岩稜の後立山連峰縦走 五竜岳~八峰キレット~鹿島槍ヶ岳~冷池山荘 二日目 2008/9/14

5:50 五竜山荘 2490m のテント場を出発。依然としてガスの晴れない天候。雨の心配は無いようだ。

G0、G2と呼ばれる岩峰を巻きながら、ガレたルートを慎重に登っていく。山荘からの往復の人も多いようで空荷が羨ましい。
画像

山頂直下の岩壁。クサリ場をこなしながらの登行。
画像

山頂手前の分岐路には大勢の人が休息している。三角点のある五竜山頂はここから奥に5分ほど。山頂はガスで視界無し
画像

画像

6:50 五竜岳 2814.1m 山頂。ここから先は行き止まり。
画像

分岐路に戻り小休止、いよいよ八峰キレットに向かって前進開始。鬱陶しいガスの中の険しい岩場の登下降を繰り返すのだが、元気のいい関西系の大学生男女グループと前後しながら歩いたので心理的には随分救われたような気がします。切れ落ちた岩稜帯を乗り越えるように進むような場所、急な下降場所が多いので結構緊張を強いられるが、どうしようもなく困難と言うような箇所は無い。両手をフリーにしておく必要があったので、昨日に引き続き撮影はままならない。予備にポケットカメラを携帯するとこう言う場面では重宝するでしょう。
画像

9:05 G4 G5 赤抜を乗り越えて北尾根の頭 2560m 到着。今来たルートを振り返る。少しガスの間から陽が差すようになってきた。前方に青空と鹿島槍の裾野、キレット方面が見えてきた。
画像

画像

画像

10:00 口の沢のコル付近。ルートを振り返る。キレットが迫ってきた。
画像

画像

11:00 キレット小屋 2518m 到着。左右に岩壁が迫り、前後、特に信州側は切れ落ちた鞍部に建つ小屋。八方キレットは小屋の向こう側の壁を乗り越えた先にある。梯子と鎖のルートだが、夏場はさほど緊張することもない場所。冬には懸垂下降が必要となる場所らしく、八峰キレットの本領は冬に発揮されるのだろう。
画像

12:20 キレットからの急登を登ると間もなく鹿島槍ヶ岳の北峰と南方の鞍部に出る。細い稜線のルートを辿って南峰へ向かう。
画像

画像

13:40 鹿島槍ヶ岳南峰 2890m 登頂。縦走者に、頂上へのピストンの人も加わり大勢の人が頂上で憩う。雲の切れ間から時々青空と視界が得られる。
画像

鹿島槍ヶ岳からの下降を始めると、前方に布引山への美しい稜線のラインが延びている。左は綺麗に切れ落ち、雲が湧き上がり、右側面は緩やかにハイマツに覆われている。
画像

14:45 布引山 2688m 到達。布引山から冷池山荘までを緩やかに下る。
画像

15:35 冷池山荘 2410m のテント場に到着。もうテントで一杯、石ころを片付けてスペースをつくりほっと一休み。随分青空が広がってきた。爺ガ岳が夕空に聳え、夕日が剣ガ岳に落ちていく。東の空の月が美しい。水場は無いのでテント場から10分ほど下った山荘に買いに行くしかないのが苦痛。お値段も高めで商売っ気丸出しの山荘のようだった。
画像

画像

画像

画像


五竜山荘 5:50 / 2490m - 五竜岳 6:50 / 2814.1m - 八峰キレット 11:00 / 2518m - 鹿島槍ヶ岳 13:40 / 2890m
- 冷池山荘 15:35 / 2410m = 歩行時間 9時間45分 / 最大標高差 404m

後立山連峰 一日目 唐松岳登頂編はこちら。
http://79476925.at.webry.info/200812/article_8.html
後立山連峰縦走 三日目 爺ヶ岳登頂編はこちら。
http://79476925.at.webry.info/200812/article_10.html
白馬三山縦走編はこちら。
http://79476925.at.webry.info/200811/article_11.html

参加してます。参考になりましたら是非クリックを
画像

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村 写真ブログ 山・森林写真へ


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック