早くも雪景色の頚城山塊は火打山 2462m妙高山 2454mテント泊登山 08/11/1-2 二日目

引き続きの昨年11月の山行報告です。前日火打山 2462m を往復し、高谷池のキャンプ地で雪中幕営、氷点下の朝を迎える。
画像

8:30 / 2120m 高谷池キャンプ場をかなりの遅出。天候良好、気温は低く、新雪は解ける気配も無い。キャンプ場から踏み跡の少なくなる黒沢池へのルートに。茶臼山 2171m はピークがどこかも良くわからなかったが、火打山が次第に背後に隠れ、前方に妙高、右手に黒沢池、高妻山が見えてくる。黒沢池の北の端っこに八角ドーム型の黒沢ヒュッテ、以外に景観との違和感は無い。
画像

9:40 / 2000m 黒沢ヒュッテはまだ営業中で、ヒュッテの方に聞くと何名かは既に妙高に向かったとのこと。テントを押し込んであるザックを小屋の入り口にデポさせてもらい、早速妙高に向かう。
画像

10:05 ヒュッテから直ぐに大倉山の急斜面にかかり、20分ちょっとで大倉乗越。妙高山の外輪山である大倉山からの感じは、ちょうど浅間山と黒斑山のそれと似ている。背後には火打山、外輪山の東側は切れており、妙高温泉方面に谷が続いている。大倉乗越からは所々ロープがかけてあるような急な斜面を左方向に巻くように降下する。
画像

10:35 長助池分岐。雪を被ったベンチで一休みしていると、3人グループが下山してきた。朝は踏み跡も無く、ラッセルで苦労したらしい。山頂へのルートは急登で大きな岩がゴロゴロしている潅木帯を行く。
画像

12:05 / 2454m 妙高山山頂。薄くガスがかっているので、遠くはクリアには見えませんでしたが、360度の眺望は素晴らしいです。東に野尻湖、斑尾山、遠くに志賀高原、西方には火打、後立山連峰も雪を被っています。
画像

画像

画像

画像

画像

画像

14:25 / 2000m 黒沢ヒュッテ。ザックをピックし、小休止の後下山再開。雪に覆われた黒沢池から、富士見平で高谷池ヒュッテからのルートと合流し、どんどん降りて行く。
画像

17:15 / 1310m 黒澤出合を通過する頃には当たりは随分と暗くなってきてしまった。木道歩きの途中でヘッドランプを取り出し、笹ヶ峰登山口到着の頃には陽もとっぷりと沈んでいました。この翌日は、雨飾山に登る予定で杉野沢林道を小谷温泉に向かい、取り合えず雨飾荘近くの露天風呂で汗を流しました。晩秋の夜の露天もおつなものです。ただ汗を流すと疲れもどっと出て、また麓から山一つ登る意欲が無くなり、雨飾山は次回と言うことで、帰路につきました。

一日目、火打山山行記録はこちら。
http://79476925.at.webry.info/200904/article_8.html
翌年2009/04の雨飾山山行記録はこちら。
http://79476925.at.webry.info/200904/article_7.html

参加してます。参考になりましたら是非クリックを
画像

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村 写真ブログ 山・森林写真へ

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック