紅葉の乗鞍岳、焼岳、木曽駒ヶ岳 3連続登山 08/10/11-13 三日目 木曽駒ヶ岳2956m

(2008/10の山行記録です)前日は焼岳登山、一時期世間を騒がせていた白骨温泉で入浴、一の瀬キャンプ場で二泊目の夜をすごしました。三連荘の最後は木曽駒ヶ岳、秋たけなわのこの時期、混雑が予想されるロープウェー乗り場に早くたどり着くため、早朝にキャンプ場出発。冷え込んだ朝は車のウィンドーがカチカチに凍結していました。駒ヶ根ICからロープウェー方面に走っていくと間もなく満車、満車の駐車場。誘導に従い車を止め、バスを待ちますが、とにかくすごい人。バスで揺られる間は、空木岳、檜尾岳の登山口が目に入り登山意欲をそそられます。しらび平では既に順番待ちの列が外にまで伸びてきており、小一時間ほど待って千畳敷に。
画像

9:35 / 2640m ロープウェー駅の建物を出ると直ぐ宝剣岳の鋭鋒と、紅葉に彩られたカールが出迎えてくれます。行列待ちをした甲斐があったと言うもの。早速千畳敷の斜面を写真を撮りながら、八丁坂分岐、乗越浄土を越えて宝剣山荘に向かう。振り返ると南アルプス連峰、富士山が頭を覗かせている。
画像

画像

10:25 / 2850m 乗越浄土手前の急坂を乗り切ると、広々とした山頂風景が広がり、稜線上に宝剣山荘、天狗荘、左端に中岳が。2850mの標高で大勢の人がハイキングを楽しんでいる、といった感じでしょうか。
画像

10:40 / 2925m 中岳。ここまで来ると人もかなり減ってきて、中岳からは目指す木曽駒ヶ岳のゆったりとした山頂が見えてきます。
画像

画像

11:05 / 2956m 中岳から鞍部に下り、頂上山荘を右手に登り返すと木曽駒ヶ岳山頂、遮るものの無い360度の眺望。頂上下に頂上木曽小屋、御嶽山が雲に包まれている。乗鞍と穂高、槍が雲海から顔を覗かせる。
画像

画像

画像

一しきり眺望を楽しみ、宝剣山荘に引き返す。中岳は山頂を通らず、右の崖沿いの巻道を通過。宝剣山荘の建物の影で風を避けながら昼食。で、本日のメイン、宝剣岳縦走にかかります。
画像

12:35 / 2931m ゆったりした稜線歩きの木曽駒とは打って変わり、宝剣岳への登りは鎖の混じった岩場ルート。右手は切れ落ちた崖、慎重に登っていくと間もなく宝剣岳山頂。ここまで来る人は登山者のみでさすがに少ない。眼下にはカールと千畳敷の駅。ここから極楽平まではナイフリッジが待っている。
画像

画像

画像

画像

山頂からの下りは雑然と積み重なった大きな岩を伝うように真っ逆さまに降りて行く。左右が切れ落ちているので高度感があり緊張を強いられる。幾つかのピークを正に乗り越えて、壁を攀じ登っていくと間もなく広々とした極楽平に出る、13:35。短い距離の岩峰縦走でしたが、とても楽しめました。極楽平の先には島田娘ノ頭へのゆったりとした稜線が続きます、その先は空木岳。
画像

画像

画像

画像

画像

画像

極楽平から千畳敷のロープウェーの駅に向かって降りていく。見上げると、今通り抜けてきた宝剣岳のギザギザの岩峰に傾き始めた陽が差し込んでくる。
画像

画像

1430 / 2640m 帰りの混雑は凄まじい。立山からの帰りのよう。二時間近く待ってやっと下山。充実の秋の三連休でした。
画像


一日目乗鞍岳登山はこちら。
http://79476925.at.webry.info/200904/article_12.html
二日目焼岳登山はこちら。
http://79476925.at.webry.info/200904/article_13.html
恵那山登山編はこちら。
http://79476925.at.webry.info/200901/article_5.html

参加してます。参考になりましたら是非クリックを
画像

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村 写真ブログ 山・森林写真へ

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

面白い
ナイス ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック