阿弥陀堂-山の便り

アクセスカウンタ

zoom RSS 南アルプス南部縦走〜聖岳、赤石岳、悪沢岳 2015/9/20-23 一日目

<<   作成日時 : 2015/10/04 22:13   >>

ナイス ブログ気持玉 114 / トラックバック 0 / コメント 2

秋もたけなわの好天の週末でしたが、本日は先週末に続き夏の間放置してきた庭の手入れに勤しんでました。数年かけて蘇った芝は夏のとある一晩で突然の枯れ死、リンゴ、モモの木の葉も枯れ落ち、その後雑草が生え放題。。。庭木、バラの剪定から、雑草取り、施肥、芝の養生、殺菌剤の塗布等々、先週日曜と合わせ丸三日の集中作業で終了させました。クタクタです。。^^;

続いてシルバーウィークの山行記録、南アルプス南部縦走編に取り掛かろうと思います。天候見込みと連休初日の激混みを避けたいこともあり、出発を日曜日に。椹島に向かうのは2009/7以来、この数年で圏央道が東名に繋がり、第二東名も開通、新静岡で降りて山をいくつか越えると薙畑第一ダム駐車場 7:20。かなりの時間短縮にです。余談ですが、圏央道は10月末に東北道に繋がるようなので、東北方面も一層近くなりますね。
連休二日目ということもあり、初日の登山者の分も合わせ駐車場は当然満車、道路にあふれた車の先頭に停め早速出発準備。ここで何とテントポールをザックに入れていないという失態を犯したことに気付く。。最近の定石通りツェルトにしていればと、後悔しても後の祭り。幸い3泊分の宿泊費は持参していたので、テントをザックから下し、気を取り直して長蛇の列のできているバス停へ。
画像

東海フォレストのシステムは他を参照してもらうとして、送迎はマイクロバスで臨時便が出るとはいえ、そう頻繁でもないので、朝一を狙うのなら十分に余裕をもって駐車場に到着していたほうが良さそうです。我々は4台目くらいのバスに8時40分位に辛うじて乗れましたが、数人後ろの方は10時30分発まで待ちと告げられていました。補助席で林道走行に揺られながらじっと座っていると、驚きのハプニング。何と前方からグレートトトラバース2挑戦中の田中陽希さんとすれ違いです。前日に笊ヶ岳を登り椹島に宿泊していたとのことで、大無限山に向かう途中だったようです。バスの中からは黄色い声援。
画像

9:50 聖沢登山口で下車、直ぐに歩き始める。北面の植林帯の急斜面を登り、尾根の上部に出ると徐々に尾根の南面に。30分ほどで標識のある出会所小屋跡を過ぎると小さい沢を鉄橋で渡り、暫くはほぼ平坦なトラバース道。
画像

ここの尾根は聖岳冬季ルートの通る聖岳東尾根からの支尾根で聖沢に落ち込んでいる。小屋跡から20分ほど進むと斜面が急になり、所々登山道が崩落、鉄パイプなどで修復してある箇所を通過。100mほど高度を落としながら聖沢に向かって下りが続きます。
画像

スタートから1時間10分ほどで聖沢吊橋。吊り橋を渡り、東尾根から上河内岳から聖岳に繋がる主脈から派生する尾根に取り付きます。
画像

聖沢から急登の登り返し。1時間ほど汗をかくと造林小屋跡。苔むした丸太が散乱しているだけの空間、ここで歩き始めて初の休憩、お昼とします。12:00 登山口から130分、標識には聖平小屋まで160分。
画像

休息後、尾根の上をだらだらと登り、途中から尾根の左斜面に回り込む。この辺りは特徴も少なくほとんど記憶なし。時機に尾根の上部に再び出ると乗越。タコのような木が立っているポイントを過ぎて、今度は尾根の右、北斜面に入り込む。
画像

聖沢の谷間を右に見下ろしながら進み、やがて聖沢に流れ込む支沢の時々の濁流で荒れた斜面をトラバースして越えていきます。雨が降っていなければロープなど必要ないのですが、増水していると大変かも。このような個所が数か所続きます。
画像

乗越から約1時間、13:55 聖沢に落ち込む斜面にせり出す岩頭滝見台。ザックを降ろして休息。
画像

岩の上から下を見下ろすと。。。聖沢、ゴルジュ帯。
画像

谷間の向かい側に奥聖から流れ落ちる滝の数々。
画像

岩頭からは概ね平坦なトラバース道、少し進むと綺麗な水の流れる小川を渡り、そこから小さな尾根を一つ乗り越え下ってその先の沢を吊り橋で渡ります。この部分は付け替えられてから間もないルートのようでした。
画像

沢の左岸を歩いていくと、流されてしまった吊り橋の残骸。こんな山の上でも大雨が降ると濁流の威力は相当なものになるのですね。
画像

15:15 / 2260m 聖平小屋到着。登山口から5時間25分。本来ならテント場にテントを張るところですが、そこはスルーして小屋の受付に。素泊まりと言うこともあり、冬季小屋にスペースをもらいました。自前のシュラフだと1000円引き。ウェルカム・フルーツポンチがなかなかいけてます。のんびり寝床を整え、小屋内の土間で夕食を作り食べて初日は終了です。
画像


二日目 聖平から百闢エまで。
http://79476925.at.webry.info/201510/article_2.html
2009/5聖岳〜茶臼岳
http://79476925.at.webry.info/200905/article_1.html



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 114
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
こんばんは!
去年聖岳〜光岳に行ったので、思い出しながら読ませていただきました。
ウェルカム・フルーツポンチ、毎年あるんですね。
テント場大盛況ですね。
拙いブログですけど、まだでしたら読んで下さい。
http://nano87-batake.at.webry.info/201408/article_1.html
http://nano87-batake.at.webry.info/201408/article_2.html
かっちゃん
2015/10/06 21:16
かっちゃんさん、こんばんは。ブログ拝見しました。聖往復+茶臼まで、茶臼から光往復、パチパチパチ〜ですね!光岳はまだ行ったことがないので参考になりました。
ハンス
2015/10/06 22:22

コメントする help

ニックネーム
本 文
南アルプス南部縦走〜聖岳、赤石岳、悪沢岳 2015/9/20-23 一日目 阿弥陀堂-山の便り/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる