阿弥陀堂-山の便り

アクセスカウンタ

zoom RSS 梅雨明け前の花と雪の白山 下山は白山禅定道で市之瀬まで 2015/7/11-13 二日目

<<   作成日時 : 2015/08/11 14:20   >>

ナイス ブログ気持玉 45 / トラックバック 0 / コメント 0

白山、二日目の早朝、空が赤紫に染まります。
画像

二日目はキャンプ地からエコーライン経由で室堂、お池回りに向かいます。テントに荷物を置いたままなので、軽身で楽々歩きです。エコーライン取り付き部はまだ雪が残っており、一週間ほど前まではアイゼン推奨だったよう。エコーラインから別山への稜線。この時期中央に見える雪渓を登らなくてはならず、ちょっとやっかい。
画像

弥陀ヶ原に登り詰めて。左手で砂防新道、観光新道からのルートと合流。前方に一段高く室堂平、その先のピークが御前峰。室堂から左に折れてお池まわりに向かいます。
画像

水屋尻雪渓、まだまだ残雪が多い。
画像

火口部に到達。百姓池と大汝峰。五色池はいまだ雪の下。
画像

雪の五色池を横断して、大汝峰2684mへ。山頂から剣ヶ峰、御前峰を望む。左遠方に乗鞍、穂高の峰々。北東に中宮道が延びている。大汝峰の加賀方面に加賀禅定道を眺める。峰の北側に建物の石の土台が残っており、かつで比較的大きな山小屋のようなものがあったことが窺われた。
画像

厳しい環境のはずの山頂にも健気にたくさんの花が咲いていました。
画像

翠ヶ池。雪の塊が氷山のように池面にぽっかりと浮かんで。
画像

御前峰の火口壁を見上げる。雪の時期はなかなか降りる気がしなかった。。
画像

御前峰 2702.2m。火口に正対して大汝峰。火口に右から紺屋ヶ池と油ヶ池。
画像

室生堂に降りて。有名なクロユリの大群落はちょうど見頃でした。
画像

鮮やかなコイワカガミ。
画像


静かなテント場で午後のひと時をコーヒーをすすりながら、何するでもなくのんびり過ごす。これに勝る贅沢はそうそうないのでは。

白山三日目。
http://79476925.at.webry.info/201508/article_3.html
初日の白山。
http://79476925.at.webry.info/201507/article_2.html
2013/08の白山。
http://79476925.at.webry.info/201308/article_2.html
2009/05の白山。
http://79476925.at.webry.info/200906/article_1.html

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 45
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
かわいい かわいい

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
梅雨明け前の花と雪の白山 下山は白山禅定道で市之瀬まで 2015/7/11-13 二日目 阿弥陀堂-山の便り/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる