってトレースの無い天神尾根を登り始める。
画像

好天と南斜面であることもあって雪質は次第にしまってきて歩きやすくなってくるものの、どうも数日前の高尾山稜ハイクの疲れか足が進まない。切り立った俎嵓山稜から太源太山方面、遠くに浅間山、篭ノ登山が見えてくる。
画像

天狗の留まり場付近も真っ白な雪と真っ青な空のみ。気温が上がり、汗だくになる。
画像

12:10 肩の小屋通過。
画像

12:22 / 1963m トマノ耳。真っ青な空と雄大な雪景色。しつこく粘って来た甲斐がありました。遠くに巻機山、越後三山が見えます。
画像

画像

12:50 / 1977m オキノ耳。こちらは誰もおらず山頂一人じめ。
画像

太郎山、仙ノ倉から右手には苗場山、左奥には草津白根、浅間山の素晴らしい眺望。
画像

武尊山から日光白根山。
画像

至仏山から燧ケ岳、尖った景鶴山。
画像

下りは楽なものの、もう結構あごが上がっています。
画像

熊穴沢の頭から最後の嫌な急斜面。
画像

急斜面を登りきり、熊穴沢の頭を振り返る。
画像

14:45 / 1320m 無事帰還。いやあ~、素晴らしい雪山山行を楽しめました。感謝。

谷川岳撤退編はこちら。星空の写真は結構良い出来です。
http://79476925.at.webry.info/201001/article_5.html
紅葉期の谷川岳はこちら。
htmlhttp://79476925.at.webry.info/200812/article_11.html

参加してます。参考になりましたら是非クリックを
画像

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村 写真ブログ 山・森林写真へ

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

ひろ
2010年02月04日 00:02
こんばんは。ブログでは始めましてです。
谷川岳の写真がまた見たくなって、遊びにきました。
始めたばかりの山、まだまだ雪山に登る技術も経験もないので、すごく憧れます。
自分の足で行ってみたいなぁ・・。
今のところ、雪景色はスキー場止まりですw
2010年02月04日 00:40
ひろさん、コメントありがとうございます。スキーなさっているの、うらやましいです。今年はBCスキーに挑戦しようか、未だ踏ん切りつかず。。。雪景色は良いですよね。

この記事へのトラックバック