北アルプスの楽園 雲ノ平周遊三日目 三俣山荘~鷲羽岳~水晶岳~雲ノ平 2008/8/13

昨日のロングトレイルで疲れたのか、三日目のスタートはやや遅め。近くのテントの連中が遅くまで騒いでいたのも原因か。酒飲んで騒ぎたければ酒場かオートキャンプ場でも行けばいいのに、傍迷惑な。お隣の単独行の方は槍ヶ岳から縦走してきたそうで、込んでいるテントサイトでわざわざテントを移動してスペースを分けてくださった、感謝。本日も天気は良好。
画像

6:10 三俣山荘 2540m を出発。山荘前から槍、穂高を眺めた後、這松に覆われた稜線をさけるように崩れてガレた斜面を横切り、鷲羽岳への登りにかかる。尾根に沿っての一気登り、ルートがはっきりしているので気分的には楽だ。眼下に出発地の三俣山荘、そして三俣蓮華岳、双六岳へと続く山並み、背後には三角形の笠ガ岳。
やや南には鷲羽池、槍ヶ岳への西鎌尾根、右端の双六岳からの尾根が下降した鞍部に赤い屋根の双六小屋が見える。後方からどこかの大学の山岳部が大声で掛け声をかけながら登ってくる。
画像

画像

画像

7:30 鷲羽岳 2924m 山頂到達。昨日ガスがかかってしまった黒部五郎岳の雄姿、山頂直下のカール地形をはっきり見ることが出来る。足元には黒部源流の谷間。黒部五郎から右方向に昨日歩いた北俣岳への稜線が続く。ハクサンイチゲの群落のあった雪渓も。
画像

画像

画像

昨日の出発地横に鎮座していた薬師岳、手前には本日後で歩くことになる祖父岳 2825m の山頂とその稜線。左端に見える山頂には早朝にも関わらず沢山の人影が見えた。
画像

7:50 次の目的地、水晶岳に向かって出発。途中の稜線上の岩の突起がワリモ岳 2888m。右から攀じ登って左を巻いて向こう側に抜けるようだ。
画像

画像

8:45 ワリモ岳。ザックをおいて岩に攀じ登る。山頂付近から鷲羽岳を振り返る。
画像

そして水晶岳へと続く稜線ルート。
画像

ヨツバシオガマ
画像

9:20 ワリモ北分岐 2800m。ここに沢山のザックをデポしてある。同じようにザックをおいて水晶岳に向かう。ここからは暫らくはなだらかなルート、水晶小屋への最後の登りがちょっときついくらい。
画像

9:55 水晶小屋分岐。小屋には寄らず、小屋裏の坂を登って水晶岳に向かう。黒々とした水晶岳の山頂と、続く稜線の先には赤茶けた赤牛岳。
画像

10:40 水晶岳(黒岳) 2986m は岩峰鋭い双耳峰、山頂に至るルートはガレていて、途中梯子もある。梯子の下部で、下降してきた人を待っていたら、岩場に足を引っ掛けて目の前を頭から前のめりに一回転しながら滑落してしまった。手を伸ばそうとしたがまったく間に合わず。幸い4-5m下の岩場で止まったがぞっとする瞬間だった。ザックのある背中から落ちたので怪我は頭をすり剥いたくらい、メガネを壊したようだったが同行の人に助けられ事無きを得た。暫らく動揺、膝がガクガクして歩き出せなかったが、再度慎重に岩場を乗り越え乗り越え、無事水晶岳登頂。山頂は風が強かった。
画像

画像

画像

画像

山頂からは目の前に薬師岳、水晶岳(黒岳)から続く稜線の先に赤牛岳、右前方に黒部湖、立山連峰。
画像

東方には後立山連峰の山並み、野口五郎岳から、雲がかかりかけている尖った烏帽子岳へと続く裏銀座縦走コースだ。
画像

暫し眺望を楽しみ、下山開始。慎重に下り、岩場を抜けるとなだらかな山稜の先に水晶小屋が見えてくる。小屋右上の赤いピークが赤岳 2900m 三角点がある。
画像

11:40 こじんまりとした水晶小屋。冷えたドリンクを一気飲みしてザックを置いた分岐に戻る。
画像

???
画像


12:15 ワリモ北分岐、少し下ったところに黄色い岩苔乗越の分岐標が立っている。真直ぐ進むルートが祖父岳へと続いていく。
画像

イワギキョウとイワツメクサ
画像

ミヤマキンバイ
画像

高山植物の綺麗なルートを登って行く。途中にはロープの張られた急な場所もあったが、総じてゆったりめ。ただ鷲羽岳、水晶岳と登ってきた後だけに、この祖父岳の上りは応える。
画像

チングルマ
画像

ハクサンイチゲ
画像

13:35 祖父岳 2825m。ケルンの立ち並ぶ岩だらけの殺風景な山頂だ。
画像

祖父岳を乗り越えて下りにかかると、眼下に雲ノ平が見えてくる。奥に雲ノ平山荘、手前の低地にキャンプ場がある。まだテントはまだらだが。。キャンプ場へはここから真直ぐは降りられず、右側をぐるっと回って一旦キャンプ場の向こう側に出て、木道を下ることになる。
画像

祖父岳を下るとチングルマの群落。
画像

スイス庭園と水晶岳。
画像

14:40 やっとキャンプ地への下りの木道、下ってキャンプ場 2500m 到着。バイオトイレ近くの平地にテント設営。大学山岳部の集団も多い。水は豊富。
画像


三俣山荘 6:10 / 2540m - 鷲羽岳 7:30 / 2924m - 水晶岳 10:40 / 2986m - 祖父岳 13:35 / 2825m - 雲ノ平キャンプ場 14:40 / 2500m = 歩行合計 8時間30分 最大標高差 485m

雲ノ平周遊 一日目 折立から入山編はこちら。
http://79476925.at.webry.info/200811/article_14.html
雲ノ平周遊 二日目 黒部五郎岳登頂編はこちら。
http://79476925.at.webry.info/200812/article_2.html
雲ノ平周遊 四日目 雲ノ平散歩編はこちら。
http://79476925.at.webry.info/200812/article_3.html
雲ノ平周遊 五日目 薬師岳登頂編はこちら。
http://79476925.at.webry.info/200812/article_4.html

参加してます。参考になりましたら是非クリックを
画像

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村 写真ブログ 山・森林写真へ

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック