この上の空がほんとの空です …安達太良山 1700mm 2008/5/2

GWを利用して東北地方へ遠征。会津若松を拠点に隣り合った安達太良山と磐梯山へ。早朝都心を抜けて東北道から二本松、奥岳温泉に。あだたらエクスプレスを横目に、勢至平経由のルートで山頂を目指す。
画像

8:50 スキー場下から出発、ここからでは安達太良の山頂はまだ見えず、馬車道と書かれた林道と登山道が交差する登り道を行き高度を上げていくと、次第に残雪が目立ってくる。10:20 勢至平分岐、右のくろがね小屋コースが人気のようだが、多少のショートカットになる峰の辻コースで山頂に向かう。この季節雪解け水が登山道を大量に流れていて歩きにくいことこの上ない。
画像

右手に篭山を望みながら、登山道を進むと間もなく安達太良山の山頂、乳首山が見えてくる。11:45 峰の辻でくろがね小屋からのルートと合流。この辺りになると北側斜面には雪がかなり残っていて空気がひんやり、気持ち良い。
画像

画像

峰の辻から一登りで鉄山と安達太良山を結ぶ牛ノ背、馬ノ背と呼ばれる稜線上に出る。吹きぬける風が強いが、稜線に立つとそれまでのなだらかな景色とは異なる沼ノ平とと呼ばれる噴火口が目の前に広がる。
画像

馬ノ背に入る手前まで登り、1673mのピークを極め、鉄山方面を眺めてから、いよいよ安達太良へ牛ノ背を進んでいく。
画像

画像

12:40 岩を積み重ねたような安達太良山の山頂はまさに360度の眺望。山頂から北方向、鉄山方面のその向こうににはまだ雪深そうな吾妻山の山並が望めた。
画像

西方には明日の目標磐梯山。
画像

山頂下で昼食を取り、下山開始。ゴンドラの山頂駅方面になだらかな登山道を下っていく、が、やはり雪解け水で洪水状態。防水性能のある登山靴が必須だ。
画像

14:55 山頂駅付近からは乳首山と呼ばれるあだたらがそのままの姿で目の前に展開する。
画像

ここから五葉松平経由でスキー場の斜面を下っていくと間もなく上りの登山道に合流、奥岳温泉に到着 16:15。

参加してます。参考になりましたら是非クリックを
画像

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村 写真ブログ 山・森林写真へ

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック