北海道山行五日目:羅臼岳1660m登山 知床連峰最高峰 2007/9/13

ウトロの民宿を早朝5:30出発。何と雨。時折激しく降り注ぐ。登山可能か不安だが、取りあえず登山口の岩尾別温泉を目指す。岩尾別周辺はさほどの雨でもなく、天気予報によると、9時くらいから天気回復とのこと。それを信じて、雨具を着込んで早速出発。木下小屋横で登山面簿に記入していると外人さんも現れる。6:15、標高230m。
画像


第一目標の560m岩塔を7:00通過。雨は止んでいる。知床なのに暑い。Tシャツ一枚になり、樹林帯を登り続ける。(山並み等の写真は下山時に撮影したもの)。この辺りまで来るとオホーツク、羅臼岳が顔を覗かせる。
画像

画像

画像


7:40、弥三吉水。標高は842m、まだ3分の一強。写真右が登山道。
画像


8:45、銀冷水、1035m。ここで一服。さらに上り続けると大沢の登りで、羅臼岳も間近に。そこを越えると羅臼平に到達する。
画像

画像

画像


9:45、木下弥三吉レリーフのある羅臼平到着。1345m。すでに1100m以上登って来た。ここは羅臼岳と三ツ峰の間にあるせいか風の通り道のよう。ガスが強風に乗って流れていく。寒い。休息している人たちも上着を着込み始める。その中、Tシャツに八分丈のパンツ、つっかけのような運動靴の男の子が歩いていく。思わず顔を見合わせ「若いね~」と笑ってしまう。
画像

画像

画像


ここからは這松の中を進み、少し上っていくと左右にオホーツク海、根室海峡が見えてくる。根室海峡の向こうには国後島。足を踏み入れることの出来ない日本の領土。岩清水を越え上がると、さらに視界が広がり、振り返ると三ツ峰から硫黄岳に連なる山並み。斜面の一部では紅葉が始まっている。
画像

画像

画像

画像


ハイマツ帯が終わり、岩石に覆われた急峻な斜面が目の前に現れる。上のほうを上って行く人の姿が小さく見える。ガスに覆われていた山頂が姿を現した。晴れているうちに、、と気があせる。
画像


11:25、巨大な岩石の集積の1661mの山頂登頂。標識の下に小さいお地蔵さんが。残念ながらガスに覆われて視界は無い。二等三角点。
画像



ガスが切れるチャンスを待って撮影。オホーツクの沿岸に沿って斜里方面に海岸が伸びる。ウトロの漁港。
画像

画像


反対側には北方領土を、羅臼港の先に望むことが出来る。軽装の韓国人カップルにシャッターを頼まれたのはご愛嬌。
画像

画像


12:10、下山開始。下り始めると天候が回復。皮肉なものです。眼下羅臼平の向こうに手前から三ツ峰、サシルイ岳、オッカパケ岳、南岳、知円別岳、硫黄山へと続く。
画像

画像


羅臼平付近にはチングルマが群生、高山植物が可憐な花を咲かせていた。午前中にはガスに隠れて見えなかった景色も、下山途中、要所要所で楽しめた。16:40、木下小屋到着。10時間25分。登山名簿ではれいの外人さんは一時間ほど前に下山したようだ。I will be back!とシュワルツネッガーのようなことを書き込んでいた。
画像

画像

画像

画像


くたくたになったが、次の宿泊地、屈斜路湖に向かって岩尾別を後にした。

北海道山行一日目樽前山登山はこちら。
http://79476925.at.webry.info/200709/article_7.html
北海道山行三日目旭岳から層雲峡縦走はこちら。
http://79476925.at.webry.info/200709/article_9.html
北海道山行六日目摩周湖周辺、雌阿寒岳登山はこちら。
http://79476925.at.webry.info/200709/article_13.html

参加してます。参考になりましたら是非クリックを
画像

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村 写真ブログ 山・森林写真へ

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック