日本三大奇勝のひとつの妙義山 2008/4/20

前日の御前山の疲れが残る中、お天気が良さそうだったのでリュックを担いで出かけることに。最後の桜と低山でも楽しめそうな山ということで、群馬の妙義山を選択、浅間山を目指すときにいつも高速道の傍に奇異な山容を見せていた山だ。
画像

妙義山は白雲山、金洞山、金鶏山の三山からなる標高1000m程度の岩峰群。白雲山の麓にある妙義神社473mから9:10歩き始める。境内の入り口から白雲山を見上げると、中腹に「大ノ字」を見ることが出来る。妙義山の本殿は台風による土砂崩れのため立ち入り禁止。権現造りの本殿を見られないのは残念であったが、見事な造りの山門をくぐり、本殿への階段の右脇からの登山道からまずは「大ノ字」を目指し、急坂を上っていく。
画像

途中鎖場を二箇所ほど通過して間もなく、大ノ字の立つ岩の裏側に到着。
画像

画像

岩にかけられた鎖を攀じ登ると、鉄製の大ノ字の看板が建つ岩上に出ることが出来る9:55、755m。ここからは上州を一望。地元の人の話によるとかなり以前には大ノ字は木製だったらしいが、耐久性からかいつしか鉄製に変わったらしい。また奥の院から上のルートは思った以上に時間がかかるとのこと、相馬岳までいって下るだけでも3.5時間くらいだそうだ。
画像

画像

汗が引くまで一服し、とりあえず奥の院まで登って見る事にした。短い鎖を二つほど越えて行き、最後に鉄の梯子を登ると岩壁の裂け目に奥の院がある。奥の院入り口の右の岩には長い鎖がかかっており、ここからが山頂ルートに続く道のようだ。途中まで登ってみたが、カメラの機材やら水やらで14kg程のリュックと、昨日の疲れでどうも踏ん張りも聞かないようなので、無理せず引き返すことに。かなり怪我人も多い山とのことなので、標高は低いとは言え、万全の体調で挑みたいものです。
画像

画像

中間道までの下りると多くのハイカーが歩いているのに出会います。中間道も結構なアップダウンがあり、空腹も手伝って中間点までの距離が長く感じる。道端にはスミレやミツバツツジが目を楽しませてくれ、途中、滝やら、本読みの僧と呼ばれる自然の岩もあり、退屈しないトレッキングコースと言えるでしょう。
画像

画像

中間道からの金鶏山。
画像

途中の東屋で昼食をとり、本コースを逸れて金鶏橋に下り、妙技神社の駐車場に一旦戻る。再度車を運転して、金洞山麓のサクラの里を目指す。途中、妙技ふれあいプラザのある丘の上からは大ノ字を抱えた白雲山の全景を楽しめる。雲天の日中と撮影条件が悪すぎる。日の出直後の横光が得られる時間帯に再度出向いてみたいものだ。
画像

金鶏山を巻くように走るとサクラの里に到着。メインの駐車場は満車でやむなく中之岳神社のある第二駐車場に。
ここで金洞山、サクラ、荒船山の景色を楽しみ、中之嶽社の不気味な金色の大黒様を眺めて帰路に着いた。
金洞山。
画像

軍艦のような荒船山。
画像

画像

サクラの里の周辺がより込み合うようなので、朝こちらからスタートするのが正解かもしれない。

参加してます。参考になりましたら是非クリックを
画像

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村 写真ブログ 山・森林写真へ

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック