初冬、南アルプス積雪の秀峰 塩見岳 3047m 2008/11/22 第一日目

画像

3月最後の週末は体を休めるため、山行は見送り。未記録の昨年10~11月の山行記録をアップします。2008/11/22~23は南アルプスの塩見岳にテントを担いで行ってきました。前日の夜半に気温が下がり広い範囲で積雪があったようで、八ヶ岳PAから眺める甲斐駒ケ岳も八ヶ岳も山頂付近はすっかり白くなっている。諏訪から152号線で杖突峠を越えるが一部凍結、高遠を越えて中沢峠1317m付近はすっかり雪模様、夏タイヤで恐る恐る通過、鹿塩から鳥倉林道に入る。林道とは言え良く整備された道で、ゲート前駐車場までスムーズに到達。途中圧雪状態の部分もあったので、チェーンを装着での走行。途中、雪を被った中央アルプスも綺麗に見渡せた。
画像

画像

10:35 / 1630m 鳥倉林道越路ゲート出発。駐車場にはトイレ有、車が5台ほど止っている。登山口までは簡易舗装された林道歩き、これが結構長い。谷をぐるりと巻くように林道を歩いていく。人の踏み跡とともに大きな獣の足跡も。登山口手前で猟銃を抱えた猟師さんとすれ違う。つい今しがた近所に出没した熊を追いかけたが、取り逃がしたばかりとか。。
画像

11:20 鳥倉登山口。ゲートから30分と言うマップの標準タイムは間違いでしょう。登山届けを提出しうっすら雪化粧した林道から登山道に入る。ジグザグに斜面を登っていき枝尾根から左にトラバース気味に登っていく。時々視界が開け、小河内岳の山稜が見えてくる。
画像

12:55 豊口山間のコル。林道から1km、三伏峠まで2km地点。ここから間もなく延々続く斜面のトラバースに入る。所々に木の梯子がかけてあり、雪でスリップしやすくなっているので注意必要。アイゼンはつけず。途中の水場は予想通り凍結して使えない。途中すれ違った方のお話では、昨日からの雪で今日は塩見には登れず、時間もないのでやむなく下山してきたとのこと。
画像

画像

14:50 豊口山分岐。ガレたルンゼを通過すると間もなく塩川ルートとの合流点。ここからの急登をこなすと間もなく樹間から仙丈ケ岳や甲斐駒が見えてくる。
画像

画像

15:25 / 2645m 三伏峠小屋到着。避難小屋の中にも何組かテントを張っていたが、折角の雪山、やはりここは雪に囲まれて過ごしたい。本谷山まで前進して幕営というのがスケジュール的には理想的だったが、陽も傾いてきたし疲れたので三伏峠で行軍休止。夜は静かに早めに就寝。。の予定がお隣の三名様テントの宴会の盛り上がりが8時過ぎまで続き、なかなか寝つけず若干の不機嫌モードに。。
画像

画像

画像


二日目塩見岳登頂編はこちら。
http://79476925.at.webry.info/200903/article_7.html

参加してます。参考になりましたら是非クリックを
画像

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村 写真ブログ 山・森林写真へ

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック